お客様のお声紹介Part.3

みなさんこんにちは!BusinessCallスタッフMです。
本日は久しぶりにBusinessCallをご利用頂いているお客様からのお声を掲載致します!
早速ですが、「どういった方が、どのようにBusinessCallをご利用されているのか?」
をお客様の声とともにお伝え致します。本日はこちらのお客様のご感想です。


決められた時間を執筆にあてると決めており、曜日毎に対応希望時間が異なるのですが、申込の際、簡単に対応時間を選択することができました。執筆に集中したいときには欠かせないサービスです。固定電話の番号を名刺に記載することで、取材先の信用、安心感を得やすくなったと感じています。

BusinessCallは対応時間も月~日の9時~21時より、好きな曜日、時間を選択することができます!
365日稼働しているので、転送サービスと合わせてご利用いただくことで、電話が取れないタイミングだけ依頼頂くことも可能です♪

また、電話代行サービスの中には転送のみしか受け付けていないサービスもありますが、BusinessCallはそんなことございません!
お客様の電話番号からの転送はもちろん、0120番号との紐付けや直接サイト等に表記頂くこともできちゃうんです。

そんな使い勝手のいいBusinessCall。
是非この度に検討してみてはいかがでしょうか。

BusinessCallにまつわるお問い合わせはなんでも

○チャット ※Businesscallサイトのページ下にございます

○お電話(0120-935-372)※全日10:00-19:00

お問い合わせフォーム

にて承りますので、どしどしお声がけくださいませ!

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

レンタルアドレスってどんなサービスは?住所貸しって?

会社を設立したばかりの経営者は、どこに拠点を構えて、営業していこうか悩んでしまいますよね。自分一人で運用している会社や最近流行りのIT起業ではパソコン1台さえあれば、拠点は必要ないと思われるかもしれません。しかし、サイトの運営者情報に住所が載っていない会社は果たして信用されやすいでしょうか?仮の拠点でも住所が書いてある会社のほうが、信用されるのではないでしょうか。

このようなときに便利な、レンタルアドレス。
・レンタルアドレスとはそもそも何なのか
・レンタルアドレスを使うメリット

など詳しくご紹介していきます。

レンタルアドレスとは

起業への間口は広くなったものの、企業のスタートアップにはまだまだ沢山の壁が存在します。そのうちの一つがオフィスの問題です。デジタル化が進み、オフィスはもはや必ずしも必要な存在ではなくなっている一方で、企業としての住所の有無は依然として信頼面に影響を及ぼします。しかしながら、個人事業や少人数で運営する企業が形だけの為にオフィスを借りるというのは、あまりコストパフォーマンスが良くないかもしれません。
このようなケースにおいて大変効果的なのが「レンタルアドレス」なのです。

レンタルアドレスとは住所貸しのこと

レンタルアドレスとは一言でいえば「住所貸し」であり、実店舗として存在するスペースの住所を借りられるサービスのことです。あくまでも借りられるのは「住所」のみであり、実際にオフィス空間を借りられるわけではないということに注意が必要です。

レンタルアドレスとレンタルオフィスの違い

レンタルオフィスとは、デスクや椅子などの事務用品からネット回線までが揃った実際の事務所スペースを借りられるサービスのことです。スタートアップしたばかりの企業が初期費用を抑えて、自宅以外の作業スペースや、来客を迎えるスペースを確保したい場合には便利なサービスです。
レンタルアドレスとのサービス上の違いは、住所だけではなく、事務用品、ネット回線などが揃った作業環境を借りられるという点です。ただし、レンタルアドレスよりも費用がかかりますので、あくまで実際のスペースを借りたいという企業向けのサービスになります。

レンタルアドレスとバーチャルオフィスとの違い

バーチャルオフィスは、「仮想上のオフィス」であり、基本的に実際の作業スペースを借りるようなサービスではありません(オプションで貸会議室のような簡易的なスペースを借りられるような場合はあります)。ではどのようなサービスを提供しているのかというと、住所・電話番号の貸し出し(この番号にかかってきた電話は借主の携帯などに転送されます)、貸し出し住所宛に届いた郵便物の転送といったサービスが主になります。
レンタルアドレスとの違いは、住所以外にも電話番号を借りられる点、郵便の転送サービスがある点です。弊社のレンタルアドレスサービスは、電話代行プランとのセットになっている為、バーチャルオフィスではないものの、かなり充実したサービスになっております。

レンタルアドレスのメリット

では、レンタルアドレス特有のメリットとは何なのでしょうか?

自宅以外の場所に会社の住所を持てる

住所が必要というだけなのであれば、自宅を住所にすれば良いのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、自宅を会社の住所にすることにはいくつかのデメリットがあります。
まずはセキュリティー面です。会社の住所として自宅の住所を世間に公開するのはプライバシー侵害を受けるリスクなども考えると必ずしも安全とは言えません。最大限安心できるプライバシーを確保する為にも、会社の住所を自宅に置くのは避けた方がよいでしょう。
加えて、自宅の住宅タイプによっては法人登記の際に支障が生じる場合もあります。特に賃貸物件にお住いの方は、賃貸契約の際の契約内容によっては登記できない場合があるので注意しなければなりません。
また、他社からの信頼性という面を考えても自宅に会社の住所を置くことはおすすめできません。特に付き合いの浅い会社に与える印象を考えると、見劣りしてしまう可能性がなくはありません。
以上の点から考えて、不要なトラブルを避ける為にも、自宅の住所よりはレンタルアドレスを使用することをおすすめいたします。

会社の住所を一等地に持てる

先ほど、他社からの信頼性について記述しましたが、レンタルアドレスの場合、手軽に一等地の住所を借りることができますので、イメージを重視する起業したばかりの企業には大変有用なサービスです。様々な企業が乱立していく今の世の中では、立ち上がったばかりの企業が信頼面で警戒されてしまうのも仕方のないことです。だからこそ、立地のネームバリューで少しでも第一印象をよくできれば、早い段階でビジネスチャンスを獲得し、競合他社に差をつけられるかもしれません。

費用をおさえることができる

起業に際しては、初期費用を最低限に抑え、積極的に事業にお金を回していきたいところです。
そこで、レンタルアドレスサービスを利用すれば、無理のないスタートアップを迅速に進めることができます。
レンタルオフィスやバーチャルオフィスは機能面が豊富な分、価格も高くなってしまいます。一方でレンタルアドレスは最低限必要なサービスを低価格で利用できるので、起業したばかりの会社には最適なサービスです。
もし、貸し住所やそれに付随する最低限のサービス(電話代行サービスなど)以外にも必要と感じるサービスが出てきたとしても、随時追加していくことで無駄なく環境を改善していくことができます。
初めはシンプルなレンタルアドレスプランから加入して、企業がある程度成長した段階で、必要に応じてその他のサービスに加入してみたり、オプションを加えてみたりするというのもよいかもしれません。

以上が、レンタルアドレスの主なメリットになります。
まとめると以下のようになります。

自宅以外に住所を置くことで、プライバシーの面での安全と他者からの信頼を獲得できる

一等地の住所で第一印象を良いものにできる

初期費用を最低限に抑えることができる

状況に応じてプランをカスタマイズできる

起業直後に最適なBusinesscall

起業したばかりの方、これから起業されるという方におすすめのレンタルアドレスサービスですが、弊社のサービスではそういった方々に最適なプラン・オプションをご用意しております。
先ほど紹介させて頂いた通り、弊社では電話代行サービスのオプションとしてレンタルアドレスサービスを提供しております。スタートアップしたばかりの企業ではスタッフの人員も足りず、打ち合わせの重なる時間帯に電話を取り逃したり、電話が集中する時間帯には全てを取り切れなかったりすることもあります。電話代行サービスとはこのようなビジネスチャンスのロスを防ぐ為には必要不可欠なサービスです。レンタルアドレスサービスと合わせて利用すれば、ゼロから本格的なビジネスの環境を揃えることができます。
起業の中で、着実に、効率的に企業を運営する環境を整え、なおかつ他社に好印象を与えることができる電話代行及びレンタルアドレスサービスのセットプランを導入し、スマートなビジネス展開に臨んではいかがでしょうか。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

個人事業主が電話代行サービスを利用するメリットや活用例とは

電話代行は秘書代行とも呼ばれ、オフィスに電話がかかってきた際に代わりに対応してもらえるサービスです。予算の問題で電話対応スタッフを置くことができない小規模の企業などを中心に古くから利用されてきました。
専門のスタッフが丁寧な口調で対応する他にも、電話があった旨をメールで伝えてくれるサービスもあります。

そんな便利な電話代行サービスですが、現在は企業だけでなく「個人事業主」や「フリーランス」と呼ばれる方たちに利用者が増加しているのをご存知でしょうか?

現在日本では新たな働き方として「個人事業主」「フリーランス」と呼ばれる個人で事業を行う人たちが増加傾向にあり、こういった個人事業主の中には「忙しくて電話対応ができない」と悩まれている方も多いです。そのような時の解決策として「電話代行サービス」が挙げられます。

この記事では
・個人事業主も使える電話代行サービスの利用シーン
・個人事業主が電話代行を利用するメリット
・個人事業主の電話代行導入事例
を紹介していきます。
電話代行サービスの導入を検討している個人事業主の方は必見の内容となっております。

個人事業主も使える電話代行

では、実際にどんな場面で電話代行サービスが利用できるのでしょうか?
電話代行サービスが活躍する利用シーンを紹介していきます。

[利用シーン①]別の仕事で忙しい時

個人事業主というと、一人で会社を一つ抱えているのに等しいです。そのため、営業、経理、雑用まで全て自分1人でこなす必要があり、基本的に忙しいはずです。そんな中で「クライアントとの打ち合わせ」や「営業で外回り」など、どうしても電話に出ることができない場面が多々あるかと思います。

そのような時でも、電話代行サービスを利用していれば、自分の代わりに丁寧に電話対応をしてくれるので、他のクライアントを待たせることもありません。また、電話に出ないことに対してクライアントを不快に思わせてしまうこともなくなるでしょう。BusinessCallでは、緊急度合いを予め決め、ステータスを振り分けるような設定をすることで、本当に必要な連絡だけを優先的に対応することも可能です。

[利用シーン②]プライベートの時間を確保したい時

個人事業主の方で、全ての問い合わせを自分ひとりで対応している方は多くいらっしゃいます。例えば、自分の携帯電話の番号を、会社の公式の電話番号にしている方などです。ですが、そうすると、24時間自分ひとりで、お問い合わせを受け付けなくてはなりません。自分が休んでいる時間ぐらい、電話対応も休みたいですよね。

そこで、「休む時間」や「プライベートの時間」を意識的に確保できるのが、電話代行サービスです。
「どうしてもこの日は休む」「家族と出かけに行く」と決めた日はかかってきた仕事の電話を全て電話代行サービスのスタッフに一任しておくことをオススメします。
そうすればしっかりと休息をとることができますし、かかってきた仕事の電話も逃すことはありません。必要な時間帯だけ利用することができるBusinessCall。お昼休みの時間や、集中したい時間だけの都度利用も可能です。

[利用シーン③]電話スタッフを雇う予算がない時

個人事業主の人 の中には「できるだけ経費を削減したい」と考えている方も多いです。
しかし「電話対応に割く時間を節約したいから」と電話スタッフとして常駐の従業員を1人雇ってしまうと人件費が高くかかってしまいます。

そこで、電話代行サービスを利用すると、経費を削減することができます。電話代行サービスの多くは電話がかかってきた時にだけ費用が発生する仕組みになっています。電話スタッフとして常駐の従業員を1人雇うよりも経費を削減することができるのです。BusinessCallは月額5,000円プランと月額10,000円プランの2つがあり、架電件数によって使い分けができます。どちらにしてもアルバイト1日分の費用ほどで1ヶ月使えるので、メリットがあるのではないでしょうか?

個人事業主が電話代行を利用するメリット

ここでは個人事業主が電話代行サービスを利用することによってどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

[電話代行の利用メリット①]固定電話番号を持てる

個人事業主の中には経費削減などの目的で「固定電話番号」を置かずに「携帯電話番号」を使用している方も多いです。
しかし、携帯電話番号よりも固定電話番号の方が「信頼度が高い」と感じる人が多いのも事実です。チャットやメールでのコミュニケーションが増えてきたとはいえ、未だ電話でのコミュニケーションを大切にする方も多く、企業の電話は固定電話が一般的です。

そこで役に立つのが、固定電話を経由して個人の携帯に電話を転送するサービスです。
電話をかけている側に、固定電話にかけているかのように見せることができます。

関連記事
電話番号を貸し出してくれるサービスとは?電話代行会社について

[電話代行の利用メリット②]電話でのコミュニケーションを求めるクライアントの要望に応えられる

インターネットが普及してIT化が進み、メッセージアプリやメールでやり取りしている個人事業主の方も多いのではないでしょうか。
しかし、中にはまだ「電話連絡」にこだわるクライアントも一定数いることは確かです。
長年「電話」をコミュニケーションツールとして使用してきた人たちは、最新のメッセージアプリやメールなどで連絡を取り合うことに慣れておらず、多くの人が「電話のほうがコミュニケーションが早い」と考えています。
また、電話や対面などで実際に声を聞いてコミュニケーションを取った方が信頼できるし、仕事に対してのモチベーションも上がる、と考えている人もいます。

そんなニーズを満たすために電話対応サービスを導入することも可能です。

[電話代行の利用メリット③]業務に集中することができる

個人事業主で集中が必要な業務をしている時に電話がかかってきてしまうと、作業が中断する上、集中力もそこで途切れてしまいます。
人間の集中力はすぐに途切れてしまうため、集中が必要な作業をしている時はそれだけに注力したいものです。

電話代行サービスに電話対応を一任しておくことで、クライアントからの仕事の電話を気にする必要がなくなるため目の前の作業に集中することができるようになります。

関連記事
電話代行って何?どんなサービス?メリットやデメリットを紹介

秘書代行って何?電話秘書代行サービスのメリットとは

個人事業主の電話代行導入事例

では、実際に個人事業主の方が電話代行サービスを導入した事例を紹介していきます。
電話代行サービス導入を検討されている方はぜひ参考にしてくださいね。

[電話代行導入事例①]個人・家族経営の方(農業事業)

家族経営で農業をしており、IT化の流れに備えてネットショップの立ち上げを考えていました。
しかし、農業の方でいっぱいいっぱいでなかなか電話対応などの管理業務に手が回りませんでした。そんな時に電話代行サービスを知りました。電話対応のスタッフを雇うよりも遥かに人件費を抑えることができてとても感激しています。
仕事柄、早朝から夕方まで作業をしており、電話対応をする暇が取れないので助かります。電話代行スタッフの対応もとても丁寧で素晴らしく、私自身が電話に出るよりもクライアントの方に「しっかりしていて印象が良い」と安心していただくことができます。電話対応を意識する必要がないので本業にも集中できますし、本当に助かっています。

[電話代行導入事例②]個人経営の方(マッサージ店経営)

マッサージ店を経営していますが、電話スタッフを雇うほどの金銭的余裕はなく、施術中はお客さんからの電話が鳴りっぱなしになっている状態でした。また、目の前のお客様をお待たせする中で電話対応をしなければならなかったので、とても申し訳ない気持ちになることが多々ありました。そこで電話代行サービスを知り早速申し込みました。お客さんからの電話に対応して予約完了まで全て行ってくれるので、安心して施術に打ち込めています。
また、電話対応時に不明点があっても「確認して折り返しますね」と用件をしっかりと聞きとって即時メールで連絡をくれるので大変助かっています。

[電話代行導入事例③]フリーランスの方(ライター)

個人事業主として独立したばかりのライターをやっていますが、独立したてはとにかく売上を上げるのに必死で、電話対応をする余裕がありませんでした。営業、企画、構成、執筆、修正まで全て自分1人で行わないといけないので「これじゃパンクする」と思い、執筆に集中している時の電話対応を全て電話代行サービスに一任することにしました。
そうすることで執筆に集中できるようになり質の高い記事を書けるようになりました。
また、電話に出ないことでクライアントを待たせてフラストレーションを溜めることも防げるようになりました。本当に助かっています 。

このように、BusinessCallは、多くの事業において、様々な形でご利用いただいております。少しでも興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

https://businesscall.jp/inquiry/new

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

電話代行が格安で利用できる会社は要注意?サービスの仕組みと選び方

個人事業主やフリーランスの方に人気な電話代行サービスですが、中には驚くほど格安な費用で提供している電話代行サービスも存在します。
経費を削減したい個人事業主や小規模企業の経営者にとって安いのは良いことではありますが、なぜこの価格でサービスを受けられるのかを考えてみても良いかもしれません。

この記事では
*電話代行が安く利用できる理由と仕組み
*電話代行の費用の相場
*BusinessCallのサービスプランの料金体系

を解説していきます。
電話代行サービスの導入を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

電話代行が安く利用できる理由と仕組み

では、安さをウリにしている電話代行サービスはどういう点に気をつければ良いのでしょうか?

[電話代行が安く使える理由①]対応可能件数が少ない

「月額1000円」など格安な価格をウリにしている電話代行サービスだと、対応コール数が想像以上に少ない場合があります。
月200回のコールが見込まれる企業や個人事業主であった場合、対応し切れないのは明白ですよね。
このように月額のサービス使用料を格安に設定している電話代行サービスは、そもそも月の対応コール数を少なく設定している場合が多いです。
さらに、上限のコール数を超えたらその分だけ超過料金を上乗せさせるような料金体系を設定しているところもあります。
「安いからこれにしよう!」と即決して選んでしまうのではなく、必ず月のコール数がどのぐらいになるのか確認してから、自分に合ったプランを選ぶようにしましょう。

[電話代行が安く使える理由②]対応時間が長いと超過料金がかかる

格安な電話代行サービスを提供している業者の中には、小さな注意書きで、「電話応対は2〜3分のものを1コールとし、それ以上は別途超過料金を請求します。」と書かれているところも少なくありません。

そのため、長時間の電話対応を行う場合、料金がその分上乗せされてしまう可能性があるのです。
自分の会社にかかってくる電話が、必ず数分で終えられる電話の場合には適切なサービスですが、そうでないと、やはり超過料金が高額になってしまう恐れがあります。自分に合ったプランを選ぶことが大切だとわかりますよね。

[電話代行が安く使える理由③]サービスの質が良くない

個人事業主や企業の方にとって「電話対応の丁寧さ」は次の仕事につながるかどうかの重要なキーですよね。
クライアントへの言葉遣いや気遣いがしっかりと教育されているオペレーターに対応をしてもらえれば、自分が電話に出なくてもクライアントからの印象は良くなります。もしかすると、本人が電話に出るよりも印象が良くなるかもしれません。

しかし、「格安」をウリにしている電話代行サービスのオペレーターの質は必ずしも100%信用できるものではありません。
オペレーターがクライアントに対して丁寧な対応をすることができなければ、企業や個人のイメージダウンにつながります。その為、社内での教育をしっかり受けているオペレーターなのかどうかをしっかりと判断することが重要です。

電話代行の費用とプランの選び方

ここでは「電話代行サービスの相場」と「プランの選び方」について解説していきます。

電話代行費用の相場とは

電話代行費用の一般的な相場は以下のようになっています。

今、日本には多くの電話代行サービスがありますが、BusinessCallの特徴は、他社がオプションで付けているような魅力的なサービスを初期費用のみでご提供し、さらに効率的なプランを設定し、手頃なお値段でサービスをご提供させていただいているところだと思います。より効率的にお得に使っていただくためにもBusinessCallの特徴を理解してお申し込みください。

[プランの選び方①]利用目的を明確化する

プランを選ぶ際には、自分はなぜ電話代行サービスを利用したいのかという目的を明確にすることが大切です。
「とりあえずなんとなく」「とにかく安いものにしよう」と自分の中に軸を持たずに選んでいくと業者の口車に乗せられてしまい結局不必要なオプションをつけられたり、自分の希望に合ったサービスを受けられなかったりしてしまいます。

そういった事態を防ぐためにも、「月どのくらいのコール数が見込まれるか」「かかってくる電話はどのような内容が多いのか」「電話代行を任せたい時間帯」「どこまで対応してほしいのか」などを明確にしてから選ぶようにすることが大切です。
そうすることで、不必要なオプションをつけられることはありませんので、ミスマッチを未然に防ぎ、自分のニーズに合ったプランを選ぶことができます。

[プランの選び方②]サービスの質をチェックする

前述しましたが、ビジネスにおいて丁寧な電話対応はとても重要です。
電話対応が丁寧でしっかりしていればクライアントからの評価も高くなりますし、仕事へつながりやすくなります。

申し込む前に電話代行業者サービスの質をチェックするようにしましょう。
弊社のサービスに少しでも不安な点がございましたら、ぜひ直接お問い合わせください。

BusinessCallのサービスプランの料金体系

ここでは、弊社の電話代行サービスの料金プランを解説していきます。

BusinessCallの料金プラン

弊社の料金プランは「スタンダードプラン」と「ラグジュアリープラン」に分かれており目的別、用途別に合わせたプランをご選択頂くことが可能です。
もちろん、どういったご用件のお電話が多いのか、きちんとヒアリングいたしますので、質にはご安心ください。受注管理やクレーム対応など、幅広く対応いたします。

「出られない電話が多く、チャンスロスをしている」「電話対応に追われていて業務に集中できない」「従業員スタッフを雇うほどの予算がない」とお悩みの方は、ぜひ弊社の電話代行サービス「BusinessCall」を検討してみてください。

https://businesscall.jp/inquiry/new

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

仕事の効率化に最適!コールセンター委託サービスとは

会社の窓口としての役割を担う重要な電話対応業務、皆様は十分な対応ができていますか?

電話対応の重要性は認識しつつも、時間不足や人手不足など様々な理由で対応が疎かになってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回の記事では、
・コールセンター委託サービスとは
・コールセンター委託のメリット
・コールセンターの導入手順
・コールセンター委託の導入事例とお客様の声
をご紹介します。

電話対応の悩みを即座に解消できる、便利なコールセンター委託サービス。ぜひ参考にしてください。

コールセンター委託サービスとは

コールセンター委託サービスとは、依頼者に代わり電話対応業務を代行して行うサービスです。

仕事を行う上で電話対応業務は非常に重要です。クライアントさんからの連絡やお客様からの問い合わせなど、一本一本の電話が大事であり、どれも取り逃がしは許されません。

しかし、いつかかってくるかわからない電話に全て対応するのは簡単なことではありません。会議や出張などオフィスを不在にしなければいけない場面も度々訪れます。特に、フリーランスや個人で事業を行っている方はこのような場面が多いのではないでしょうか。

このように日々仕事に時間をとられてしまい、十分に電話対応ができない方に代わって、大事な電話を逃さないように対応するのがコールセンター委託のサービスです。

サービス概要

弊社は、コールセンター委託のサービスを行っている会社です。そのサービス概要についてご紹介します。

電話代行の流れ

まず、入電があると当社の担当オペレータが対応にあたり、お客様の名前や用件を確認します。そして、皆様に入電があった旨をお知らせいたします。至急折り返しが必要である電話であるのか否かもお知らせし、連絡内容に応じた対応を行っていただけます。
また、連絡内容の詳細は専用の管理画面より確認いただけます。もちろんこの管理画面は共有することが可能ですので、複数人で仕事を行う際の受電や対応状況の確認にも活用いただけます。

関連記事
▶コールセンター代行サービスとは?導入事例と3つの強みを紹介

▶コールセンター代行サービスの選び方|自社に合った電話代行会社を比較するポイント

サービスの種類

コールセンター委託と一言で言っても、お客様によって活用したい頻度や時間帯はそれぞれ異なるため、全てのニーズを満たせるよう様々なプランが用意されています。弊社のサービス、BusinessCallでも対応件数や時間に応じた2つのプランをご用意していますので、用途に合わせて適切なプランをご活用ください。

スタンダード
月額費用 5,000円 (税抜)
初期費用 15,000円(今だけ期間限定0円)
対応件数上限 40件/月
超過金額 160円/件
対応時間※1 全日9:00~21:00 最大7時間対応

BusinessCallのスタンダートプランとは?

ラグジュアリー
月額費用 10,000円 (税抜)
初期費用 15,000円(今だけ期間限定0円)
対応件数上限 100件/月
超過金額 130円/件
対応時間 全日9:00~21:00 最大9時間対応
オプション レンタルアドレス付き

BusinessCall のラグジュアリープランとは?

コールセンター委託のメリット

顧客からの信頼を得られる

会社に電話を入れてもつながりにくい状態が続きスムーズに連絡が取れないと、お客様は不安やストレスを抱えてしまいます。連絡体制が整っていないことで、会社に不信感を覚え契約に影響を及ぼす可能性もあります。また、時には受電のタイミングを逸したことが原因となり、新規顧客の取りこぼしにつながってしまうこともあるでしょう。
コールセンター委託サービスを利用すれば、本業で手が離せない状態であっても代行スタッフが対応してくれるため絶対に受電を逃すことはありません。いつでも迅速に電話対応を行うことで、お客様からの信頼獲得にもつなげることができます。

時間とコストをかけずに電話対応をカバーできる

新しく人材を雇用することでも、電話の取り逃がしを防ぐことが可能です。しかし、採用を行うとなると、まずは人材会社に相談して広告を作成し、それから募集、面接、社員教育と一人前の戦力を獲得するまでに多くの時間を費やさなければいけません。さらに、採用広告費や毎月のお給料、福利厚生費など多額の費用もかかることになります。
一方、コールセンター委託サービスでは毎月数万円程度と非常に安価で契約が可能な上、手続きから1週間ほどでサービスを利用することができます。人材の採用に比べて時間も費用もかけることなく、電話対応を補えます。

本業に集中できる

お客様との電話対応はビジネスを行う上では欠かせません。しかし、電話対応にばかり時間を取られていては、本業に集中できずスムーズに仕事を行うことはできません。コールセンター委託サービスを利用すれば、電話対応を代行してもらえるため余計なことに気を取られず目の前の仕事に力を注ぐことが可能です。
さらに、BusinessCallでは専用の管理画面からお客様の名前や電話番号、問い合わせ内容を瞬時に確認することができます。連絡内容に応じて対応すべきことの優先順位を決めることができるので、効率良く仕事を行えます。

コールセンターの導入手順

BusinessCallは手続きを行ってから1週間ほどと、短期間で利用できます。利用開始手続きも難しいものではありませんし、インターネットから24時間いつでも申し込みが可能です。BusinessCallをご利用される方は、以下の手順に沿って手続きを進めていただくことで、契約可能となっております。

1、まずは、サービスを利用したい曜日や時間帯を決めていただきます。BusinessCallでは1時間単位での契約が可能となっているので、電話が集中する時間帯だけ電話対応を委託したいなど様々なご要望にお応えすることが可能です。利用する曜日や時間帯が決まれば申し込みページよりご連絡ください。

2、申し込みページにてご入力いただいたメールアドレス宛に認証メールをお送りします。メールに記載の指定のURLをクリックしてください。

3、URLをクリックいただきますと専用の管理画面が開きますので、クレジットカード情報を入力し登録を行ってください。

4、続いて、本人確認をメール又はFAXで行ってください。本人確認書類としては以下のものをご利用いただけます。

【個人の方】
運転免許証・運転経歴証明書・各種健康保険証・国民年金手帳・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)
【法人の方】
登記事項証明書・印鑑登録証明書

本人確認が済みましたら、登録された住所に取引条件通知書を送付いたします。大切な書類となりますので保管には十分お気をつけください。

5、本人確認書類を提出いただいてから1週間程でサービスの利用が開始となります。メールでご連絡を差し上げますので、記載のURLをクリックし専用管理画面を開いてください。トップページに電話番号が表示されていますので確認して、ご利用ください。

なお、電話番号発番と同時に初期費用+1ヶ月目の月額料金のクレジット払いが行われます。月の途中からご契約された場合は、発番日から月末までの日数を日割計算した金額で請求させていただきます。

このように、BusinessCallのサービスは、契約を決めてから導入まで、非常に短い期間でご提供しております。
まずは、電話代行のサービスを体験してみたいという方にも、非常におすすめです。

お申込みはこちら

コールセンター委託の導入事例とお客様の声

コールセンターを実際に利用されている方は、どのようにサービスを活用しているのでしょうか。BusinessCallの導入事例と利用者の声をまとめましたので、BusinessCallの利用を検討されている方はぜひ参考にしてください。

導入事例1:保険代理業

商談や移動中など電話に出られないことが多々あり、電話の取り逃がし防止を目的にご活用いただいています。

<お客様の声>
BusinessCallでは管理画面で全ての電話内容を確認できるため、一本一本の電話に確実に対応することができています。管理画面で対応を吟味できるので、優先順位をつけて連絡でき非常に仕事に役立ちます。

導入事例2:営業電話対策

起業直後に業務に関係のない営業電話が頻繁にかかってきてしまい、対応に困りサービスを導入いただきました。

<お客様の声>
前までは、電話がかかってくるたびにいちいち対応しており、ロスが発生していましたが、その必要がなくなり、業務に専念することができています。

導入事例3:社内の情報共有

チームで情報を共有し仕事の効率化を図るため、ご利用いただいています。

<お客様の声>
管理画面をシェアすることで電話の対応状況が一目でわかり、チームや部署で仕事を行う際にもスムーズに電話対応を行うことができます。

このように、業界を問わず、多くの方にご利用いただいているのが、BusinessCallです。現状の電話対応に少しでも課題がある方は、ぜひお問い合わせください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

コールセンター代行の料金相場と賢い選び方

コールセンター代行とは、電話対応業務の負担が軽減するサービスですが、費用については会社やサービスによってばらつきがあります。費用が決まる仕組みや各社の料金を比較するポイントをしっかりと押さえ、後悔しない選択を行いましょう。コールセンター会社の選び方についても紹介しますので、導入を検討されている方は参考にしてください。

今回の記事では、
・コールセンター代行の費用
・コールセンター代行サービスの選び方、賢い使い方

をご紹介します。

コールセンター代行サービスとは

まずはじめに、コールセンター代行とは、お客様からのお問い合わせ・予約・受注・カスタマーサポート等の電話受付、また不在時や手が離せない際の電話対応を「電話対応のプロ」が代行するサービスのことを言います。
対応可能な業務の幅は非常に広く、また展開しているサービス内容や金額によっては、お客様のご希望に合わせた対応のカスタマイズが細かく設定できるのも特徴です。

新しく事業を立ち上げた方や、自社では対応出来ない数の電話がなり、他の業務に集中出来ずお困りの方、また品質にの高いコールセンターを低コストで設置したい方にはうってつけのサービスです。
上記のメリットがある為、現在では、受注対応窓口やカスタマーサポート等をはじめ、様々な企業が活用しています。

コールセンター代行の費用

コールセンターを運営するためには、社内で運営を行うインハウスと外部に運営を委託するアウトソーシングの2つの方法があります。運営方法が異なることで、必要費用も異なってきますのでしっかりと確認しておきましょう。

上記の通り、自社で運営を行うとなると多額の費用がかかることがわかります。コールセンターを運営するための場所と機材、人材を一から準備しなければなりません。さらに、お客様に失礼がないようにスタッフ教育にも力を入れなければならず、教育費など初期費用以外にも毎月何かと費用がかかることになります。
アウトソーシングの場合、初期費用や毎月の費用は数万円程度に設定されていることが多く、インハウスに比べて非常に安価で運営を行うことが可能です。また、初期費用無料などお得なキャンペーンが実施されていることもあり、上手く利用すればさらに費用を抑えることも可能です。

・インハウス型のコールセンターについて詳しく知りたいならこちら
自社?外注?|インハウス型コールセンターのメリット・デメリット

・アウトソーシング型のコールセンターについて詳しく知りたいならこちら
アウトソージングによるコスト削減や業務効率化とは

料金比較のポイント

コールセンター代行にかかる各種費用は運営会社によって、それぞれ異なります。

例えば、弊社のサービス、BusinessCallは他社さまと比べると、このような料金体系となっています。

料金プランを見るときは、まずは、初期費用や月額費用を確認しましょう。

ちなみに、BusinessCallの詳しい金額は以下になります。

◆初期費用
 通常15,000円→今だけ0円

◆基本プラン
・スタンダードプラン
 月額費用:5,000円(税込5,400円)
 件数上限:40件
 超過金額:160円(税込172円)/件
 対応時間:全日9時~21時 最大7時間対応
 レンタルアドレス:なし

・ラグジュアリープラン
 月額費用:10,000円(税込10,800円)
 件数上限:100件
 超過金額:130円(税込140円)/件
 対応時間:全日9時~21時 最大9時間対応
 レンタルアドレス:あり

◆オプション
・営業時間外オリジナルガイダンス設定
 ※貴社名でのガイダンスをお求めの場合のオプションとなります。
 月額費用:1,000円
 
・Q&A追加
 ※特定の質問に対して、回答させていただく場合のオプションとなります。
 月額費用:1,000円/1Q&A

初期費用・月額費用のほか、受電件数も大事なポイントです。通常、1ヶ月の受電上限が設定されており上限を超えると受電が1件増える毎に超過費用が加算されます。月額費用が安くても受電件数が少なく設定されている場合は、超過費用がかさみ想定以上に費用が割高になることもありますので注意が必要です。

対応時間も重要なポイントで、全日対応している場合や平日のみの場合など会社によって異なりますのでしっかり確認してください。
弊社のサービスは、土日も変わらず提供しているため、多くの方からご好評いただいております。会社を開けていなくても、弊社を窓口にすることで、土日のお問い合わせにも対応できます。

最後に、付随サービスも確認しておきましょう。BusinessCallの場合ですと、問い合わせ内容が一目で確認できる専用管理画面とレンタルスペースの住所が利用できるレンタルアドレスのサービスなどを付けております
最近事業を起こしたばかりの方や、フリーランスでの活動をされている方には、非常におすすめできるサービスです。

BusinessCallに問い合わせる

BusinessCallに申し込む

コールセンターの費用を決めるポイント

コールセンターの料金に差額が生まれるのは、人員体制や対応時間が異なるためです。どのような違いがあるのかしっかりと理解した上で、最適なプランを選択しましょう。

人員体制

電話対応にあたる人員体制は様々で、オペレーターの人数や「専任」であるか「兼任」であるかによって費用は異なります。オペレーターには「専任」と「兼任」の2つがあり、専任の場合は毎回決まったオペレーターが電話対応にあたってくれます。会社のことを十分に熟知した上でお客様に対応してもらえるので、スムーズにやりとりが行われます。また、海外との連絡が必要な場合には外国語が堪能なオペレーターをつけるなど、会社の事業内容に合わせて自社に最適な人物を選べるのも専任の大きな特徴です。
「兼任」の場合は、決まった担当者はおらず、受電する毎に手すきのオペレーターが対応にあたることになります。
弊社のコールセンターサービスは、きちんと担当者を決め、質の高い電話対応を確約します。受注受付からクレーム対応まで、幅広く対応しておりますので、どうぞご相談ください。

対応時間

電話対応を行う時間帯や曜日によっても費用は異なります。一般的には、平日のビジネスタイムは料金が最も安い傾向にあり、ビジネスタイムから外れた深夜や祝日は料金が割り増しになる傾向にあります。依頼を行う際は受電の頻度と料金プランをしっかりと見比べ、費用対効果が薄れない選択を行いましょう。

業務要件

依頼する仕事の規模や複雑さも、費用に大きな影響を与えることになります。依頼業務によってはオペレーターの教育を行い専門知識を身につけさせる必要があります。また、スムーズに対応を行うためのマニュアルや資料作成など、スタッフの教育費用がかかることもあります。
さらに、トラブルを防ぐための通話録音や顧客管理システムの導入など、業務を効率化するためのシステム構築や機材導入の費用も業務要件に含まれます。

コールセンターを賢く頼むには

数多くのコールセンターがあるの中で、自社に最適な会社を見つけ出すにはどのような点に注目すれば良いのでしょうか。会社選びのポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

オペレーターの質

大切なお客様と直接やりとりを行うオペレーターの対応はとても重要です。対応次第で、お客様に好印象を持ってもらうこともあれば、逆に悪い印象を与えてしまうこともあります。オペレーターの対応は会社の印象に直結します。会社の顔として電話対応を任せるのに相応しいスタッフが在籍しているのか、しっかり見極めましょう。
オペレーターの対応に不手際がないように、経験者のみを採用していたり、全通話を録音してオペレーターの対応を確認するなどオペレーター管理に力を入れている会社も数多くあります。スタッフの教育体制や採用基準は事前にしっかり確認しておきましょう。

実績

実績が豊富であるということは、それだけ多くの依頼者から信頼を集めている証しでもあります。また、多くのお客様に対応した経験からノウハウも身についており、スムーズな対応が期待できます。
弊社は、これまでさまざまな業界のお客様にサービスを提供してきました。起業されたばかりの社長、個人で事業をされているフリーランスの方など、多くの方をサポートしてまいりましたので、どうぞご安心ください。

コールセンターの規模と回線数

コールセンター会社によって、得意とする対応分野は異なります。その得意分野を見極める一つの指標となるのがコールセンターの規模です。多くのオペレーターが在籍しコールセンターの規模が大きい場合は、通販の受注など受電件数の多い対応に向いています。中規模や小規模の場合は、仕事の電話代行など受電件数がそれほど多くはない対応に向いています。コールセンターの規模が自社の業務にマッチしているのか、しっかりと考えた上で依頼を行いましょう。
また、回線数も大事なポイントです。回線数が少なければその分安い費用で対応してもらえますが、受電件数によっては電話がつながりにくい状態となりお客様にストレスを与えることになります。自社の受電件数とコールセンターの回線数が見合っているのか、しっかりと考えお客様に迷惑をかけない体制を作りましょう。
弊社は、今まで回線不良になったことはございません。どんなときもお客様のお電話を第一に考えておりますので、ご安心ください。

プライバシーマークを取得しているか

電話対応を任せるということは、大事な顧客情報を渡すことになりますし、電話のやりとりの中で重要な情報を知られる可能性もあります。管理体制が行き届いていないコールセンターに依頼すると、情報流出などのトラブルに巻き込まれ損害を被ったり会社の信用を落とすことにつながる恐れがあります。プライバシマークは個人情報の管理体制が整っている証明となりますので、取得の有無は必ず確認しておきましょう。
弊社では、プライバシーマークを取得、さらに日本コールセンター協会にも加盟しています。大事なお客様の情報をきちんとお守りしますので、安心してご利用いただけます。

・コールセンターの選び方についてさらに詳しく知りたいならこちら
コールセンター代行サービスの選び方|自社に合った電話代行会社を比較するポイント

電話代行ならBusinessCall

弊社では、さまざまな業界のお客様のお電話を代行してきた実績があります。個人事業を始められて間もない方、起業された方、その他、現状の電話対応に不満がある方は、ぜひ弊社に一度お問い合わせください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

個人事業主が電話代行サービスを利用するメリットや活用例とは

電話代行は秘書代行とも呼ばれ、オフィスに電話がかかってきた際に代わりに対応してもらえるサービスです。予算の問題で電話対応スタッフを置くことができない小規模の企業などを中心に古くから利用されてきました。
専門のスタッフが丁寧な口調で対応する他にも、電話があった旨をメールで伝えてくれるサービスもあります。

そんな便利な電話代行サービスですが、現在は企業だけでなく「個人事業主」や「フリーランス」と呼ばれる方たちに利用者が増加しているのをご存知でしょうか?

現在日本では新たな働き方として「個人事業主」「フリーランス」と呼ばれる個人で事業を行う人たちが増加傾向にあり、こういった個人事業主の中には「忙しくて電話対応ができない」と悩まれている方も多いです。そのような時の解決策として「電話代行サービス」が挙げられます。

この記事では
・個人事業主も使える電話代行サービスの利用シーン
・個人事業主が電話代行を利用するメリット
・個人事業主の電話代行導入事例
を紹介していきます。
電話代行サービスの導入を検討している個人事業主の方は必見の内容となっております。

個人事業主も使える電話代行

では、実際にどんな場面で電話代行サービスが利用できるのでしょうか?
電話代行サービスが活躍する利用シーンを紹介していきます。

[利用シーン①]別の仕事で忙しい時

個人事業主というと、一人で会社を一つ抱えているのに等しいです。そのため、営業、経理、雑用まで全て自分1人でこなす必要があり、基本的に忙しいはずです。そんな中で「クライアントとの打ち合わせ」や「営業で外回り」など、どうしても電話に出ることができない場面が多々あるかと思います。

そのような時でも、電話代行サービスを利用していれば、自分の代わりに丁寧に電話対応をしてくれるので、他のクライアントを待たせることもありません。また、電話に出ないことに対してクライアントを不快に思わせてしまうこともなくなるでしょう。BusinessCallでは、緊急度合いを予め決め、ステータスを振り分けるような設定をすることで、本当に必要な連絡だけを優先的に対応することも可能です。

[利用シーン②]プライベートの時間を確保したい時

個人事業主の方で、全ての問い合わせを自分ひとりで対応している方は多くいらっしゃいます。例えば、自分の携帯電話の番号を、会社の公式の電話番号にしている方などです。ですが、そうすると、24時間自分ひとりで、お問い合わせを受け付けなくてはなりません。自分が休んでいる時間ぐらい、電話対応も休みたいですよね。

そこで、「休む時間」や「プライベートの時間」を意識的に確保できるのが、電話代行サービスです。
「どうしてもこの日は休む」「家族と出かけに行く」と決めた日はかかってきた仕事の電話を全て電話代行サービスのスタッフに一任しておくことをオススメします。
そうすればしっかりと休息をとることができますし、かかってきた仕事の電話も逃すことはありません。必要な時間帯だけ利用することができるBusinessCall。お昼休みの時間や、集中したい時間だけの都度利用も可能です。

[利用シーン③]電話スタッフを雇う予算がない時

個人事業主の人 の中には「できるだけ経費を削減したい」と考えている方も多いです。
しかし「電話対応に割く時間を節約したいから」と電話スタッフとして常駐の従業員を1人雇ってしまうと人件費が高くかかってしまいます。

そこで、電話代行サービスを利用すると、経費を削減することができます。電話代行サービスの多くは電話がかかってきた時にだけ費用が発生する仕組みになっています。電話スタッフとして常駐の従業員を1人雇うよりも経費を削減することができるのです。BusinessCallは月額5,000円プランと月額10,000円プランの2つがあり、架電件数によって使い分けができます。どちらにしてもアルバイト1日分の費用ほどで1ヶ月使えるので、メリットがあるのではないでしょうか?

個人事業主が電話代行を利用するメリット

ここでは個人事業主が電話代行サービスを利用することによってどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

[電話代行の利用メリット①]固定電話番号を持てる

個人事業主の中には経費削減などの目的で「固定電話番号」を置かずに「携帯電話番号」を使用している方も多いです。
しかし、携帯電話番号よりも固定電話番号の方が「信頼度が高い」と感じる人が多いのも事実です。チャットやメールでのコミュニケーションが増えてきたとはいえ、未だ電話でのコミュニケーションを大切にする方も多く、企業の電話は固定電話が一般的です。

そこで役に立つのが、固定電話を経由して個人の携帯に電話を転送するサービスです。
電話をかけている側に、固定電話にかけているかのように見せることができます。

[電話代行の利用メリット②]電話でのコミュニケーションを求めるクライアントの要望に応えられる

インターネットが普及してIT化が進み、メッセージアプリやメールでやり取りしている個人事業主の方も多いのではないでしょうか。
しかし、中にはまだ「電話連絡」にこだわるクライアントも一定数いることは確かです。
長年「電話」をコミュニケーションツールとして使用してきた人たちは、最新のメッセージアプリやメールなどで連絡を取り合うことに慣れておらず、多くの人が「電話のほうがコミュニケーションが早い」と考えています。
また、電話や対面などで実際に声を聞いてコミュニケーションを取った方が信頼できるし、仕事に対してのモチベーションも上がる、と考えている人もいます。

そんなニーズを満たすために電話対応サービスを導入することも可能です。

[電話代行の利用メリット③]業務に集中することができる

個人事業主で集中が必要な業務をしている時に電話がかかってきてしまうと、作業が中断する上、集中力もそこで途切れてしまいます。
人間の集中力はすぐに途切れてしまうため、集中が必要な作業をしている時はそれだけに注力したいものです。

電話代行サービスに電話対応を一任しておくことで、クライアントからの仕事の電話を気にする必要がなくなるため目の前の作業に集中することができるようになります。

個人事業主の電話代行導入事例

では、実際に個人事業主の方が電話代行サービスを導入した事例を紹介していきます。
電話代行サービス導入を検討されている方はぜひ参考にしてくださいね。

[電話代行導入事例①]個人・家族経営の方(農業事業)

家族経営で農業をしており、IT化の流れに備えてネットショップの立ち上げを考えていました。
しかし、農業の方でいっぱいいっぱいでなかなか電話対応などの管理業務に手が回りませんでした。そんな時に電話代行サービスを知りました。電話対応のスタッフを雇うよりも遥かに人件費を抑えることができてとても感激しています。
仕事柄、早朝から夕方まで作業をしており、電話対応をする暇が取れないので助かります。電話代行スタッフの対応もとても丁寧で素晴らしく、私自身が電話に出るよりもクライアントの方に「しっかりしていて印象が良い」と安心していただくことができます。電話対応を意識する必要がないので本業にも集中できますし、本当に助かっています。

[電話代行導入事例②]個人経営の方(マッサージ店経営)

マッサージ店を経営していますが、電話スタッフを雇うほどの金銭的余裕はなく、施術中はお客さんからの電話が鳴りっぱなしになっている状態でした。また、目の前のお客様をお待たせする中で電話対応をしなければならなかったので、とても申し訳ない気持ちになることが多々ありました。そこで電話代行サービスを知り早速申し込みました。お客さんからの電話に対応して予約完了まで全て行ってくれるので、安心して施術に打ち込めています。
また、電話対応時に不明点があっても「確認して折り返しますね」と用件をしっかりと聞きとって即時メールで連絡をくれるので大変助かっています。

[電話代行導入事例③]フリーランスの方(ライター)

個人事業主として独立したばかりのライターをやっていますが、独立したてはとにかく売上を上げるのに必死で、電話対応をする余裕がありませんでした。営業、企画、構成、執筆、修正まで全て自分1人で行わないといけないので「これじゃパンクする」と思い、執筆に集中している時の電話対応を全て電話代行サービスに一任することにしました。
そうすることで執筆に集中できるようになり質の高い記事を書けるようになりました。
また、電話に出ないことでクライアントを待たせてフラストレーションを溜めることも防げるようになりました。本当に助かっています 。

このように、BusinessCallは、多くの事業において、様々な形でご利用いただいております。少しでも興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

https://businesscall.jp/inquiry/new

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

秘書代行って何?電話秘書代行サービスのメリットとは

秘書代行とは、具体的にどういったサービスなのでしょうか。

会社にとって重要なのが、業務の効率化です。業務を効率的に行うことで、業績アップにつながります。そこで、秘書としての仕事を、専用の会社に代理で行ってもらうサービスが注目されています。そのサービスこそが、秘書代行です。

秘書代行サービスを活用することで、電話対応等の業務を自社内で行わずにすむため、社員がより通常の業務に時間を割けるようになります。

この記事では
・秘書代行サービスとは?
・秘書代行のメリット・デメリット
・BusinessCallの秘書代行サービス
を紹介していきます。

秘書代行サービスとは?

秘書代行サービスは電話取次のニーズが高い

最近は、秘書代行サービスというと、電話取次(電話対応)のことを指す事が多いです。その会社にかかってくる電話を、オペレーターが変わって対応するのです。会社全体にとっての「秘書」のような存在と言えるでしょう。そのため、秘書代行サービスは、「電話秘書」や「電話秘書代行サービス」などと呼ばれることもあります。

電話取次の秘書代行サービスは、電話代行サービスとほぼ同意義です。会社に掛かってきた電話を転送し、オペレーターが対応します。そして、誰からの電話で折り返しが必要なのかなどを知らせてくれるのです。電話業務を代行してくれるため、社員・スタッフの業務軽減につながり、高いニーズを誇っています。

秘書代行のメリット・デメリット

秘書代行サービスを導入することで、複数のメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットの両面を理解し、秘書代行サービスを活用するのか検討するのがおすすめです。秘書代行サービスのメリット・デメリットを紹介していきますので、参考にしてみてください。

秘書代行のメリット

作業効率をアップさせる

秘書代行サービスの導入は、作業効率のアップが期待できるのがメリットです。秘書代行サービスを活用することで、社員・スタッフの業務軽減をすることができます。例えば、秘書代行サービスで電話代行をしてもらうことにより、社員・スタッフが電話対応をする必要がなくなります。そのため、社員・スタッフの本来の業務に集中することができ、作業効率を高めることができるのです。

また、行動の制限を無くすことにつながります。電話対応を任せることで、オフィスを留守にしても問題ありません。時間を有効的に使うことができ、業務効率をアップさせることができるのです。

人件費の削減させる

秘書代行サービスでは、人件費を削減させるメリットもあります。電話代行を任せることにより、電話対応のためのスタッフを雇う必要がなくなるからです。

また、今まで電話対応に対して行ってきた教育コストも削減できます。秘書代行サービスの電話対応は、その道のプロが行っていますので、丁寧な対応が確約されます。自社内で、電話対応に関するハウツーを教育する必要がなくなると、教育への労力が削減できるでしょう。

電話対応のレベルを向上

秘書代行サービスで電話対応を任せることで、電話対応のレベルは向上します。秘書代行サービスでは、プロのオペレーターが電話対応をします。オペレーターは電話対応スキルが高いため、電話対応のレベルを高めることができるのです。

電話対応のレベルが向上すれば、会社への信頼にもつながります。質の高い電話対応をすることで、顧客や取引先の方も安心します。安心・信頼の獲得にも期待することができるのです。

確実に電話対応ができ、新規顧客を逃さない

新規顧客を逃さないという点でも、秘書代行サービスにはメリットがあります。通常の業務で手一杯になっている状態の社員に電話対応を任せてしまうと、電話に出ることができず、新規のお問い合わせを対応することができないかもしれません。そうすると、折角のビジネスチャンスを逃すことに繋がってしまいます。

電話対応を秘書代行サービスに任せることで、確実に電話対応ができるので、新規顧客を逃がさずに契約につなげることができるでしょう。

秘書代行のデメリット

対応次第では信頼を失う可能性が…

秘書代行サービスの導入では、対応次第で信頼を失う可能性があることがデメリットです。
電話代行を任せる場合、丁寧な電話対応は可能です。

しかし、クライアント様の業務に精通しているわけではありません。電話を掛けてきた相手は、オペレーターをクライアント様の社員・スタッフと認識しています。その結果、対応を間違えてしまうと信頼を失うことになりかねません。

そのため、秘書代行サービスの導入時には、綿密な打ち合わせが必須です。緊急時の連絡やクレームの電話の際、どう対処するのかなどを決めておきましょう。そういった打ち合わせを念入りにしてくれる実績のある会社を選ぶことが大切です。

コストがかかり過ぎるケースも

秘書代行サービスはコスト削減がメリットではありますが、プランの選択を間違えてしまうと、想像以上にコストがかかってしまいます。

豊富なプランを提供している会社の秘書代行サービスを利用するようにしましょう。

BusinessCallの秘書代行サービス

弊社は、10年以上、多くのお客様に秘書代行サービスを提供してきました。主に、電話取次を行っており、個人事業主やフリーランスの多くの方から利用していただいております。

「スタンダード」「ラグジュアリー」の2つのプランを用意しているため、ベストのプランを選択していただくことが可能です。FAQ対応や受注受付対応もできますので、プランの枠を越え、個別お見積りにて対応します。対応時間も自由にカスタマイズすることができるので、どんなご相談にも対応いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

個人情報も安心の取り扱い

電話代行導入時に、多くのお客様が心配していらっしゃるのが、個人情報の取り扱いです。大切なクライアントさんとのやり取りをお任せいただきますので、最も心配事かと思います。

弊社では、個人情報取り扱いに関する規約をきちんとホームページ内で公開していますので、ご安心ください。また、プライバシーマークを取得、日本コールセンター協会にも加盟しています。多くのお客様に安心してご利用いただけるよう環境が整っておりますので、ぜひ弊社にお任せください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

電話対応を外注するメリットとデメリットとは?電話代行のサービス内容

電話対応について頭を悩ませている方は数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ビジネスには電話対応が必ずついてまわるものです。
ですが、実際に電話がかかってくると、会議や人員不足で対応できる社員がいなかったり、電話対応に割く時間が多いために本来の業務に集中できなかったりすることがあり、ひとつひとつの電話に丁寧に対応するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

そんなときには、電話対応を外注することを検討してみましょう。
電話対応を外注するメリットは数多くあり、そのメリットは、企業個人問わずビジネスの利益に大きく関わっています。

今回の記事では
・電話対応を外注する方法
・電話対応を外注するメリット、デメリット
・電話対応を外注するならBusinessCall
について解説していきます。

電話対応を外注する方法

電話対応を外注する方法には大きく分けて2つの方法があります。

インハウス型

ビジネス用語でインハウス型というと、外注するのではなく全て自社内で完結させるという意味で使われます。
インハウス型の電話代行とは、その名の通り、自社のオフィス内に電話対応業務の部署を設置し、運用の人員のみをアウトソースしている場合を、インハウス型の電話代行をと呼びます。
具体的には、自社内に電話対応部署を設置し、人員をアウトソースするのです。電話代行会社の人が自社内で、電話対応を行います。
キャンペーンなどで、急な着信の増加が見込まれる場合などに利用されることとなります。

インハウス型の電話対応代行について見たい方はこちら
自社?外注?|インハウス型コールセンターのメリット・デメリット

アウトソーシング型

対してアウトソーシング型は、電話対応に関わる全てを完全に外注することをいいます。
そのため、自社のオフィスではなく、外注先の企業になります。
電話対応部署の運営を行う人員やオペレーターや管理者の育成なども全て、電話代行会社が行うことになるため、電話に関する一切の業務を委託することとなります。

アウトソーシング型の電話対応代行について見たい方はこちら
アウトソージングによるコスト削減や業務効率化とは

電話対応を外注するメリット

業務の効率化、社員の仕事時間の確保

まず挙げられるのが、業務の効率化でしょう。日中に何件もかかってくる電話を社員に対応させているようでは、本来の業務に差し支えます。
そういった意味で、電話を専用の会社に代行してもらうことで、社員の仕事時間をきちんと確保することができるのです。

高品質な電話対応を実現できる

また、電話代行会社の電話の質は信頼できることが挙げられます。
電話対応や電話対応部署の運営にはノウハウが必要です。電話は相手の顔がわからず、声のみでコミュニケーションを取るものなので、オペレーターには言葉遣いやわかりやすい言い回し、伝わりやすく印象のいい声色や声のトーンなど、想像以上の技術が必要とされます。
電話対応は企業の顔になるため、電話での対応が悪いと新規の仕事に繋がらなかったり、エンドユーザーからの評判が悪くなったりしてしまいます。
そういった意味でも、電話代行会社の電話のプロに対応を任せることで、電話の質が確保されます。

コスト削減

さらに、自社内でオペレーターを教育する必要がないので、コストや労力の削減にもなるでしょう。
きちんとした電話対応部署を1から設立しようとすると非常にコストがかかってしまいます。電話に関するシステムの構築、オペレーターや管理者の教育、電話対応部署のスペースなど、設立初期はもちろん、ランニングコストも必要です。
電話はビジネスで非常に重要なツールではありますが、ビジネスの主幹ではないため、そちらに手間がかかってしまうと、業務が効率的でなくなってしまう恐れが出てきます。

応答率の向上

「急な電話に出られない…。」といったお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
特に、事業を立ち上げたばかりの方やフリーランスで活動されている方は、忙しさもあり、すぐに電話に出るのは難しいでしょう。しかし、急な電話を取れず、チャンスロスしてしまうこともあるかもしれません。
電話代行会社に依頼することで、確実な応答率が得られ、ビジネスチャンスを活かすことができます。

関連記事
電話代行って何?どんなサービス?メリットやデメリットを紹介

電話代行サービスを導入するメリット・デメリット

電話対応を外注するデメリット

電話対応を外注するメリットは多くありますが、外注することによるデメリットも少なからず存在します。

トラブルなど、イレギュラー対応に不足がある

電話対応を外注する最大のデメリットは、電話代行業務の権限の低さにあります。
通常の業務内であれば基本的にマニュアル対応で完結しますが、トラブルが起きた場合やイレギュラー案件に関してはそうではありません。
あくまで業務提携で電話代行を行っているため、電話代行会社の独断で話をすすめることができない場合も出てきます。
そのため、電話代行会社の社内では解決できない問題が出てきてしまいます。
電話をかけてきた相手からすると、その場での回答や対応が得られないため、非常に不満が残ってしまうでしょう。

ただ、当サービスBusinessCallでは、そういった心配は不要です。
弊社は、受注の受付からクレーム対応まで幅広く行っています。
そのため、オペレーターもマニュアルに沿った対応から、イレギュラーな対応まで、幅広く対応可能です。
また、細やかな電話応対が必要な場合も、契約時にきちんとしたマニュアルをつくることで、質を確保しておりますので、ご安心ください。

電話代行の評判、口コミ(お客様の声)

打ち合わせの集中する時間帯だけ(コンサルティング業 男性)

会議や打ち合わせが集中する午前の時間帯だけ電話代行を検討していましたが、スタンダードプランは、コール数と金額のバランスがちょうど良いと感じ申込みいたしました。オペレーターの方の丁寧な対応は申し分なく、管理画面で受電内容を確認できるのは想像以上に使い勝手良く感じました。

チャンスを防ぎ、業績アップ(保険代理業 男性)

日中、商談や移動中などによる電話の取り逃しが少なからずありました。BusinessCallを利用することで、対応できていなかったお電話1本1本を、確実に後追いすることができるようになりました。管理画面上で要件まで確認できるので、お電話を折り返す順番をこちらで判断できるのも大変便利です。

管理画面をシェアして活用(大手企業管理職 男性)

管理画面をチームでシェアさせています。チームごとで対応済み/未対応のステータスを確認できる為、電話対抗に関わる時間の削減・効率化が可能となりました。チームや部署内の電話対応、顧客管理を行うのにBusinessCallは非常に有用なツールだと思います。

臨機応変な日時対応が魅力(ライター 男性)

決められた時間を執筆にあてると決めており、曜日ごとに対応希望時間が異なるのですが、申し込みの際、簡単に対応時間を選択することが出来ました。執筆に集中したいときには欠かせないサービスです。固定電話の番号を名刺に記載することで、取材先の信用、安心感を得やすくなったとも感じています。

電話対応を外注するならBusinessCall

BusinessCallは、公的機関などの電話も代行しているほど、多くの方から安心してご利用いただいている電話代行会社です。
現状の電話応対に不満や課題を感じてる方は、ぜひご検討ください。ビジネスパートナーとしてお力になれるようなサポートをさせていただきたいと考えております。
ぜひご利用ください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

自分に合った電話代行プランの選び方!最適の利用シーンとは

打ち合わせの集中する時間帯や土日、年末年始など、オフィスが人手不足になりやすい時期、時間帯に大活躍する電話代行サービス。ビジネス・チャンスを逃さないために導入したいものの、どのプランを選べばよいのか、また、何を比較すればよいのか分からないという方のために、プランを選ぶポイントを簡単にまとめてみました。

今回の記事では、
・電話代行のプランの選び方
・電話代行の利用シーン
をご紹介します。

電話代行のプランの選び方

それでは、まず、プランにおける比較ポイントを1点ずつ、ご紹介します。

着信コール数

電話代行プランの料金は「代行中に何本着信があったか」によって大きく異なります。一般的に、「月○○コールまで定額の××円。そこから1コール超過ごとにプラス△△円」という価格設定がなされていることが多いので、月に何コール程着信があるのかを予想した上でプランを選ぶことが重要です。
月額料金が比較的高く見えるプランでも、その分、上限のコール数が多く設定されていたり、上限を超えたときの追加料金が安く設定されていたりすることもあるので、表面上の定額料金だけではなく応答コール数の設定もしっかりと確認して検討する必要があります。

応対内容

代行サービスに具体的にどのような電話対応を行って欲しいのか、その依頼内容によっても選ぶべきプランは変わってきます。勧誘・営業電話に担当者の不在を伝えるだけでよいのか、はたまた顧客からの商品の注文電話を受ける受注業務や、サービスについての質問に応対するコールセンター業務まで依頼したいのか。この辺りも具体的に想定した上でプランを選ぶ必要があります。
依頼する応答内容によって値段が変わってくる場合もあるので、金銭面から考えてもよく考慮しておきたいポイントです。ただし、電話代行の業者にどこまで任せられるのか分からないという方もいらっしゃると思うので、その際は気軽に業者に相談して依頼したい応答内容のイメージを具体化されることをお勧めいたします。

応対の品質

会社の窓口とも言える、顧客への電話応対を依頼するわけですから、当然品質も重要なポイントになります。自社のサービスに興味を持ってくださったお客様のお声に、迅速かつ丁寧に対応していくことで、着実にビジネスの脈を広げていくことができます。そうなるとまず気になってくるのは電話代行を依頼するオペレーター自身の、人材としての「質」です。オペレーターの質を見極めるには以下の五つのポイントに注意が必要だと言われております。それは、職業適性、研修時間、研修内容、経験年数、仕事への情熱です。
これらを客観的に見極めることは大変困難ではありますが、公式ホームページなどから少なくとも、その会社がどの程度、熟練したオペレーターの採用や、オペレーターへの教育に意欲的であるのかということはある程度判断することができます。その判断の際には是非、上記の五つの基準を参考にしてみてください。

オペレーターの質の他にももう一つ、応答品質を見極める大切なポイントがあります。それは、電話への「応答率」です。せっかく有料の電話代行サービスを利用するのですから、応答率100%の対応をしてくれるコールセンターが理想ですね。契約前に、ピーク時にも取りこぼしなく、対応してくれるのかを確認するようにしましょう。
応答品質について分からないことや不安な点があれば、ためらわずに直接業者に問い合わせることが大切です。

機能(サービス内容)

機能(サービス内容)は、それぞれの電話代行会社によって異なるので、自社のニーズに合わせて、比較検討する必要があります。これには、先程紹介した応答内容の他にも、様々なオプションが含まれています。
例えば、弊社のサービスBusinessCallでは、電話内容をマルチデバイス対応の専用管理画面から確認することが可能です。これによってお電話があった方の名前・電話番号・問い合わせ内容を効率的に確認することができます。この専用画面を社内でシェアすることによって、チームワーク力の高い業務の遂行を可能にします。

また、ラグジュアリープランにはオプションとして「レンタルアドレス」を付けております。レンタルアドレスとは法人登記可能な住所を貸し出すサービスです。個人事業やスタートアップ段階にある企業でも、自宅以外の場所に会社の住所をおくことには非常に大きな意味があります。プライバシーが守られ、さらに、顧客から信頼を得られるでしょう。まだ人手が少なく、事業規模が小さいので実質的なオフィスはいらないが、会社としての信頼は得たいというスタートアップされたばかりの事業主の方々にはぴったりのサービスで、電話代行プランと併用して利用すれば迅速なビジネス展開にも繋がります。
オプションについて、もし最初の申し込み段階では必要かどうか判断しかねるということがあっても、契約期間中に別プランに切り換えられるので、そういった会社を手始めに利用してみるとよいかもしれません。弊社の場合はスタンダードプラン、ラグジュアリープランの切り替えを一か月単位で行うことが可能です。

価格

上記の四つのポイントを総合的に考慮した上で、価格によって候補となったプランを絞るのが、効率的な電話代行プランの選び方になるでしょう。初期費用に、着信コール数に応じた金額、各種オプションに応じた追加料金を加えれば、実際にかかる費用を見積もることができます。

▶電話代行が格安で利用できる会社は要注意?サービスの仕組みと選び方

電話代行が格安で利用できる会社は要注意?サービスの仕組みと選び方

弊社の場合、月額5000円のスタンダードプランと月額10000円のラグジュアリープランを用意させて頂いておりますので、それぞれの着信コール数上限、上限超過ごとの追加料金、オプション等をご確認の上、検討してみてください。
予算内で最大限ニーズを満たすプランを見つける為にも、今回紹介した五つのポイントは必ずチェックしてくださいね。

【BusinessCallのサービスプランを詳しく見る】

BusinessCallのスタンダートプランとは?

BusinessCall のラグジュアリープランとは?

電話代行プランの比較の仕方まとめ

1.自社にどれ程の着信コール数があるのかを見積もる
2.電話代行業者にどこまでの応答を依頼したいのかを具体的に考える(迷ったら相談)
3.検討している業者の応答品質について口コミや公式ホームページを基にリサーチする
4.検討している業者のオプションの充実度を量る
5.予算内で最大限ニーズを満たしてくれるプランを選ぶ

電話代行の利用シーン

ライター業 男性

決められた時間を執筆にあてると決めており、曜日ごとに対応希望時間が異なるのですが、申し込みの際、簡単に対応時間を選択することが出来ました。執筆に集中したいときには欠かせないサービスです。固定電話の番号を名刺に記載することで、取材先の信用、安心感を得やすくなったとも感じています。

コンサルティング業 男性

会議や打ち合わせが集中する午前の時間帯だけ電話代行を検討していましたが、スタンダードプランは、コール数と金額のバランスがちょうど良いと感じ申込みいたしました。オペレーターの方の丁寧な対応は申し分なく、管理画面で受電内容を確認できるのは想像以上に使い勝手良く感じました。

会社経営 男性

今から1年前に独立開業いたしました。開業当初に面食らったのが、業務に関係のない営業電話が非常に多いこと。BusinessCallを申し込んでからは、スキマ時間に管理画面上で受電内容を確認することで、本業に集中する環境をつくることができました。スタートアップの方にとって、電話代行は非常に有用なサービスだと思います。

関連記事
個人事業主が電話代行サービスを利用するメリットや活用例とは

電話代行におけるEC(通販)事業者様のご利用法とは

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。