導入事例

電話対応をお任せすることにより業務効率が向上しました。
新しい働き方を推進していく企業におすすめしたいサービスです。

スタッフの休憩時間が十分に確保できるようになり、元気で明るい職場になりました!

株式会社カルティブ
代表取締役 池田 清さん
須藤 あまねさん

事業紹介 株式会社カルティブでは、教育・地域・文化を核としたサービスやコンサルティングを提供している。 お客様の「やりたい」を実現し持続可能な事業になるようアシストし、パートナー企業の経営支援等、企業の核となる部分の問題解決の手助けも行っている。 働き方改革にも注力しており、テレワークをはじめワーケーションの導入、地方採用等、新しい働き方を推進している。
業種 経営戦略/情報発信支援・文化振興・地域支援
従業員数 10名
受電件数 20件
プラン スタンダードプラン
オプション なし

BusinessCall導入前の課題について

BusinessCall導入の課題感について  ワーケーション先の阿蘇の風景
働き方改革によるテレワークやワーケーションの導入、出張などによる不在が多く、事務所の電話をとることができないシーンが増加。 働き方改革や各メンバーの出張により「事務所に常に人がいる」という状況が少なくなり、事務所不在時には個人携帯に電話を転送していました。しかし、移動中や打ち合わせ中にかかってくる電話は対応できず、転送してもあまり状況が変わりませんでした。
また、その中の半数以上が営業電話であったため、都度時間を取られてしまっていました。しかし、対応しないわけにもいかず、全体的に非効率な状況でした。

BusinessCall導入後の効果

BusinessCall導入後の効果  オンラインMTG中の風景
いつでもどこでも電話内容の確認が可能。電話対応をお任せすることにより業務効率が向上しました。 「誰から、いつ、どんなお電話があったか」を場所問わずWEBで確認でき、電話内容に応じてすぐに対応が出来るようになりました。
また、営業電話対応による業務中断がなくなり、業務効率も向上しました。メインで電話対応を行っていたメンバーが一番喜んでいます。
営業電話は決して無下にできないですが、対応時間が無くなっただけでもかなり効果が高いです。

BusinessCall導入の決め手

必要にして十分な機能とコストのバランスの良さ。すぐに導入を決めました。 インターネット検索で発見し、他社比較も行わずすぐに申し込んだ記憶があります。最低限の機能とコストバランスを見て、必要にして十分だと思いました。利用を開始してからは、管理画面の使い勝手の良さを実感しました。 また、現在の機能でも十分ですが、Slackでの通知機能が搭載されたら非常に嬉しいです。

BusinessCallの必要性

新しい働き方を推進していく企業に特におすすめしたいです。 今後も継続的に利用していきたいと思っております。場所を問わない働き方をしている方やワーケーションなどの新しい働き方を推進している企業には特におすすめしたいです。2年近くサービスを利用しておりますが、問題に発展したこともないので、信頼におけるサービスだと考えています。
電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)