コールセンター代行サービスとは?導入事例と3つの強みを紹介

電話の対応がしっかりしていると、企業のイメージは大幅にアップします。顧客や取引先とのコミュニケーションの窓口として不可欠です。

コールセンターの代行サービスとは

コールセンターの代行とは、お客様からの受注やお問合せ、予約などに関した電話対応を自社のコールセンターや社員の代わり委託するサービスです。

例えば、
・コールセンターのスタッフ不足でオペレーションが回らない
・オペレーターの教育に時間もコストも掛かり効率が悪い
・本業に集中できない

このような悩みを持っている方にご利用いただくことが多いです。

コールセンターの代行サービスを利用するメリットは、主に4つあります。

コストを大幅に削減できる

コールセンターの人員の雇用や設備にかかるコストは意外に大きく、環境を整えることは簡単ではありません。コールセンターの代行サービスを利用すれば、そのコストを大幅に削減でき、プロのオペレーターが電話対応をしてくれます。自社の価値やイメージアップにつながります。

クレームやトラブルを回避できる

コールセンターへの問い合わせの中にはクレームもあるので、トラブルにならないように慎重に対処する必要があります。しかし、クレーム対応は想像以上に難しいです。トラブルに繋がることも少なくありません。
そんな時こそ、コールセンターの代行サービスが活躍します。経験豊富なプロのオペレーターが丁寧にクレーム対応をして、トラブル回避に努めます。

ビジネスチャンスを逃さない

自社への電話の中には、大きなビジネスチャンスが潜んでいるかもしれません。新規の大口顧客様の可能性もあるのです。しかし、電話対応ができずに留守番電話になってしまうことで、同業他社へ新規顧客が流れ、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまう恐れがあります。コールセンター代行を利用すれば、オペレーターが最大限対応するため、ビジネスチャンスを逃す可能性を大幅に下げることができます。

業務に集中でき仕事の効率が上がる

電話の数が多いほど、業務を中断しなければいけなくなり、最悪の場合は、電話対応だけで終わってしまう日もあるかもしれません。しかし、コールセンター代行に電話対応を丸ごと依頼しておけば、電話対応以外の業務に集中できて仕事の効率がアップし、業績アップへとつながります。

コールセンターの代行サービスをうまく利用するには

コールセンターの代行サービスの利用を検討されているのは、企業様だけではありません。最近は、起業家やフリーランスの方からのご相談も増えています。特に、起業家やフリーランスの方は、ほぼ一人で業務を行なっているケースが多く、電話対応まで手が回らなくなっている現状が多く見受けられます。

BusinessCallのコールセンター代行のサービスは、低予算で最低限のサービスを受けられるコースも用意しているため、起業家やフリーランスの方によく選ばれています。例えば、次のような導入事例があるので、ぜひ参考にしていただきたいです。

導入事例:エステサロンの経営者様の場合

個人でエステサロンを経営しており、忙しくなるほど予約が取りづらい状況が続き、思い切ってコールセンターの代行を導入された事例です。

エステサロンの経営が忙しくなると、お客様の予約が取りづらいだけではなく予約管理も難しくなり、十分に対応できなかったという課題がありました。中には、不満を抱き、エステを辞めてしまうお客様もいらっしゃったそうです。

しかし、コールセンターの代行を導入の効果で、顧客とのコミュニケーションの円滑化でき、確実なリピーターを獲得できました。
また、電話対応を任せたことによって、エステサロン経営者も十分な休息時間を確保でき、サービスの質の向上やキープにつなげることができました。

導入事例:化粧品メーカー様の場合

お化粧品のメーカー様の事例です。全国規模で流通しているような商品を販売してる会社様でしたが、会社の規模は小さく、カスタマーセンターを自社内に立ち上げるのに踏み切れないご様子でした。

ゼロから自社内にコールセンターを設けるのは、コストも育成も難しいと感じ、外注することを決意。コールセンターの外注に踏み切りました。

BusinessCallが選ばれている理由

BusinessCallのサービスは、企業様だけではなく、起業家やフリーランスの方からもご利用いただいています。そこには、他にはない特徴と強みがあるからです。

電話応対の質と確かな実績

BusinessCallは、電話応対の質が特に高く評価されています。それは、大手企業のコールセンター業務だけではなく、公的機関のコールセンター代行の実績もあるからです。オペレーターの質を保持するための教育体制や環境を整え、情報漏洩にも徹底管理しているため、安心してご利用していただけます。
その証として、プライバシーマークの取得や日本コールセンター協会への加盟実績があり、多くの利用者様より信頼していただいています。

1日単位ではなく時間単位でも利用可能

BusinessCallのコールセンター代行サービスは、1日単位だけではなく時間単位でも利用できるため、1日のうちの数時間の契約も可能です。例えば、お昼休みの数時間だけの利用でオフィスを無人化にできたり、忙しい時間帯だけ依頼して業務効率を上げたりなど、さまざまな利用方法に対応できるプランを用意しています。

時間単位の利用の場合は、1日単位の利用よりも料金が安いため、無駄のない費用で必要な分だけサービスを利用できるシステムになっています。特に、起業家やフリーランスの方からは、時間帯に特化した利用の要望が多く、BusinessCallのコールセンター代行の時間特化型のプランが喜ばれています。

マルチデバイス対応の専用管理画面

BusinessCallでは、クラウドを活用したマルチデバイス対応の専用管理画面を設置しているため、問い合わせ状況や内容などを社内の人とリアルタイムで共有できます。
スマートフォンやパソコンなどのデバイスから素早く管理画面を開き、受電内容を確認して折り返しの必要性などを取捨選択することができ、スピーディーで正確な対応を実現できます。
それによって、お客様からの信頼度が上がり、ビジネスチャンスを掴むきっかけになるといっても過言ではありません。
スピードが求められる時代だからこそ、便利なツールを使った対応のスムーズ化が理想的です。マルチデバイス対応の専用管理画面を共有することで簡単に電話対応のスムーズ化が測れるため、社員一人ずつの負担を増やすことなく、業務や電話対応の効率アップへとつなげていけます。

コールセンターの外注をご検討中に方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

アウトソージングによるコスト削減や業務効率化とは

コールセンターのアウトソーシングとは?

コールセンターのアウトソーシングとは、依頼者に代わって電話対応を行うサービスのことです。依頼主のもとにかかってきた電話を委託会社に転送し、委託会社のスタッフが電話を受けます。このコールセンターのアウトソーシングにより、自社内にコールセンターを設ける必要がなくなり、社員を通常業務に集中させながら、一切の電話業務を専門の委託会社に任せることができます。

アウトソーシング型の電話代行を導入するメリット・効果

コールセンターをアウトソーシングすることで時間やコストをかけることなく、万全なコールセンターの運営体制を構築できます。また、電話対応に手を煩わされることもなくなるので、本業に集中でき業務の効率も高められます。コールセンターをアウトソーシングするとどのようなメリットや効果を得られるのか、さらに詳しく見ていきましょう。

コールセンターの品質が上がり、会社の信頼性も上がる

大切なお客様と直接やりとりを行うコールセンターの「質」は非常に大事です。コールセンターの対応は会社のイメージに直結します。コールセンターの対応が良ければ会社の印象はアップしますし、反対に対応が悪ければ会社のイメージはダウンしてしまいます。

そうはいっても、会社に電話をかけてくるお客様は様々な人がおり、すべてのお客様を満足させる対応を行うのは容易ではありません。1からオペレーターを育てるにしても、一流のオペレーターに求められるコミュニケーション能力や専門的な知識を身につけさせるには相当な時間がかかります。

コールセンターをアウトソーシングすれば、教育の行き届いたオペレーターが対応するので研修に時間を割く必要はありません。また、オペレーターは、毎日のように様々なお客様を対応しているため、トラブル対応にも慣れており、臨機応変に対応してくれるので安心して任せることができるでしょう。

コールセンター導入・維持のコストと手間の削減

コールセンターを自社で設けて運営するとなると、莫大なコストが必要となります。コールセンターの導入費用として、場所代/電話機・パソコンの購入費用/電話回線の工事費用が必要となります。さらに、オペレーターを採用するための求人広告費用、雇用後の研修費用、毎月の給料や福利厚生費も用意しなければいけません。

また、費用に加えて時間も必要で、一流のオペレーターを育成するためには面接から研修まで相当な手間がかかります。

コールセンターのアウトソーシングにより、自社でオペレーター教育を行う必要はありません。コストの面においても初期費用や月額使用料金は数万円程度に設定されていることが多く、自社で一から機材や場所を確保し人材を雇用するよりも格段に安い費用でコールセンターの導入が可能となっています。

業務量に合わせたコールセンターの運営体制の構築が可能

年間を通じて業務量は一定ではなく、必ず波があるものです。しかし、自社でコールセンターを運営するとなると、業務量に合わせた人手の調整は簡単には行えません。そのため、繁忙期には人手が足りず、反対に閑散期には人手が余ってしまう状態になることもあります。

コールセンターのアウトソーシングなら業務量に応じてプランを変更することができるので、いつでも適正な運用体制を築くことができます。繁忙期でも人手不足になることはなく一人一人のお客様にしっかり対応できますし、閑散期には無駄なコストを発生させずに運用が可能となります。

BusinessCallの電話代行/コールセンターの代行

BusinessCallの電話代行サービスは、多くのお客様へご利用いただきやすいようにサービスを提供させていただいております。

コストが格安

電話代行サービスを導入する上で費用を重視しているお客様も多いのではないでしょうか。BusinessCallの月額費用はスタンダートプランですと5,000円(受電上限40件/月)ラグジュアリープランですと10,000円(受電上限100件/月)と手頃な値段設定となっています。さらに、通常電話代行サービスを導入する際に必要となる初期費用につきましては、現在キャンペーン中で無料となっており、今ならお得に電話代行サービスを導入いただけます。

利用時間をカスタマイズ可能

BusinessCallはお客様がご都合に合わせてご利用しやすいように、1時間単位で利用時間を指定することが可能となっており、契約後も利用時間の変更はいつでも行えます。また、1日の中で複数の時間帯を利用指定することも可能です。例えば、午前10:00〜12:00と午後15:00〜17:00といったように、仕事量などに合わせて時間を指定いただけます。利用可能時間は全日9:00~21:00となっており、土日でもご利用いただけます。

wiz-plannersのコールセンター代行業務

また、ウィズ・プランナーズでは、BusinessCall以上のプランもご用意しております。カスタマーセンターの代行や、お問い合わせ対応の代行、相談窓口対応など幅広い業務を請け負っておりますので、まずはご相談いただければと思います。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

電話代行サービスを導入するメリット・デメリット

今、業務効率アップができると話題なのが「電話代行サービス」です。その名の通り、電話業務を代行してくれるサービスとなっており、会社にとって必要な電話業務を任せることができます。

電話代行サービスの導入を検討する際には、メリット・デメリットを知っておくのがおすすめです。メリットとデメリットを比較することで、「会社に必要なのか」「プラスになるのか」などを考えることができます。

今回の記事では、電話代行サービスとは何であり、導入することでどんなメリット・デメリットがあるのかを紹介していきます。電話代行サービスを検討している会社・個人の方は、ぜひ参考にしてみてください。

電話代行サービスとは

電話代行サービスは、会社や個人(フリーランスの方など)の依頼者に代わって電話業務を行うサービスのことです。会社にとって、電話業務は重要な役割を果たしています。受注関係や問い合わせ、クレーム対応などの電話は、新規顧客の獲得や取引先との関係性などにつながり、とても重要な業務の1つです。

しかし、オフィスを不在にしがちな企業様やフリーランスの方だと、電話対応が難しい時があります。それを解決することができるのが電話代行サービスです。サービスを導入することで、会社にかかってきた電話を代行サービスの会社に転送し、プロのオペレーターに対応してもらうことができます。

ちなみに、電話代行サービスは、「秘書代行サービス」や「秘書電話代行サービス」などと呼ばれることもあります。電話業務を代わりに行うサービスなので秘書業務に近く、そのように呼ばれるケースもあるのです。

電話代行サービスのメリット

電話代行サービスは業務効率化で注目されていますが、実は他にもたくさんのメリットがあります。そこでここからは、電話代行サービスを導入することによるメリットについて詳しく紹介していきます。

業務効率化が図れる

電話代行サービスを導入する大きなメリットが業務効率化です。顧客や取引先からの電話は、いつかかってくるのかわかりません。事務仕事中や書類作成中、会議中などにかかってくることもあり、その都度作業を中断して対応していては効率が悪いです。

そこで電話代行サービスを導入すれば、電話対応による作業中断を避けることができて作業効率アップを図ることができます。これまで電話対応に費やされていた時間は、別の業務に回すことができるのです。

コストの削減

電話業務を一任することで、コスト面でもメリットがあります。電話対応をするためのスタッフを自社で雇用した場合、人件費や求人広告費、福利厚生費などのコストが発生します。さらに、電話対応未経験者なら教育・研修費なども必要です。

これに対し、電話代行サービスを導入すれば利用料のみで電話対応が任せられます。自社で電話対応のスタッフを常駐させた場合と比較すれば、電話代行サービスの利用料の方がコストを抑えることができるのです。しかも、プロのオペレーターが電話対応するため、教育などの時間・コストも必要なく、安心して電話業務を任せることができるのです。

顧客や取引先への安心感や信頼を得やすい

会社にとって顧客や取引先からの安心感や信頼は重要です。しかし、電話業務を疎かにしてしまい留守番電話ばかりになると、顧客や取引先から不信感を抱かれてしまう可能性があります。その結果、信頼は失われてしまい、顧客の流出につながりかねません。

しかし、電話代行サービスを導入すれば、確実に電話対応ができます。そのため、顧客や取引先からの安心感につながり、信頼を得やすい状況にすることができるのです。

新規顧客獲得のチャンスを逃さない

会社にかかってくる電話次第では、新規顧客を獲得できるチャンスです。例えば商品内容などのお問い合わせ電話だった場合、商品のご説明をすることで納得してもらえて新規顧客になってくれるかもしれません。そのように、電話の内容によっては新規顧客獲得のチャンスとなります。

しかし、電話対応ができず留守番電話になってしまえば、電話をした方が「もういいや」と思って諦めてしまい顧客獲得のチャンスを逃しかねません。そこで、電話代行サービスを導入することにより、そのような電話もしっかりとキャッチすることができ、新規顧客の獲得チャンスを逃がさないというメリットがあるのです。

電話代行サービスのデメリット

物事には裏と表があるように、電話代行サービスにもデメリットがあります。導入する前にデメリットについても知り、メリットとデメリットでどちらの影響が大きいのかを検討するのがおすすめです。そこでここからは、電話代行サービスを導入することによるデメリットを紹介していきます。

不信感に繋がるケース

デメリットで挙げられるのが、不信感に繋がるケースがあることです。電話代行サービスを導入すれば、プロのオペレーターに電話対応を任せることができます。しかし、オペレーターのプロであり、依頼された会社の業種に精通しているわけではありません。また、社内状況の詳細までは把握していません。

そのため、専門的なお問い合わせ電話や状況などについてお問い合わせがあっても、「名前」「連絡先」「折り返しの有無」などを聞くという対応しかできないのです。この対応に対して、顧客側や取引先の方がストレスを感じ、不信感に繋がってしまうことが考えられます。

割高になってしまうケース

電話代行サービスを導入するメリットにコスト削減がありますが、実は割高になってしまうケースも考えられます。電話代行サービスを提供している会社は、複数のコースを設けていることが多いです。コース内容はそれぞれですが、コール数の上限が決まっており、上限を超えると追加料金が発生するのが一般的です。

そのため、毎月かかってくる電話数の目算を誤ってコース選択をすると、追加料金がとても高くついてしまいます。人件費に比べれば安く済むとは思いますが、想像以上に割高になってしまいかねません。ですから、電話代行サービスを導入する際には、コース選びがポイントとなってきます。

電話代行サービスはこんな人におすすめ

営業所など外回りが多いオフィス

電話代行サービスは、外回りでオフィスに人がいなくなるケースがある営業所などにおすすめです。オフィスに人がいなくなれば、その時間は電話対応をすることができません。しかし、電話番のためだけにスタッフを常駐させておくのはコスト面で負担が大きいです。

そこで電話代行サービスを導入することにより、外回りでオフィスを空ける時間だけ依頼すればコストを抑えたまま電話対応ができるようになります。

従業員が少なくコア業務に集中したい会社

コアの業務にのみ集中したい会社にも、電話代行サービスはおすすめです。少数精鋭で仕事をしている場合、「優先順位の高い業務のみに集中したい」という会社が多いのではないでしょうか。

そのために、優先順位の低い業務は外注に任せるという選択もありです。電話業務の外注先として、電話代行サービスがおすすめとなっています。

フリーランスなど個人事業主の方

様々な働き方があり、フリーランスなどで働く人も増えています。フリーランスなど個人事業主の方にも、電話代行サービスはおすすめです。個人事業主の方にも、取引先の方や顧客がいるはずです。

しかし、個人で働いていては、すべての業務を1人で行わなければなりません。その結果、重要な電話を取りこぼすリスクが高くなります。そこで、電話代行サービスを活用することで、重要な電話の取りこぼしを防止することができるのです。

電話代行サービスならBusinessCall

月額5,000円~という低コストで導入可能

弊社は、「スタンダード」「ラグジュアリー」の2つのコースをご用意しております。スタンダードプランは、月額5,000円(税抜)で低コストでの導入が可能です。ラグジュアリープランは月額10,000円(税抜)ですが、月間の電話件数が多い場合にはこちらの方が割安でおすすめのプランです。

また、通常であれば初期費用として15,000円がかかります。しかし、今だけ0円となっておりますので、電話代行サービスを導入しやすくなっております。

全日対応だから休日対応もOK!

スタンダード・ラグジュアリーどちらのプランも、全日9:00~21:00まで対応可能です。土日祝日なども対応することができ、休日対応のみ弊社のサービスをご利用するというお客様もいらっしゃいます。

休日に電話代行サービスを活用することで、休日にも電話対応ができて顧客への安心感を獲得し、新規顧客獲得のチャンスを逃さないという効果が期待できます。

オプション対応で充実した電話代行サービス

弊社BussinessCallでは、オプション対応も行っております。基本対応では、「お客様のお名前」「ご連絡先」「簡単なお問い合わせ内容」「折り返しの有無」をご案内するものとなっております。

この基本対応の他に「Q&A対応」と「オリジナル営業時間外ガイダンス」のオプションをどちらも1,000円/月にてご用意しております。

また、弊社ではプランのご相談やご質問なども承っております。ぜひとも、お気軽にご相談やご質問をしていただければと思います。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

短期間での電話代行サービスの利用が可能なBusinessCall

本業に集中するために、利用されることが多い電話代行サービスですが、毎日は必要ない。そのような方にとって、自分の使いたいときだけに利用できる電話代行サービスは魅力的なのではないでしょうか?今回は、短期間のスポットでも利用可能な電話代行サービス、BusinessCallについてご紹介していきたいと思います。

電話代行サービスとは

電話代行サービスは単に受電の代行を請け負うだけでなく、依頼者様が電話対応の負担を減らして本業に集中できるようさまざまな工夫を凝らしてサービスが展開されています。電話代行サービスについて、さらに詳しくみていきましょう。

人材をアウトソーシングした電話業務のこと

電話代行サービスは、依頼者様に代わって電話の対応を行うサービスのことです。毎日欠かせない電話対応をアウトソーシングすることで、本業に専念できる環境を生み出すことが可能となります。依頼者様の会社にかかってきた電話はサービス会社へ転送され、スタッフが対応します。受電内容には電話を受けるたびに依頼者様に報告されるので、急ぎの内容であれば即折り返すなど用件に合わせた柔軟な対応が行えます。

秘書業務代行サービスとも言われる

「電話代行サービス」は「秘書代行サービス」と呼ばれることもあります。電話代行サービスと言っても、サービス内容は単に電話を受けるだけではありません。的確に用件を聞き出すとともにお伺いした内容を基に折り返しの必要の有無もしっかり示してくれ、まるで秘書のような働きをしてくれるのも電話代行サービスの特徴です。

BusinessCallの場合ですと、受電内容はすべて管理画面を通して報告を行なっており、「名前/電話番号/受電時間/お問い合わせ内容」の4項目を確認いただけます。また、管理画面に受電内容が登録されると、メールにて登録完了の旨が伝えられます。メールの件名には「入電のみ」「折り返し必要」のどちらかを記載しておりますので、件名を見るだけで電話を優先するのか、電話は後回しにして本業を優先するのか判断していただくことが可能となっています。

土日や連休中のみの短期間の電話代行は可能?

BusinessCallはお客様にご利用いただきやすいように、平日休日問わず電話代行サービスを行なっています。お客様のご都合に合わせてお好きな曜日をお選びいただけるので、土日のみのご利用等ももちろん可能です。

また、電話代行サービスをご利用いただく曜日は、専用の管理画面からいつでも簡単に変更が可能です。GWや夏季休暇などの連休日に合わせて、自由に利用日程をカスタマイズしていただけます。

夜間のみの対応や時間指定の電話代行は可能?

BusinessCallの対応時間は全日9:00~21:00までとなっており、利用する時間帯に関しては1時間単位でご指定いただけます。「午前中のみ」や「午後のみ」など、ご利用したい時間帯をお気軽にお申し付けください。また、「午前9:00~11:00」と「午後15:00~17:00」など、一日の間で複数の時間帯を指定することも可能となっています。一日の最大対応時間はプランによって異なっており、スタンダードプランでは一日最大7時間対応、ラグジュアリープランでは一日最大9時間対応可能となっています。

なお、どちらのプランの場合でも、夜間のみのサービスは申し訳ございませんが、対応しておりません。しかし、電話が集中しやすいビジネスタイムに加え午後も21:00までと遅い時間帯にも対応しており、お客様の大切なお電話を取り逃さない体制は整えております。

利用時間帯の変更に関するお申し出はいつでも可能です。変更の必要が生じた場合はお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

電話代行サービスを利用するメリット

電話代行サービスを活用すれば、ビジネスを行う上で発生するさまざまな悩みを解消できます。どのような方が電話代行の利用に向いているのか、サービスによって得られる効果と共に紹介します。

本業に専念したい方

仕事を行う上で電話対応は毎日必ず必要となります。お客様からの電話は非常に大切ですが、電話がかかってくるたびに仕事の手を止めて対応するのは煩わしいのもまた事実です。電話対応に時間を奪われ「本業に専念できない」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。電話代行サービスを導入すれば電話対応はすべてサービス会社が代行してくれるため、本業への専念が可能です。また、電話対応に気をとられることなく集中して仕事に臨めますし、今まで電話対応に費やしていた時間を本業に費やせるようになるので効率よく仕事を進められます。

低コストで電話対応をカバーしたい方

人手不足で十分に電話対応が行えないという悩みを抱えてはいるものの、電話対応のためだけに社員を雇う余裕はないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。社員を雇用するとなると、毎月のお給料に加え福利厚生費や求人広告費用、研修費用と何かとお金がかかるものです。しかし、電話代行サービスであれば毎月数万円程度の費用で済ませることが可能です。ちなみに、BusinessCallの場合ですと月額費用はスタンダードプランで5,000円、ラグジュアリープランで10,000円と非常に低価格で電話代行サービスをご利用いただけます。

電話の取りこぼしをなくしたい方

電話を取り逃さないように十分に気をつけていても、商談や会議などどうしても電話に出られない状況が発生してしまうこともあります。電話代行サービスを導入すれば依頼者様が電話に出られない状況にあっても、代行スタッフが電話を受けてくれるため受電を逃すことはありません。一本一本の電話に確実に対応でき、お客様からの信頼を生むとともにビジネスチャンスもしっかりと掴めます。

営業電話に迷惑している方

仕事をしていると、業務に全く関係のない営業電話がかかってくることもあります。不必要な営業電話に貴重な仕事の時間は割きたくないものです。しかし、電話番号を見ただけでは「営業電話」なのか「大切なお客様からの電話」なのか判断することはできないため、必ずすべての電話に対応しなければなりません。電話代行サービスを導入すると受電内容を確認したうえで電話対応を行えるため、迷惑な営業電話は無視することが可能です。重要な連絡にのみ対応できるので、迷惑な営業電話に時間を奪われることもなくなります。

お客様からの信頼を獲得したい方

「何度連絡しても電話に出ない」「電話の対応が悪い」など不誠実な対応が続くと一本の電話から会社の信頼を失いお客様が離れていくことがあります。電話代行サービスではしっかりと受電できる体制を敷いているので、スムーズな対応でお客様のストレスを最小限に抑えることが可能です。また、電話を受けるオペレーターは日常的に電話対応を行っているため、失礼な対応でお客様を怒らせてしまう心配もありませんし丁寧な対応でお客様に好印象を与えてくれるので会社の印象アップにもつながります。確実な受電体制と丁寧なオペレーターの対応で、会社の信頼を獲得することができます。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

土日祝日にも電話対応を代行できるBusinessCall

BussinessCallでは、土日祝日でも電話代行の業務を行っています。業務効率が図れる電話代行ですが、「土日祝日も必要なの?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。その一方で、土日祝日だからこそ電話代行サービスを利用したいという方もいらっしゃいます。

実際に、「土日祝日の対応は可能ですか?」などのお問い合わせもよくあります。利用者の中には、休日である土日祝日のみサービスを利用するというケースもあるほどです。

休日にも電話対応をすることで会社にとってプラスの効果を期待することができ、電話代行サービスを活用する会社も多くあるのです。

そこで今回は、土日祝日など休日に電話代行サービスを利用するメリットや事例について紹介していきます。

休日に電話代行サービスを利用するメリット

休日の電話代行サービスは、とてもニーズがあります。その理由は、休日にも電話対応をすることで会社にメリットがあるからです。どんなメリットがあるのかは、状況によって異なります。休日に電話対応をする主なメリットと状況を挙げていくので、参考にしてみてください。

土日も電話対応の代行サービスが求められる理由

クレーム対応

休日の電話でよくある状況の1つとしてクレームが挙げられます。土日祝日に休日ではない会社も多くあり、休日にトラブルでクレームの電話が入ることはあり得るのです。この際に、電話対応をすることができれば状況把握をすることができ、休み明けに早急に対応できるというメリットがあります。

お問い合わせ対応

休日の電話には、単なるお問い合わせもあり得ます。特に、BtoCの商品・サービスを扱っている場合、休日にお問い合わせ電話があるケースが多いです。土日祝日の休日にしか時間がない顧客もおり、休日にお問い合わせをするということが考えられます。

お問い合わせ電話は、顧客増加や商品などの受注のチャンスです。土日祝日に対応していなければ、チャンスを逃してしまいかねません。休日の電話対応を導入することで、顧客や受注を増やすことが期待できるメリットがあります。

電話対応代行を土日に依頼するメリット

土日祝日の休日に電話対応をする場合、自社スタッフではなく電話代行サービスを選択する会社が多くあります。これは、電話代行サービスを利用する方が効率的だからです。自社スタッフに休日出勤をしてもらっておきながら、電話対応だけでは非効率な働き方となってしまいます。無駄が多いだけでなく、自社スタッフには大きな負担となってしまいかねません。

その点、電話代行サービスを活用すれば、土日祝日の電話業務をすべて任せることができます。自社スタッフの負担が増えることもなく、とても効率的な休日の電話対応をすることができるのです。そのため、休日の電話対応に電話代行サービスを選択する会社が多いのです。

休日の電話代行サービスの活用事例

ここでは、休日に電話代行サービスを利用している事例を紹介していきます。

フリーランスの方の場合

フリーランスの方への仕事依頼は、平日だけでなく土日祝日の休日にもあります。例えば、フリーランスライター様の場合、土日祝日はイベントに参加して取材することが多く電話対応ができません。また、平日は執筆活動があるため、休日はゆっくりしたいでしょう。そのため、休日のみ電話代行サービスを利用するケースがあるのです。

フリーランスで働く場合、個人ですべての業務を担当しなければならず大変です。そこで、電話対応業務の負担を軽減するために、電話代行サービスを利用してケースが多いのです。とくに休日は、「休日限定の仕事がある」「プライベートを重視したい」などの理由から、電話代行サービスを利用する方が多くいらっしゃいます。

メーカーのクレーム対応の場合

メーカーへのクレームは、土日にもあり得ます。クレーム対応は、適切に処理できなければ、顧客の流出につながりかねません。休日も電話対応をすることで、クレームを処理することができて顧客流出を阻止することができます。また、土日対応をすることで信頼感を得る効果も期待できるのです。

クレーム対応が目的で、土日に電話代行サービスを活用するのはメーカーだけではありません。ITや建設、小売などの業種などでも土日にクレームがあることがあり、適切に処理すべく電話代行サービスを導入しているケースが多々あります。

ネット通販の場合

ネット通販を運営している会社・個人も、休日に電話代行サービスを利用することが多いです。その理由は、ネットショッピングをする人は土日祝日が多いからです。休日のまったりした時間に、ネットショッピングをする人は多い傾向があります。ネットで購入する場合、できるだけ疑問点は解消したいという方もいるでしょう。そのため、ネット通販は土日祝日に商品などのお問い合わせ電話が多く、電話代行サービスを利用するという事例が多いのです。

商品のお問い合わせ電話は、顧客を獲得するチャンスです。お問い合わせに対応することで、安心して購入いただける可能性が高くなります。顧客増加のために、ネット通販では土日祝日のみ電話代行サービスを導入するというケースがあるのです。

BusinessCallでは土日祝日の電話対応代行が可能

土日祝日の電話代行サービスなら、ぜひBussinessCallを検討してみてください。BussinessCallでは、土日祝日の対応が可能となっています。

オーダーメイド対応で様々なケースに対応

BussinessCallでは、様々なケースに対応しています。
例えば、「日曜日と祝日だけ対応してほしい」「土曜日と日曜のみで、祝日は対応しなくても大丈夫」など様々なケースが想定されます。どんなケースであっても、対応させていただいております。

BussinessCallでは、オンラインから24時間いつでも簡単にサービスのお申し込みができ、対応時間は1時間単位で設定することができます。1日に複数の時間帯の利用もOKで、全日9:00~21:00の間であれば、最大9時間対応可能です。このように、オーダーメイド対応なので様々なケースに対応できるのです。

ちなみに、「土曜日の午前中のみ対応」なども可能です。ご自由に対応時間を設定して、必要な時間に電話代行サービスを利用してみてください。

オプション対応でより充実した電話代行サービス

BussinessCallの基本対応は、「お客様の名前」「ご連絡先」「簡単なお問い合わせ内容と折り返し電話の有無」となっています。オプションを付けることで、それらにプラスした対応をすることが可能です。「Q&A対応」と「オリジナル営業時間外ガイダンス」のオプションをどちらも1,000円/月にてご用意しております。

これらのオプションを付けることで、より充実した土日祝日での電話対応が可能です。オプション追加は、個別お見積りとなっております。ぜひ、お気軽にご相談いただければと思います。もちろん、その他のご相談やご質問も対応しておりますので、まずはお問い合わせください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

サービス&導入事例

みなさんこんにちは!BusinessCallスタッフMです。
この度はBusinessCallの運営会社、ウィズ・プランナーズのコーポレートサイトが新しくなりました。

今回はサービスページリニューアル&導入事例ページ新設をしております!

「サービスページリニューアル」
サービス毎に詳細ページを増設し、当社サービスを更にご理解頂き易い内容となっております。

マルチチャネル コンタクトセンター
BPOコンサルティング
バックオフィス

「導入事例ページ新設」
これまで当社サービスをご利用頂いている企業様の導入事例を新設し、当社の活用方法を具体的にイメージし易い内容となっております。

導入事例

より一層サービスのイメージができる内容になっておりますね♪

BusinessCallでもお客様のお声や事例などを今後もブログでじゃんじゃか掲載していきますので引き続きご覧いただけますと幸いです!

こういった場合は利用できるのか、こうやって使いたいけどどうすればいいのかなどご不明点があれば是非お気軽にお問い合わせくださいませ!

・電話
 0120-935-372

・メール
 info-bizcall@wiz-g.co.jp

皆さまのご利用、お問い合わせを心よりお待ちしております。

▼本件のお知らせはこちら

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

電話番号を貸し出してくれるサービスとは?電話代行会社について

電話は、ビジネスをする上で重要なコミュニケーションツールです。
企業個人問わず、ビジネスを始める際には、連絡手段として用意する必要があることがほとんどです。
しかし、電話番号を新規で取得するのは相応の手間がかかります。
特に、ビジネスを始める前や始めたばかりの頃は準備や手続きが非常に多く、それと並行して業務も行いますから、少しでも省ける手間があるなら省きたいところです。そんなときに、おすすめなのが、電話番号の貸出サービスです。

電話番号貸出サービスを利用すれば、簡単に固定電話の番号を入手することができるので、ビジネス初期の大きな手間が1つなくなり、他の業務などに時間を割けるでしょう。

今回の記事では、
・固定電話番号取得のメリット
・03/050番号の取得が可能なBusinessCall
・発番までの流れ
をご紹介します。

固定電話番号取得のメリット

最近では、メールやチャットのような文章ツールでやり取りすることが多くなってきたかと思いますが、文章ツールだと何度もやり取りする場合は非常に時間がかかりますし、緊急の要件だと相手方がいつ確認してくれるかわかりませんよね。
電話があれば、そういった懸念が無くなり、スピーディーで確実なコミュニケーションを取ることができます。
そのため、ビジネスの場で電話は、主要な連絡ツールとして、重宝されているのです。

そんな電話の番号がきちんと連絡が取れる電話番号があるかどうかは、ビジネスをする上で、信頼性に直結します。特に、起業直後の方や個人事業主の方は、その信頼性の有無が新規の仕事を受ける際に大きく関わってくるでしょう。

より信頼性の高い電話番号を

最近、固定電話ではなく携帯電話の電話番号を、会社の番号にしている人が多く見受けられますが、あまりおすすめできません。
確かに、携帯電話であればどこにいても連絡を取ることができますし、固定電話に比べれば電話番号の取得は容易です。
ですが、携帯電話は移動中に持ち歩いているもので、「繋がらないのではないか」と、相手に思わせてしまいがちです。
固定電話は、拠点となるオフィスを持って活動している証になります。固定電話だと電話前に常駐している人がいると考えられ、「繋がって当然だ」と考えてもらえるため、電話をかけてもらいやすいでしょう。また、オフィスがあるアピールにもなり、信頼にも繋がります。携帯電話だと移動用に持ち歩いている人が多いため、「仕事中かもしれないから、かけないでおこう」と思われてしまい、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまう恐れがあります。
実際に繋がるか繋がらないかは関係なしに、携帯電話の方が電話番号自体の信頼性が低くなってしまうのです。

携帯電話のみでビジネスをする場合の懸念事項

[拠点のないビジネスだと思われてしまう]
携帯電話を第一の連絡先に設定していると、拠点を据えずにビジネスをしているのではないかと不安に感じられてしまいます。
そのため、新しく仕事を依頼したり、相談などで問い合わせをされたりすることが減ってしまう可能性があります。

胡散臭いビジネスに感じられてしまう

それに、携帯電話の電話番号だとどうしても信頼を得にくいのが現状です。
仮に会社や事務所の所在地を公表していたとしても、連絡先が固定電話の電話番号ではなく携帯電話の電話番号だと、本当にその所在地に会社や事務所があるのか、あったとしてもきちんと運営されて業務も行われているのかなど、疑われてしまう可能性も考えられます。

以上のことから、携帯電話の電話番号を取得するのではなく、固定電話の電話番号を取得するのがおすすめです。

03/050番号の取得が可能なBusinessCall

BusinessCallでは、東京の電話番号の市外局番である03から始まる番号、を取得して貸出することが可能です。また、IP電話番号である050も貸出しております。
もちろん、東京に拠点を構える方だけでなく、地方に拠点を構える方や地方にお住まいの方も取得することができます。

ビジネスの多くは都市部に集中しており、残念ながら電話番号が都市部のものでは無いという理由だけでビジネスチャンスを逃すことがあります。
BusinessCallの電話番号貸出サービスは、東京・大阪と都市部の電話番号の市外局番を取得して貸出すことができるので、貴重なビジネスチャンスを逃すことが無くなりますし、都市部の電話番号であるということだけで信頼性の向上につながります。
また、BusinessCallでは電話番号の取得貸出だけでなく、取得した電話番号で電話代行をすることもできます。

03、050の電話番号を取得したのち、その電話番号でBusinessCallが電話を代行しますので、電話番号の取得から電話の受付までを全てBusinessCallが請負うことになります。
それによって、手間のかかる電話番号の取得から電話の1次対応までを完全にBusinessCallに一任できるため、ご利用者様は電話に関することで手を煩わせることがなくなり、業務に集中することができるようになり、効率化と業績の向上につながります。

発番までの流れ

最初に、弊社のBusinessCallサービスに契約

まずは、ご契約からスタートです。新規申込ページに必要情報を入力していただき、入力したメールアドレスに届く認証メールからお客様専用管理画面にログインしていただきます。

クレジットカードなどでご入金いただき、FAXまたはメールにて本人確認書類をご提出いただきましたら、完了です。

本人確認書類について

【個人の方】運転免許証・運転経歴証明書・各種健康保険証・国民年金手帳・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)

【法人の方】登記事項証明書・印鑑登録証明書

弊社が専用の電話番号を発行

ご契約いただきましたら、専用の電話番号を弊社が発行いたします。
東京表記である03や、IP電話番号である050から始まる番号を提供いたしておりますので、ビジネスとして信頼性の高いお電話番号をお渡ししています。

ぜひBusinessCallで電話代行を

「東京にオフィスがあるように見せられる電話番号が欲しい」「携帯から電話をかけると、あまり出てもらえない…」など、現状の電話番号に不満がある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

また、当サービスは、電話番号を発行するだけでなく、電話代行も行っております。
会社用の電話番号を03もしくは、050で発行し、そちらにかかってきた電話番号を全て対応いたします。起業されたばかりで電話にリソースを割けない方やフリーランスで活動しているためオフィスをつくっていない方など、さまざまな方のお電話を代行します。実際に、の方などにも多くご利用いただいております。

スタッフ一同、お問い合わせをお待ちしております。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

電話代行の賢い選び方

電話代行会社の選び方についてご紹介します。
電話代行・秘書代行会社を探すにあたり、あなたどのように探し出し選ぶでしょうか?
ネット検索から「電話代行」あるいは「秘書代行」と検索し、
無数に表示される電話代行会社、「さてどこの会社を利用すれば良いのか … 悩ましい …」
という方も多いと思います。

まずはあなたの会社に合った電話代行会社を探し選ぶことからスタートしましょう。
それにはまず、あなたの会社が電話代行を利用する目的を箇条書きに書き出してみましょう
例えば、あなたの会社が大手の流通会社だった場合、
その規模に対応できるような大規模コールセンターを構えている電話代行会社でなければなりません。
電話代行会社と言っても、個人事業主〜中小企業に向けてサービスを展開している会社や、
ある程度の規模をもつ大企業に向けてサービスを提供している会社がございます。
業種や会社の規模に合った電話代行会社を選ぶようにしましょう。
さっそく電話代行を利用する目的を書き出してみましょう

電話代行を利用する目的・用途
下記のように電話代行を利用する上で必要になる用途をざっくり箇条書きしていきます

大企業のケース
・大手の流通会社
・24時間応対してもらえる
・多言語対応ができる
・LINE、Slack などのチャット対応
・クレーム対応

中小企業のケース
・ネット商品の電話注文や、疑問・質問の応対
・予約/注文の受付
・セミナーのお問合せ応対など
・信頼できるオペレーター秘書にお願いしたい

個人事業主のケース
・全ての電話応対をアウトソーシングしたい
・専用の固定電話番号が欲しい

その会社の業種や特性に合わせて最も合う電話代行会社を選ぶようにしましょう。

電話代行会社を選ぶ、6つの確認ポイント
1. サービス内容
2. サービス・プランの価格
3. 無料トライアル、返金保障を行っているか?
4. 契約実績や創業年数
5. 会社の取組み、ビジョン
6. 電話代行会社のホームページ

まずはあなたの会社が利用したいサービスをちゃんと提供しているかどうかを確認しましょう。
次にサービスやプランの価格帯などをチェックします。電話代行については、あまり良く分からない?
という方は、良いと思った電話代行会社の無料トライアルやお試し期間を利用するようにしましょう。

信頼のある会社やサービスに自信のある会社は、無料でサービスを利用できる期間を設けていたり、
サービスを利用した最初の1ヶ月間は返金保証制度を設けています。
似たようなサービスや価格でどの会社にしようか迷ってしまう場合は、
電話代行会社のホームページのデザインなども参考にすると良いでしょう。
いくら安さを武器にしていても、いざ利用すると十分なサービスや電話応対をしてくれない
なんていうブラックなケースもあるかもしれません。

電話代行会社を選ぶ際は、「サービス内容」「価格」などに目がいきがちですが、
その電話代行会社がどのようなスタンスでサービスに取組んでいるか、
どのようなビジョンを持ってサービスを提供しているかなども、
ホームページやお客様の声などで確認するようにしましょう。

電話代行を利用する目的
そもそも電話代行を利用する目的は円滑に業務を進めること、事業の効率化
売上を上げるため、経費の削減などが上げられると思います。
是非サービスの質や、本当に信頼できる会社なのかを見極めるようにしましょう。
会社のホームページや、取組みの確認、無料トライアルを利用することで
大体の部分が見えてくると思います。あなたの会社に合った電話代行会社を見つけて下さい。

「出られない電話が多く、チャンスロスをしている」「電話対応に追われていて業務に集中できない」「従業員スタッフを雇うほどの予算がない」とお悩みの方は、ぜひ弊社の電話代行サービス「BusinessCall」を検討してみてください。

https://businesscall.jp/inquiry/new

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

お客様のお声紹介Part.3

みなさんこんにちは!BusinessCallスタッフMです。
本日は久しぶりにBusinessCallをご利用頂いているお客様からのお声を掲載致します!
早速ですが、「どういった方が、どのようにBusinessCallをご利用されているのか?」
をお客様の声とともにお伝え致します。本日はこちらのお客様のご感想です。


決められた時間を執筆にあてると決めており、曜日毎に対応希望時間が異なるのですが、申込の際、簡単に対応時間を選択することができました。執筆に集中したいときには欠かせないサービスです。固定電話の番号を名刺に記載することで、取材先の信用、安心感を得やすくなったと感じています。

BusinessCallは対応時間も月~日の9時~21時より、好きな曜日、時間を選択することができます!
365日稼働しているので、転送サービスと合わせてご利用いただくことで、電話が取れないタイミングだけ依頼頂くことも可能です♪

また、電話代行サービスの中には転送のみしか受け付けていないサービスもありますが、BusinessCallはそんなことございません!
お客様の電話番号からの転送はもちろん、0120番号との紐付けや直接サイト等に表記頂くこともできちゃうんです。

そんな使い勝手のいいBusinessCall。
是非この度に検討してみてはいかがでしょうか。

BusinessCallにまつわるお問い合わせはなんでも

○チャット ※Businesscallサイトのページ下にございます

○お電話(0120-935-372)※全日10:00-19:00

お問い合わせフォーム

にて承りますので、どしどしお声がけくださいませ!

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

レンタルアドレスってどんなサービスは?住所貸しって?

会社を設立したばかりの経営者は、どこに拠点を構えて、営業していこうか悩んでしまいますよね。自分一人で運用している会社や最近流行りのIT起業ではパソコン1台さえあれば、拠点は必要ないと思われるかもしれません。しかし、サイトの運営者情報に住所が載っていない会社は果たして信用されやすいでしょうか?仮の拠点でも住所が書いてある会社のほうが、信用されるのではないでしょうか。

このようなときに便利な、レンタルアドレス。
・レンタルアドレスとはそもそも何なのか
・レンタルアドレスを使うメリット

など詳しくご紹介していきます。

レンタルアドレスとは

起業への間口は広くなったものの、企業のスタートアップにはまだまだ沢山の壁が存在します。そのうちの一つがオフィスの問題です。デジタル化が進み、オフィスはもはや必ずしも必要な存在ではなくなっている一方で、企業としての住所の有無は依然として信頼面に影響を及ぼします。しかしながら、個人事業や少人数で運営する企業が形だけの為にオフィスを借りるというのは、あまりコストパフォーマンスが良くないかもしれません。
このようなケースにおいて大変効果的なのが「レンタルアドレス」なのです。

レンタルアドレスとは住所貸しのこと

レンタルアドレスとは一言でいえば「住所貸し」であり、実店舗として存在するスペースの住所を借りられるサービスのことです。あくまでも借りられるのは「住所」のみであり、実際にオフィス空間を借りられるわけではないということに注意が必要です。

レンタルアドレスとレンタルオフィスの違い

レンタルオフィスとは、デスクや椅子などの事務用品からネット回線までが揃った実際の事務所スペースを借りられるサービスのことです。スタートアップしたばかりの企業が初期費用を抑えて、自宅以外の作業スペースや、来客を迎えるスペースを確保したい場合には便利なサービスです。
レンタルアドレスとのサービス上の違いは、住所だけではなく、事務用品、ネット回線などが揃った作業環境を借りられるという点です。ただし、レンタルアドレスよりも費用がかかりますので、あくまで実際のスペースを借りたいという企業向けのサービスになります。

レンタルアドレスとバーチャルオフィスとの違い

バーチャルオフィスは、「仮想上のオフィス」であり、基本的に実際の作業スペースを借りるようなサービスではありません(オプションで貸会議室のような簡易的なスペースを借りられるような場合はあります)。ではどのようなサービスを提供しているのかというと、住所・電話番号の貸し出し(この番号にかかってきた電話は借主の携帯などに転送されます)、貸し出し住所宛に届いた郵便物の転送といったサービスが主になります。
レンタルアドレスとの違いは、住所以外にも電話番号を借りられる点、郵便の転送サービスがある点です。弊社のレンタルアドレスサービスは、電話代行プランとのセットになっている為、バーチャルオフィスではないものの、かなり充実したサービスになっております。

レンタルアドレスのメリット

では、レンタルアドレス特有のメリットとは何なのでしょうか?

自宅以外の場所に会社の住所を持てる

住所が必要というだけなのであれば、自宅を住所にすれば良いのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、自宅を会社の住所にすることにはいくつかのデメリットがあります。
まずはセキュリティー面です。会社の住所として自宅の住所を世間に公開するのはプライバシー侵害を受けるリスクなども考えると必ずしも安全とは言えません。最大限安心できるプライバシーを確保する為にも、会社の住所を自宅に置くのは避けた方がよいでしょう。
加えて、自宅の住宅タイプによっては法人登記の際に支障が生じる場合もあります。特に賃貸物件にお住いの方は、賃貸契約の際の契約内容によっては登記できない場合があるので注意しなければなりません。
また、他社からの信頼性という面を考えても自宅に会社の住所を置くことはおすすめできません。特に付き合いの浅い会社に与える印象を考えると、見劣りしてしまう可能性がなくはありません。
以上の点から考えて、不要なトラブルを避ける為にも、自宅の住所よりはレンタルアドレスを使用することをおすすめいたします。

会社の住所を一等地に持てる

先ほど、他社からの信頼性について記述しましたが、レンタルアドレスの場合、手軽に一等地の住所を借りることができますので、イメージを重視する起業したばかりの企業には大変有用なサービスです。様々な企業が乱立していく今の世の中では、立ち上がったばかりの企業が信頼面で警戒されてしまうのも仕方のないことです。だからこそ、立地のネームバリューで少しでも第一印象をよくできれば、早い段階でビジネスチャンスを獲得し、競合他社に差をつけられるかもしれません。

費用をおさえることができる

起業に際しては、初期費用を最低限に抑え、積極的に事業にお金を回していきたいところです。
そこで、レンタルアドレスサービスを利用すれば、無理のないスタートアップを迅速に進めることができます。
レンタルオフィスやバーチャルオフィスは機能面が豊富な分、価格も高くなってしまいます。一方でレンタルアドレスは最低限必要なサービスを低価格で利用できるので、起業したばかりの会社には最適なサービスです。
もし、貸し住所やそれに付随する最低限のサービス(電話代行サービスなど)以外にも必要と感じるサービスが出てきたとしても、随時追加していくことで無駄なく環境を改善していくことができます。
初めはシンプルなレンタルアドレスプランから加入して、企業がある程度成長した段階で、必要に応じてその他のサービスに加入してみたり、オプションを加えてみたりするというのもよいかもしれません。

以上が、レンタルアドレスの主なメリットになります。
まとめると以下のようになります。

自宅以外に住所を置くことで、プライバシーの面での安全と他者からの信頼を獲得できる

一等地の住所で第一印象を良いものにできる

初期費用を最低限に抑えることができる

状況に応じてプランをカスタマイズできる

起業直後に最適なBusinesscall

起業したばかりの方、これから起業されるという方におすすめのレンタルアドレスサービスですが、弊社のサービスではそういった方々に最適なプラン・オプションをご用意しております。
先ほど紹介させて頂いた通り、弊社では電話代行サービスのオプションとしてレンタルアドレスサービスを提供しております。スタートアップしたばかりの企業ではスタッフの人員も足りず、打ち合わせの重なる時間帯に電話を取り逃したり、電話が集中する時間帯には全てを取り切れなかったりすることもあります。電話代行サービスとはこのようなビジネスチャンスのロスを防ぐ為には必要不可欠なサービスです。レンタルアドレスサービスと合わせて利用すれば、ゼロから本格的なビジネスの環境を揃えることができます。
起業の中で、着実に、効率的に企業を運営する環境を整え、なおかつ他社に好印象を与えることができる電話代行及びレンタルアドレスサービスのセットプランを導入し、スマートなビジネス展開に臨んではいかがでしょうか。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。