【5つの課題】コールセンターを立ち上げる前に知っておくべきこと

顧客との電話を通したやりとりを管理、実行するのがコールセンターの役割です。積極的に活用することによってビジネスをスムーズに進めながら、顧客の生の声を拾うことができます。

本記事では、
・コールセンターを立ち上げる前に
・コールセンターの立ち上げに必要なこと
・まとめ
について、紹介します。

コールセンターを立ち上げる前に

コールセンターを立ち上げる目的を明確にする

コールセンターを立ち上げる際にまずを付けるべきことは、コールセンターを設置することによって何を実現したいのかという目的を明確化することです。

分業によって生産性を上げたい、より多くの顧客の声を拾うことによって顧客満足度を上げたいなど、コールセンター立ち上げの目的は企業にとって様々ですが、目的の明確化の際にはコールセンターの主な業務である「アウトバウンド」と「インバウンド」のどちらにどれだけ注力したいのかという点から考えていくと良いでしょう。

アウトバウンドとは、自社から顧客に電話をかける仕事です。顧客に一件ずつ電話を掛けていくことで、売り上げアップを図る、営業活動の一つと言えるでしょう。

一方、インバウンドとは、電話を受ける方の仕事であり、商品やサービスの注文、予約から、顧客からのクレームまで迅速に対応し、顧客満足度を上げることが目的です。

アウトバウンドとインバウンドでは導入するシステムが異なり、アウトバウンドでは画面上で番号を選択し、自動で電話をかけるシステムが主に導入されています。一方で、インバウンドでは着信を自動でオペレーターに振り分けるシステムが主に必要となってきます。事前に目的を明確化しておくことで、最適なシステムを導入できるようになります。

自社で構築するか、業務代行するか決める

目的を明確化した後に考えなければならないのが、自社でコールセンターを構築するのか、それとも外部に委託するのかという点です。

自社でコールセンターを設置するとなると、人材や場所の確保など、それなりの時間やコストがかかる為、手軽にコールセンター運営を始めたいという場合には外部委託(アウトソーシング)という形が魅力的であると言えるでしょう。コールセンター運営には人材教育や体制づくりなど、求められるノウハウが多いので、設立から運営まで任せられるアウトソーシングは即戦力として大変有効です。

一方、自社運営にも、顧客と直接コミュニケーションを取れる分、メリットは多くあります。また、運営状況を詳細に把握できたり、運営のノウハウを蓄積できたりする点も大きな魅力です。

コールセンターの立ち上げ方・必要なこと

ここからは自社でコールセンターを設立、運営していくにあたって、どのようなことが必要になってくるかを紹介していきます。

◇コールセンターの拠点の決定
まず、するべきことは、実際にコールセンターを運営する場所の確保です。自社内でスペースを確保できるのであれば、部署間でのコミュニケーションを円滑にする為にも、社内に設置するのがベストでしょう。ただ、そうでない場合は外部に場所を確保する必要があります。
首都圏に設置する場合、メリットは人材を確保しやすいというところです。しかし、人件費や場所代が高くなるというデメリットもあるので注意が必要になります。
一方で、地方に設置する場合には、自治体が助成制度を設けている場合もあり、場所代や人件費は比較的安く抑えることができますが、人材を確保しにくいというデメリットもあります。

コールセンターシステムの導入

ある程度の規模のコールセンターを効率的に運営していくには、専用のシステムを導入することが不可欠になります。具体的にはCTIなどの専用のIT機器によるシステム化です。
これによって、着信状態をモニターで管理するシステムや、電話着信の統計を表示できるシステムを導入すれば、より効率的なオペレーターの管理が可能になります。顧客を待たせないことはそのまま顧客満足度につながりますから、システム化によるスムーズな運営は重要なポイントです。

オペレーター人材の発掘

コールセンターの第一線で働くオペレーターの採用は、その後の応答品質にも大きく影響が出るのでこだわっておきたいポイントの一つでしょう。
オペレーターに最も求められる資質は顧客の様々な要求に対して、柔軟かつ迅速に対応できることです。勿論、商品やサービスの受注に際して、顧客の氏名、住所などの細かい情報を正確に聞き取り、処理するという基本的な能力も必要ですが、それだけではオペレーターは務まりません。顧客からの電話の内容とは実に様々であり、オペレーターは商品やサービスについての詳しい説明を求めるものから、苦情まで柔軟に応対していく必要があるからです。オペレーターの採用にあたっては、それぞれの対応能力を重視して人材を選ぶことをお勧めします。

オペレーターの教育

先に、オペレーターに求められる資質について記述しましたが、自社でいかにオペレーターを教育していくかはそれ以上に大切なことになってきます。
例えば、商品やサービスについての問い合わせを受けた際に、単純に用意された情報を伝えるオペレーターと顧客がどのようなニーズを持っているのかを会話の中で推察し、それに合わせて情報を伝えるオペレーターでは応答品質という面で明白な差があると言えるでしょう。
そしてその差を作るのがオペレーター教育です。商品やサービスについての基本的な情報や、礼儀作法について教えるだけでは、自社にとって真に有益なオペレーターを育成することはできません。企業として顧客のどのようなニーズを満たしたいのか、そのためには顧客にどのようなアプローチをする必要があるのかということをオペレーターにもしっかりと共有し、サポートすることによって実践力のあるオペレーターを育てることができるのです。

コールセンターの運営体制作り

場所や人材についての課題をクリアしたら、今度はコールセンターを組織としてどのように動かしていくのかを考えなければなりません。
運営体制作りはコールセンターの規模が大きいほど、その重要性も大きくなります。規模によってはオペレーターだけでなく、業務の分析や管理を担当するサポート役や、オペレーターを統括するSV(スーパーバイザー)、マネージャーなどの管理職も必要になってきます。
想定するコールセンターの規模に合わせて、運営体制もしっかりと構築しておきましょう。

まとめ

コールセンターの立ち上げにあたっては、まず業務内容や目的を、具体的で明確なものとしておく必要があります。その上で、自社で運営しておくのか、それとも外部に依頼するのかをきめましょう。
もし、自社での設置・運営を決めた場合には
・拠点の確保
・システムの導入
・資質を持った人材の採用
・人材教育
・運営体制作り
という主な5つの課題に対して、どのように取り組んでいくかについて考える必要があります。
いずれにせよ、コールセンターは会社の売り上げにも大きく影響する存在ですから、設置・運営についての判断は、担当者だけではなく会社全体の意思で下していくことをおすすめします。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

カスタマーセンター代行サービスのメリットと比較

商品やサービスを提供する会社では、カスタマーセンターを設置してアフターケアをする会社が多いです。

商品やサービスに不具合があった場合、カスタマーセンターに連絡してもらうことによって、アフターフォローをすることができて信頼につながります。

信頼獲得のために設置したいカスタマーセンターですが、設置するとなると結構な費用が必要です。

そこで選ばれているのが、カスタマーセンターの代行サービスです。文字通り、カスタマーセンターが行っている業務を代行してくれるサービスとなっています。

そこで今回は、

・カスタマーセンターの代行サービスとは
・カスタマーセンターの代行のメリット
・カスタマーセンターの代行のデメリット

を紹介していきます。

カスタマーセンターの代行サービスを検討している会社は、ぜひ参考にしてみてください。

カスタマーセンターの代行サービスとは

そもそもカスタマーセンターとは

まず、カスタマーセンターとはどんな業務を行っているのか紹介していきます。

カスタマーセンターは、顧客からの商品・サービスについてのお問い合わせに対応します。

具体的には、「商品の使い方がわからない」「商品が故障したけど、どうしたらいいの?」などの問い合わせなどに対応するのが一般的です。他にも、住所変更やプラン変更、支払い方法の変更などもカスタマーセンターが対応するケースもあります。

カスタマーセンターは、「コールセンターと何が違うの?」と疑問になる方もいらっしゃるかもしれません。電話で顧客対応するという点では一緒ですが、カスタマーセンターは顧客のサポートに特化しているというのが特徴となっています。

カスタマーセンターの代行サービスについて

カスタマーセンターの代行サービスは、先ほど紹介したカスタマーセンターの業務を代行するサービスのことです。このサービスを利用することにより、カスタマーセンターをアウトソーシングすることができます。自社でカスタマーセンターを設置するのが難しい場合やコスト面などを考慮し、代行サービスを利用してアウトソーシングする会社は増えてきているのです。

カスタマーセンターを自社で行うのは大変

カスタマーセンターの代行サービスを利用する会社が増えている理由は、自社でカスタマーセンターを設置すると大変だからです。自社でカスタマーセンターを設置するとなれば、まずオペレーターなどの人材を集める必要があります。採用すれば、人件費が増えることになって会社としては大きい負担です。

人件費の問題をクリアしても、今度は対応の仕方などを教育する必要があります。教育にも労力や費用がかかるため、会社の負担は大きいです。このように、自社でカスタマーセンターを設置するとなると人材の採用から教育と大変であり、コストもかかります。そこで、カスタマーセンターの代行サービスを利用する会社が増えているのです。

カスタマーセンターの代行のメリット

カスタマーセンターの外注ができる代行サービスを利用することで、様々なメリットがあります。そこでここからは、カスタマーセンターの代行サービスを導入することによるメリットについて詳しく紹介していきます。

コスト削減

カスタマーセンターの代行サービスを導入するメリットは、コスト削減が挙げられます。自社でカスタマーセンターを設置するとなれば、人材を雇う必要があります。そのためには、求人募集の宣伝広告費や雇ってからの人件費が必要です。

また、カスタマーセンターが担っている業務は顧客とつながる重要な役どころであり、教育をしてからでないと任せることはできません。教育には時間がかかり、教育・研修費なども必要となってくるのです。

これらに対し、カスタマーセンターの代行サービスを導入すれば、月額の利用料のみでカスタマーセンターを設置することができます。自社で膨大なコストをかけて設置した場合と比較すれば、代行サービスの利用料の方がコストを抑えることができます。そのため、コスト面で大きなメリットがあるのです。

業務の効率化

業務の効率をアップさせるというメリットもあります。商品やサービスを提供しているのに、カスタマーセンターを設置しなければ会社へのお問い合わせが多くなるのが一般的です。

それらのお問い合わせに対し、社員・スタッフが対応していては業務効率が悪くなります。いつ顧客からのお問い合わせがかかってくるかわからず、作業中ならお問い合わせ対応によって中断しなければならず作業効率が下がるのです。

カスタマーセンターの代行サービスを導入すれば、それらのお問い合わせ対応をする必要がなくなります。これにより、社員・スタッフが作業の中断を避けることができ、作業効率アップにつながるのです。

高いレベルで対応

高いレベルでお問い合わせに対応できることもメリットです。顧客からのお問い合わせなどに対応するカスタマーセンターは、丁寧で適切な対応をすることで好印象を獲得することができます。

その点、代行サービスを導入することで、プロのオペレーターが対応してくれるので安心です。代行サービスのオペレーターは、研修などを経て高いレベルで対応サービスをすることができます。そのため、丁寧で適切な対応をしてくれ、顧客からの好印象をゲットすることにつながるメリットがあるのです。

カスタマーセンターの代行のデメリット

どんなことにもメリットがあれば、デメリットもあるものです。これはカスタマーセンターの代行サービスでも同じことで、導入することによるデメリットも存在します。そのため、導入前にメリット・デメリットを比較して、どちらの影響が大きいのかを検討するべきです。そこでここからは、カスタマーセンターの代行サービスを導入するデメリットを紹介していきます。

トラブルに発展することも

カスタマーセンターの代行サービスを導入することによるデメリットは、きめ細かな対応ができずトラブルに発展するケースがあることです。代行サービスを利用した場合、お問い合わせに対応するのが自社の社員・スタッフではなくなります。その結果、細かい部分までの対応が難しいです。

話の行き違いや伝達トラブルなどのリスクが高まるという点で、カスタマーセンターの代行サービスの導入にはデメリットがあります。このリスクを抑えるためには、導入時点で代行サービスを提供している会社と打ち合わせをしておくのがおすすめです。

意外と割高になることも

デメリットというよりも注意点に近いのですが、割高になってしまうケースもあるので注意してください。基本的に、カスタマーセンターの代行サービスを導入することで、自社でカスタマーセンターを設置するよりもコストを削減することが期待できます。しかし、選択するコースなどによっては、想像していたよりも割高になってしまうというケースもあるのです。

カスタマーセンターの代行サービスでは、月額のコースが用意されていることが多いです。コース内容によっては、「○○コールまで対応。それ以上は追加料金」などということがあります。○○コールの本数がコースによって違うことが多いのですが、コースの選択ミスをすると追加料金がとても高いということもあるのです。そのため、カスタマーセンターの代行サービスでは、コース選択にも注意するのがおすすめとなっています。

まとめ

今回は、カスタマーセンターの代行サービスについて紹介してきました。自社でカスタマーセンターを設置するのは大変であり、コスト面でも大きな負担になります。そのため、代行サービスを利用するのがおすすめです。

弊社のBusiness Callでも、カスタマーセンターの代行サービスを承っています。電話代行サービスにプラスして、FAQ対応や受注受付対応などのオプションもあり、カスタマーセンターの代行としても活用することが可能です。ぜひ、Business Callを検討してみてください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

自社?外注?|インハウス型コールセンターのメリット・デメリット

コールセンターの設置を検討する場合、まず考えるのが、インハウス型で立ち上がるのか、それともアウトソーシング型で外注して委託してしまうのかです。

どちらのタイプにも、特徴があってメリット・デメリットがあります。

今回は、その中でも自社でコールセンターを運用するインハウス型をメインに紹介していきます。

・インハウスでコールセンターを運用するメリット・デメリット
・インハウスでコールセンターを運営する費用
・アウトソーシング/BPOという手も
・まとめ

自社でコールセンターを運用するメリット・デメリットや費用について解説していくので参考にしてみてください。

インハウス(自社)でコールセンターを運用するメリット・デメリット

自社でコールセンターを運用するインハウス型には、メリット・デメリットのどちらもあります。どちらか一方ではなく、両方を把握した上で自社によるコールセンターを運用していくべきなのか検討するべきです。そこでここからは、インハウス型のコールセンターを運用するメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

メリット

・顧客の満足度アップにつなげやすい
自社でコールセンターを運用するインハウス型のメリットは、顧客の満足度アップにつながりやすいことが挙げられます。インハウス型なら、自社のスタッフがオペレーターです。そのため、自社のことや自社の商品のことを理解しており、わかりやすい説明や対応ができて顧客の満足度向上につながるのです。

また、顧客の生の声を聞くことができます。生の声を聞くことによって、顧客のニーズを正確に把握することができます。ニーズにマッチした商品・サービスが提供できれば、顧客満足度アップにつながるのです。

情報の管理を徹底できる

インハウス型では、情報の管理を徹底できるというメリットもあります。自社が運営するため、自社のスタッフしか情報を扱わないので管理がしやすいです。アウトソーシングでは、情報が外注先にも集まってしまい、管理の面で不安が残ります。

もちろん、外注先も秘密保持や情報管理、セキュリティ対策を行っているため、あまり心配する必要はありません。それでも、情報の管理という面では、インハウス型が優れていると言えるでしょう。

デメリット

・コスト面で膨大な費用がかかる
自社でコールセンターを運用するデメリットは、コスト面で膨大な費用がかかることが挙げられます。自社でコールセンターを運用するとなれば、設備や人材が必要です。資金的に余裕がない場合には、どうしても自社で運用するのは難しいのが現実です。

立ち上げるために時間がかかる

自前でコールセンター立ち上げるとなると、とても時間がかかるのもデメリットの1つです。人材を採用できてコールセンタースタッフが集まっても、すぐにオペレーター業務ができるわけではありません。

オペレーター業務は、顧客と直に接する重要な役割を担っています。それだけに、教育や研修で対応の仕方を修得してからでなければ、実践投入することができません。オペレーター業務が未経験な場合、教育や研修に時間が必要でコールセンターを立ち上げるまでには時間がかかるのです。

インハウスでコールセンターを運営する費用

インハウス型のコールセンターを運営する前に、しっかりと把握しておきたいのが運営するための費用です。どんな費用が必要になるのか知っておかなければ、いざ運営をスタートさせた時に「こんな費用が必要なの?」と後悔してしまうかもしれません。そこでここからは、インハウス型のコールセンターを運営するために必要な費用を紹介していきます。

インハウス型コールセンターの運営で必要な費用

・電話回線の設置とシステムの導入
自社でコールセンターを運営する場合、まずは初期費用として電話回線の設置とシステムの導入が必要になります。コールセンターの場合、CTIシステムを導入することが多いです。導入する席数などにより、初期費用は大きく変わっていきます。また、システムにはカスタマイズサービスなどもあり、自社に最適化することができますが、カスタマイズ費用も必要になります。

システムの費用と保守メンテナンス

ランニングコストとしては、システムの費用と保守メンテナンスの費用が必要です。ランニングコストについても、席数やシステムによって変わります。コールセンターを自社で運営する場合、ランニングコストもかかることも計算に入れておきましょう。

人件費(オペレーションスタッフ)

自社でコールセンターを運用するなら、オペレーションスタッフの人件費が必要です。コールセンターを運営する費用の中でも、人件費が占める割合はとても高くなっています。何人体制でオペレーター業務を行うのかにもよりますが、人件費は高めに見積もっておくべきでしょう。

教育費と研修費

コールセンターのオペレーションスタッフは、雇えば終わりではありません。雇ってから実践投入するまでには、教育・研修が必要です。もちろん、その費用も会社は負担するため、コールセンターの運営費用として考えておくべきです。

費用面を考えればアウトソーシングがおすすめ

費用面を考えれば、アウトソーシングという選択肢もありです。コールセンターをアウトソーシングしてしまえば、初期費用(導入費用)を大幅にカットすることができます。また、オペレーションスタッフを雇う必要がなくなり、教育費・研修費も必要ありません。

コールセンター業務を外注した場合、初期費用と月額基本料金がかかります。月額基本料金は、月額固定型もしくは従量課金型のどちらかを採用しているのが一般的です。いずれにしても、自社でコールセンターを運営するよりも、アウトソーシングによる初期費用と月額基本料金の方が大幅にコスト面では優れています。

アウトソーシング/BPOという手も

コールセンターを自社で運営するのではなく、アウトソーシングやBPOを利用するという手もあります。BPOとは、企業の運営上の業務などを専門の企業に外部委託することを指します。コールセンターを外注してしまうメリットは、コスト面だけではないのです。そこでここからは、コールセンターをアウトソーシングするメリットについて紹介していきます。

効率よくコールセンターを構築できる

コールセンターを外注するメリットは、効率よくコールセンターを構築できることが挙げられます。自社でコールセンターを構築するとなれば、システムの導入やオペレーターの育成が必要です。システムの導入や育成には時間が必要で、自社でコールセンターを構築するには時間がかかります。

しかし、外注してしまえば、システムの導入は必要ありません。オペレーターについても、外注先のプロが対応するので育成も不要です。そのため、とても効率よくスムーズにコールセンターを構築することができるのです。

繁忙期と閑散期での対応も簡単

コールセンターをアウトソーシングすることで、繁忙期と閑散期での対応がしやすいというのもメリットです。商品やサービスによっては、繁忙期と閑散期があります。繁忙期の方がコールセンターも稼働率が高く、閑散期はあまりお問い合わせがありません。

しかし、自社で運営する場合には、人材を雇っているため対応が難しいです。閑散期では余剰人員になりやすく、無駄が生じてしまいかねません。その点、コールセンターを外注してしまえば、繁忙期と閑散期でコースを変更することができて最適なコースで利用することができます。余剰人員や人員不足などの心配がなく、確実な対応をすることができるのがメリットです。

まとめ

今回は、インハウス型のコールセンターを運営するメリット・デメリットとアウトソーシングするのも選択肢の1つということを紹介してきました。自社でコールセンターを運営するには、メリットだけでなくデメリットもあります。

とくに、コスト面でのデメリットは大きく、アウトソーシングでコールセンターを構築するのも1つの手です。コールセンターを外注することで、効率的な構築ができるメリットもあります。コールセンターの構築を検討する際には、アウトソーシングも選択肢に加えておくのがおすすめです。

また、弊社 Business Callでも、コールセンターの業務を担うことが可能です。対応時間は自由にカスタマイズでき、FAQ対応や受注受付対応などもオプションで利用できます。コールセンターの外注先として、ぜひBusiness Callを検討してみてください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

コールセンター代行サービスの選び方|自社に合った電話代行会社を比較するポイント

「電話対応に手がまわせるほど、人は余っていない…」
「電話対応を外注したいけど、どの会社のどのプランが自社に合っているかわからない」
などとお悩みの方は多いです。

コールセンター代行サービスの業者は多くありますが、どのように選ぶのが良いでしょうか

この記事では、
・コールセンターの代行サービスの選び方
・コールセンターの代行会社を選ぶ際のポイント
をご紹介していきます。

コールセンターの代行サービスの選び方

コールセンター代行サービスとは

コールセンター代行サービスとは、商品やサービスの受注、問合せ、予約の受付から、カスタマーサポート、キャンペーンや資料請求への対応まで、顧客を相手とした幅広い電話業務を代行する電話代行サービスのことです。

具体的にどのようなサービスまで代行してもらうかはそれぞれの会社によって異なり、要望に合わせて、対応内容は細かくカスタマイズすることができます。

コールセンターサービスの利用シーン、使い方

コールセンター代行サービスの最大の魅力は、幅広い時間帯で、十分な数のスタッフによってコールセンター運営を代行してもらうことで、お客様からのお問い合わせに対する質の高い受け答えを実現できるという点です。

商品、サービスの案内、クレーム対応などコールセンターの業務には常に質の高い受け答えが求められます。

しかし、電話対応のために研修や社員教育を行ったり、新しくスタッフを採用できなかったりするのには、労力や経費がかかります。

そんな時に役に立つのが、電話業務のプロによるコールセンター代行サービスなのです。

コールセンター代行サービスを利用すれば、研修や採用のための時間的・金銭的コストを省き、効率よくビジネスを発展させていくことができます。

顧客の自社へのイメージを考えるなら、大変有用なサービスであると言えるでしょう。

コールセンターはどう選べば良い?

コールセンターの選び方は、希望の利用方法、業務委託範囲、価格によって異なってきます。

利用方法とは、どれだけの時間を代行してもらうプランに加入するかということです。

限られた時間だけ代行を頼んだり、 年中無休での代行を頼んだりと利用方法は様々です。会社の規模や事業形態を考慮してベストな利用方法を模索しましょう。

業務委託範囲とは、具体的にどのような業務まで委託したいのかということです。

商品の受注だけを依頼したいのか、それともカスタマーサポートまで依頼したいのか、というように利用のイメージを具体化させてから検討するようにしましょう。

自社に合った利用方法、業務委託範囲が定まったら、あとは予算内の価格でそれを実現できるプランを比較検討し、選ぶだけです。

コールセンターの代行会社を選ぶ際のポイント

それでは具体的にどのようなポイントに注意して代行会社を選べばよいのか見ていきましょう。

応答品質

コールセンターにかかってくる電話への対応は、顧客と直接コミュニケーションを取れる貴重な機会でもあり、電話応答の品質は顧客の自社へのイメージに直結するものになります。

そのため、代行会社を選ぶ上で応答品質は最も重視すべきポイントです。

顧客を待たせないだけの十分な人数のスタッフが揃っているのかということから、スタッフの研修や教育に力を入れているか、どのような人材にこだわって採用しているのかというところまで、応答品質を量る為の材料は意外にも豊富にあります。

利用者の口コミなども応答品質への客観的な評価を知る上で参考になるはずです。

対応時間

自社の希望する時間帯に電話代行を頼めるかどうかも、代行会社を選ぶ際に考えなければならないポイントの一つです。

平日の昼間だけでなく、夜や土日祝日にも対応可能なのかという点が基本的な判断基準になってきますが、24時間年中無休での対応を依頼するとなると料金が多少高くなるので注意が必要です。

自社の業務形態を考慮して、必要な時間だけ代行を依頼するようにしましょう。

サービス内容

委託したい業務を代行してもらえるのかどうかも重要なポイントです。一口にコールセンター業務といっても、その内容は様々なので、代行を依頼する際にはどのような業務を依頼したいのかということを明確化した上で、それに対応してもらえる会社を探し、選ぶ必要があります。

基本的には、商品やサービスについての問い合わせへの対応や受注、予約受付などがあります。

多くの業務やより複雑な業務をするとより費用がかかるように料金が設定されていることが多いです。

また、業務の複雑さや専門性によっては、通常用意されているプラン以上に値段がかかることもあるので、料金の見積もりは代行会社に問い合わせた上で行うとよいでしょう。

価格

コールセンター代行サービスを含めた電話代行サービスの料金は基本的に、「対応(受付)時間」「着信コール数」によって決まります。

対応時間とは電話代行をしてもらう時間のことです。プランごとに対応してもらえる時間帯が異なり、長い時間、多くの日数を対応してもらうほど価格は高くつきます。

着信コール数とは電話代行をしてもらっている間にかかってきた電話の本数のことです。

多くのプランで、「月~本までは定額の○○円で、それをこえると一本ごとに××円が追加でかかる」という価格設定になっており、プランごとに上限の本数や追加でかかる料金が変わってきます。

プランの基本料金が高いほど、月の上限の本数が多く、追加でかかる料金は安くなるように設定されることが多いので、価格を見積る際には、月何本の着信があるかを実際に数えるなどして具体的に見積れるようにしましょう。

着信本数を少なく見積もりすぎると、基本料金の安いプランを選んでも追加料金が多くかかり結果的に損してしまうことがあります。

また、多く見積りすぎて基本料金の高いプランを選んでも、損してしまうことがあるので注意しましょう。

自社の希望を明確化した上で、各電話代行会社の提供する料金プランを比較検討することが大切です。

オプション

電話代行サービスを提供している企業の中にはその企業固有のサービスをオプションとして提供していることがあります。

これらを一概に比較することは難しくても、最終的な選択に迷った時に、決め手になる可能性もあるので、頭の片隅に入れておきましょう。

まとめ

コールセンター代行サービスの利用を検討する際には、まず、
・月に何本の着信があるのか
・どの時間帯、曜日を代行してもらいたいのか
・具体的にどのような業務まで代行してもらいたいのか
という点を明確化する必要があります。

その上で、各企業のサービスやプランを値段や応答品質、オプションなどを軸に比較検討してベストなものを選ぶとよいでしょう。

もし、サービスについてなにか不明な点があったらためらわずに会社へ問い合わせてみてください。

時間をかけて情報を収集すれば、自社にとって最適な代行会社・プランがみつかるはずです。

BusinessCallは、電話対応の応答の質に自信のある電話代行業者です。

公的機関の電話代行を行ってきた経験もあるぐらいですので、オペレーターの質ならご安心ください。

その他、土日も対応可能ですし、時間も9:00~21:00の幅広い時間内で、対応時間をお選びいただけます。

BusinessCallはお問い合わせ内容、お名前、電話番号をお伺いし折り返しをご案内するサービスとなっております。

それ以上の対応に関してはお客様のご希望にそった形で、カスタマイズしてご利用いただける環境も整えておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

電話代行におけるEC(通販)事業者様のご利用法とは

EC、通販の電話代行とは?

通信販売を起業した場合、常に電話に応対できる様、電話受付のオペレーターが必要になります。通信販売の場合、電話受付の応対が注文を受け付ける受注の大事なお客様との接点となりますので、オペレーターの技量が売り上げに直接影響します。電話対応をする社員を自社で育成する方法もありますが、教育期間や人件費を考えると、効率的な方法とは言えません。
通信販売を起業する場合は、電話代行サービスの利用が大変おススメです。電話代行サービスは、通信販売に必要な電話応対をするだけでなく、必要事項を記録して報告してくれる為、コールセンターとして機能し、クレーム対応も任せる事ができます。
また、契約内容により、決まった内容の受け答えだけでなく、業務マニュアルに基づいて商品説明も行います。同じ部屋に電話受付のオペレーターが居るような感覚で、一歩踏み込んだサービスを受ける事が出来るようになります。
商品についての細かい製品説明や特徴も事前に業務マニュアルに整理しておけば、丁寧にお客様に説明しますので、通信販売を起業したばかりでも、安心して電話受付応対の代行を依頼することができます。
雇用したばかりの電話応対に慣れていない社員よりも、電話応対に慣れたプロのオペレーターが、電話代行を行いますので、受注チャンスを逃さず、売上高に貢献することが可能となります。

EC、通販の電話代行を依頼するメリット

電話代行を依頼する一番のポイントは、経費削減です。個人事業主の方や会社立ち上げ当初では、経費を抑えることがとても重要です。電話代行を利用することで、そのコストを大きく抑えることができます。そのほかにも電話代行には、多くのメリットがあります。
大切な電話がかかってきたのに留守番電話につながってしまい、仕事を取り逃がしてしまう。また、新しいお客様からの電話を携帯電話に転送していて不安感を与えてしまう。このような状況では、信頼を得ることが難しくなり、大事なお客様を逃がしてしまう可能性があります。当社BusinessCallでは、留守番電話につながるのではなくオペレーターが対応するため、大切な仕事の電話を逃すことはありません。さらに教育を受けたオペレーターが電話応対することで企業としての安心と信頼を得ることができます。
また、電話はいつかかってくるか予想がつきません。そのため、業務に集中して取り組まなければいけない状況なのに電話がかかってきたことで、それを一時ストップすることになります。それでは、とても効率が悪く、業務に支障をきたす恐れがあります。BusinessCallでは、すべての電話をオペレーターが電話応対するので、業務に集中して取り組むことができます。また、伝言の報告方法を通常時はメールで、急ぎや緊急時には電話というように選べるので、業務に集中しながらも、大切な電話に効率よく対応することができます。

導入事例

アパレルEC企業様

通販事業を展開しておりますが、一時発注ミスがあり発送が遅れてしまい、多数のお客様よりお問合せを頂くという事象がございました。その際に、かかってきたお客様の情報を伺い、その場で調べて対応していたのですが、問合せが殺到していたため取りこぼしてしまう電話も多くございました。取りこぼしをなくしたい、どうにかならないものかと思っていたところでBusinessCallを発見しました。BusinessCallを依頼してからは、取りこぼしが減り、予めお客様の情報をヒアリングしてくれるので、事前にお客様情報を確認したうえで折り返しができるという利点もあり、とても助かりました。

サプリメントEC企業様

これまで他社様にコールセンターの依頼を行っておりましたが、毎月相当数の解約が発生しながらも、解約の申し出に対する理由のヒアリングや、引き留めがなく、ただ解約受付処理を行なうのみという状況でした。貴社にご依頼し、まずはヒアリングを徹底していただいた上で、分析を行い、理由別の阻止チャレンジスクリプトを構築していただくことで、LTVを伸ばすことに成功しております。

サプリメントEC企業様

新聞広告掲載での受注において、お客様からのご注文のお電話が繋がらない状況が発生しており、逸失売上の防止を行いたいと考えていました。スナッチ対応や折り返し対応システムを駆使し、ご注文を逃さない運営体制を提案していただいたり、スクリプトの改善を行っていただくなど、常に当社の売上利益と、お客様満足の両軸の視点を持っていただけていることが心強いです。

EC、通販サイトの電話代行ならBusinessCall

BusinessCallは、電話応対の質が特に高く評価されています。それは、大手企業のコールセンター業務だけではなく、公的機関のコールセンター代行の実績もあるからです。オペレーターの質を保持するための教育体制や環境を整え、情報漏洩にも徹底管理しているため、安心してご利用していただけます。
その証として、プライバシーマークの取得や日本コールセンター協会への加盟実績があり、多くの利用者様より信頼していただいています。
BusinessCallのコールセンター代行サービスは、1日単位だけではなく時間単位でも利用できるため、1日のうちの数時間の契約も可能です。例えば、お昼休みの数時間だけの利用でオフィスを無人化にできたり、忙しい時間帯だけ依頼して業務効率を上げたりなど、さまざまな利用方法に対応できるプランを用意しています。
時間単位の利用の場合は、1日単位の利用よりも料金が安いため、無駄のない費用で必要な分だけサービスを利用できるシステムになっています。特に、起業家やフリーランスの方からは、時間帯に特化した利用の要望が多く、BusinessCallのコールセンター代行の時間特化型のプランが喜ばれています。
BusinessCallでは、クラウドを活用したマルチデバイス対応の専用管理画面を設置しているため、問い合わせ状況や内容などを社内の人とリアルタイムで共有できます。
スマートフォンやパソコンなどのデバイスから素早く管理画面を開き、受電内容を確認して折り返しの必要性などを取捨選択することができ、スピーディーで正確な対応を実現できます。
それによって、お客様からの信頼度が上がり、ビジネスチャンスを掴むきっかけになるといっても過言ではありません。
スピードが求められる時代だからこそ、便利なツールを使った対応のスムーズ化が理想的です。マルチデバイス対応の専用管理画面を共有することで簡単に電話対応のスムーズ化が測れるため、社員一人ずつの負担を増やすことなく、業務や電話対応の効率アップへとつなげていけます。
なお、業務マニュアルに沿ったオプション対応については、別途ご相談頂けますと幸いでございます。コールセンターの外注をご検討中に方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

BusinessCall のラグジュアリープランとは?

最近は働き方改革に対する、企業様の体制変更に伴い、電話代行というサービスを利用される企業様も増加傾向にあります。
電話応対に関して、BusinessCallなどの電話代行サービスを活用することで、電話応対に関わる時間の削減やコストの削減、品質の向上に繋がることは前回以前の記事で述べている通り、皆さまもより感覚をつかんでいただいてることかと思います。
そこで今回の記事では、以下の流れでBusinessCallのラグジュアリープランについて、深堀りし、より一層BusinessCallを知っていただきたいと思います。

・BusinessCall のラグジュアリープランとは?
・ラグジュアリープランがおすすめの⽅
・ラグジュアリープランの⼝コミ・評判

BusinessCall のラグジュアリープランとは?

サービス内容

シンプルな一次受けの電話代行

BusinessCallはいわゆる「電話代行」「秘書代行」と言われる代行サービスとなっております。
当社のオペレーターがご利用者様に代わり電話対応をさせていただき、お伺いした内容をご利用者様へ共有させていただくといったシンプルなサービスになっております。
ちなみにお伺いする内容は以下になっております。

・氏名
・電話番号
・お問い合わせ内容

また、後述致しますがQ&Aのオプションをご利用いただくことで、お客様からの特定の質問に対してオペレーターにて回答させていただくことも可能です。
(こちらから住所など、任意の質問をさせていただくことはできかねますのでご了承くださいませ。)

先述したとおり、至ってシンプルなサービスになっておりますが、利用方法は無限大!、、とまではいきませんが、多種多様です。

対応時間

ラグジュアリープランの対応時間は以下になっております。

・稼働日:365日OK
・時間:9時~21時の間で最大9時間

スタンダードプラン同様、ラグジュアリープランで対応できる稼働日は365日となっており、土日祝日やはたまた年末年始、GWといった休日もご利用いただけます。

また、時間に関しては、例えば全日9時~18時、土日のみ12時~21時、全日9時~12時+15時~21時といった具合に、ニーズに合わせた時間配分が可能です。

専用の管理画面をご用意

BusinessCallではお客様ごとに専用の管理画面をご用意しております。
管理画面内で問合せ内容の一覧をご覧いただけるだけではなく、対応完了のフラグ立てをすることができるので、ご利用者様側での対応忘れを防ぐことが可能です!

また、オペレーターによる問合せ登録時に、ご登録いただいているメールアドレスへ、通知が飛ぶ仕組みになっております。
このアドレスを複数担当者様へ転送設定がされているグループメールアドレスなどに設定頂くことで、複数の担当者様へ通知をお出しすることが可能です。
もちろん、管理画面は複数のデバイスから同時にログイン頂くことが可能ですのでご安心くださいませ。

お客様のニーズを取り入れたシンプルなオプション

BussinessCallサービスではご利用頂けるお客様にも分かりやすく、シンプルなオプションをご用意しております。

オプションはご利用中のお客様からのご意見を反映させ、以下のものをご用意しております。
・オリジナル時間外ガイダンス
・Q&A対応

どちらも月額1,000円にてご提供しております。
それではオプションの詳細を以下にて見て行きましょう!

オリジナル時間外ガイダンス

“ お電話ありがとうございます。只今営業時間外の為、時間内におかけ直し頂くようお願い致します。 ” というガイダンスがデフォルトで設定されておりますが、「サービスの名称をガイダンスに入れたい」「具体的な営業時間をガイダンスに入れたい」「ガイダンスで折り返しが翌営業日になる旨を入れたい」といったお声から生まれたのが当オプションとなります。
シンプルな対応内容だからこそ、ガイダンスへオリジナルの文言を追加することで、場合によってはサービスの補完ができる内容となっております。

ガイダンスを流すことによる”しっかりと設定している感”を出すことももちろん可能です。

FAQ対応

「同じお問い合わせが何件も来ているが対応出来ないのか」といったお声に対応するべく生まれたのが当オプションとなります。
本来であれば、BusinessCallというサービスの性質上、特定の利用者様だけ特別な対応を追加するといったことをすると、オペレーション上のシンプルさが破綻し、どうしてもミスが出てしまうといった理由からカスタマイズ(見積)プランにてご提案をしておりました。
しかしオペレーションシステムの改修により、実現が可能になりましたので、ご希望の方のみに提供を開始させて頂きました。

例えば「住所を教えてください」という質問に対して、事前にオプション登録をいただくことで、折り返しを案内することなくオペレーターにて回答することが可能になります。

ご利用されてからお問い合わせが多い内容が偏って見られる場合は、オプション登録を検討されてもいいかもしれません。

料金体系

ラグジュアリープランの料金体系は以下のようになっております。
・BusinessCall(ラグジュアリープラン)
・月額費用:10,000円(税抜)※対応件数上限:100件/月
・超過金額:130円/件

月100 件月までなら1 万円で対応可能なので、1件あたり100円で対応を外注することができるのです!
より正確にスキームが整っているからこそ低価格でのご提供ができるようになっております。
安いと適当な対応をされないか不安?
そんなことありません。しっかりと研修をしたプロのオペレーターが対応しておりますのでご安心くださいませ。
多種多様の複数の企業様へご利用いただけていることが何より証拠です。

スタンダードプランとの違い

お気づきの方も多いかもしれませんが、スタンダードプランとは大きく「対応時間」と「費用」と「選択できる番号」が異なっております。
スタンダードプランが9時~21時の間で最大7時間の設定に対し、ラグジュアリープランは最大9時間設定することが可能です。
更に、スタンダードプランが125円/件に対し、ラグジュアリープランは100円/件となっております。

更に更に、どちらのプランも共通して出せる番号として03から始まる番号をご用意しておりますが、ラグジュアリープランのみ050番号をご用意することが可能になっております。

また、レンタルアドレスが選択できることもラグジュアリープランの利点となっております。

上記の違いによるおすすめポイントの違いは後述致します。

ラグジュアリープランがおすすめの方

先述でスタンダードプランとの違いを載せましたが、ではどういった方にラグジュアリープランがおすすめなのかを解説いたしましょう。

対応時間によるおすすめポイント

先日9時間選択できることで、就業時間9時間といった世間一般の認識に合わせることが可能になります。
スタンダードの7時間だとどうしても短い、、といった方へはおすすめになっております。

費用によるおすすめポイント

月の対応件数が82件以上想定される場合、ラグジュアリープランの方がお得になります。
またそれ以上の超過費用もラグジュアリープランの方がお安く設定されておりますので、是非ご検討くださいませ。

電話番号によるおすすめポイント

どちらのプランも共通して03番号のご提供可能になっております。
この03番号を転送先に設定いただく、フリーダイヤルやナビダイヤルと紐づけていただく、直接Webなどに表記いただくといった具合に、当社で電話を取る為にさまざまな方法をとることができます。
しかし、自社で電話番号を取得していない、かつ東京が所在地ではない!といった場合、Webなどに03番号を表記することに抵抗がある方もいらっしゃるかと思います。

そんな時、ラグジュアリープランでは050番号の発番ができます!
050番号であれば全世界で使用できる番号になりますので、不自然なくWebに表記することができるというわけです。

ラグジュアリープランの⼝コミ・評判

チャンスを防ぎ、業績アップ(保険代理業 男性)

日中、商談や移動中などによる電話の取り逃しが少なからずありました。BusinessCallを利用することで、対応できていなかったお電話1本1本を、確実に後追いすることができるようになりました。管理画面上で要件まで確認できるので、お電話を折り返す順番をこちらで判断できるのも大変便利です。

企業直後に活用すべき(会社経営 男性)

今から1年前に独立開業致しました。開業当初に面食らったのが、業務に関係ない営業電話が非常に多いこと。BusinessCallを申し込んでからは、スキマ時間に管理画面上で受電内容を確認することで、本業に集中する環境をつくることができました。スタートアップの方にとって、電話代行は非常に有用なサービスだと思います。

管理画面をシェアして活用(大手企業管理職 男性)

管理画面をチームでシェアさせています。チームごとで対応済み/未対応のステータスを確認できる為、電話対抗に関わる時間の削減・効率化が可能となりました。チームや部署内の電話対応、顧客管理を行うのにBusinessCallは非常に有用なツールだと思います。

電話代行サービスならBusinessCall

弊社ではプランのご相談やご質問なども承っております。ぜひとも、お気軽にご相談やご質問をしていただければと思います。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

BusinessCallのスタンダートプランとは?

電報、はがき、手紙、電話と古くから様々なコミュニケーション手段がありますが、昔から今も変わらず、電話は現代でも主役級のコミュニケーションツールであることは変わりません。

時代も移り変わり、一家に一台から一人一台と今や個人で電話番号を所有することが当たり前の時代となりました。ビジネスでは電話番号を所有しているという信頼性、連絡手段として最低限、用意する必要があることがほとんどです。

また、「電話加入権」と聞いて懐かしく思われる方は多いのではないでしょうか。
ひと昔前では「電話加入権」がないと電話番号を所有することはできませんでした。
当時は普及のためのインフラ整備のための資金のために使われていましたが、設置負担金も非常に高額で敷居が高い時代もありました。

BusinessCallサービスを利用すれば、簡単に固定電話の番号を借りることができるので、ビジネススタート時の大きな手間がなくなり、スピーディーな起業を行うことも可能になります。

また、「スタンダード」とは、一般的に「標準」といった意味ですが、音楽に置き換えますと広く親しまれ、世に知られた曲、スタンダードナンバーとして「定番」と称されている。
いわば、電話代行サービスの「定番メニュー」と言えるでしょう。

今回の記事では、BusinessCallのスタンダードプランの

・サービス内容
・料金体系
・ラグジュアリープランとの違い

をご紹介しましょう。

サービス内容

シンプルな一次受けの電話代行

ひとことで言いますと、家事代行ならぬ、電話代行です。
様々なコミュニケーションツールに溢れる現在も電話はトップクラスのツールです。
常にビジネスシーンの場では安心、確実に伝達できる連絡手段として重宝されているのです。

お客様やエンドユーザーなどのコンタクトに対応し、入電者からの要望に応じて、
折り返しの対応を行います。もちろん、入電者の要望は様々ですから、営業電話、間違い電話、折り返し不要の場合など様々なシーンがありますが、重要なポイントは入電者の意向を大事にする点です。能動的な対応ではなく、受動的な対応を大事にしています。

礎となるのは、応対品質。プライバシーマークの取得や日本コールセンター協会への加盟実績など多くの利用者様より信頼いただいています。教育体制や環境を整え、情報漏洩にも徹底管理しているため、安心してご利用ください。

また、オンライン上から24時間いつでも簡単にサービスのお申込みいただけます。

信頼性

BusinessCallで貸し出す専用の電話番号は固定電話の番号を発行します。
東京表記である03や、IP電話番号である050から始まる番号をご提供いたしておりますので、ビジネスとして信頼性の高いお電話番号をお渡ししています。

固定電話の番号は「拠点オフィスの存在を表す証」となります。
法人の拠点として繋がることは、ごく自然なことであり、当たり前のことです。
そんな当たり前なことですが、非常に大事なことだと考えています。

いまやメールもトップクラスのツールですが、やり取りなどリアルタイム制に欠ける部分があります。しっかりと連絡が取れる電話番号がある安心感、信頼性はビジネス(Business)では大事な要素です。その信頼性の有無が新規の仕事をいただける際に大きく左右されます。

携帯電話の普及にともない、拠点の番号にしている人も多い印象ですが、利便性のイメージが先行し、ライトなイメージもあります。比べて、固定番号は「地に足をつける」といったどっしりと構えた安定感のあるイメージが先行するのが実情です。
これが、固定電話の電話番号を取得のメリットの1つです。

対応時間

スタンダードプランで対応できる稼働日は全日となり、土日祝日といった休日の稼働可能です。休日対応の土日だけを、弊社のサービスをご利用されるお客様もいらっしゃいます。

時間帯は9:00〜21:00の範囲があり、 1時間単位で利用する時間帯をご選択の上、最大7時間の稼働可能です。様々なお客様のニーズにお応えが可能となっております。
深夜はお選びいただけませんが、ビジネスタイムの時間帯を見据え、大切なお電話をキャッチする体制は整えております。

また、稼働日や利用時間帯に関しましては、いつでも変更が可能です。お気軽にお問い合わせください。

マルチデバイス対応の専用管理画面

クラウドを活用したマルチデバイス対応の専用管理画面を用意。入電後の問い合わせ状況や内容、折り返しの可否などを社内外のメンバーとリアルタイムに共有可能。
スマートフォンやパソコンなどのデバイスから容易にアクセスし、問い合わせ内容に応じてフレキシブルかつスピーディーな対応を実現します。迅速な対応、レスポンスは信頼向上、ビジネスチャンスを掴むキッカケにもつながります。

また、BusinessCallの専用管理画面をチームで共有することで、電話対応を一元管理するグループウェアとして活用いただけます。チーム全員が最新の受電状況にアクセスすることで、情報の共有のリアルタイム制、対応漏れなどの防止、迅速で的確なフォーメーションが行えます。

充実したオプション対応

BussinessCallサービスには、以下のオプションも用意しております。
・オリジナル時間外アナウンス
・FAQ対応
(各1オプションにつき:1,000円/月)

基本プランとは別に申し込みが必要となりますが、個別にカスタマイズも可能で、とてもリーズナブルな価格となっております。
詳細は、BusinessCall受付センター(0120-935-372/全日11-19)へお願いします。

オリジナル時間外ガイダンス

通常の時間外ガイダンスは一律の内容となっておりますが、アナウンス内容のカスタマイズが可能となります、社名を入れたり、営業時間を入れたり、営業時間外でも入電者を不安にさせない、本オプションの一工夫で安心いただける配慮が可能となります。

FAQ対応

事前に入電者から想定される、Q( 質問パターン)に対しての A( 回答)を設定し、
「対象の質問が発生した場合に返答する」といったシンプルなオプションとなります。
よくある質問などが多く想定される窓口の場合、一律の返答が可能な場合に非常に重宝します。

また、弊社ではプランのご相談やご質問なども承っております。
ぜひとも、お気軽にご相談やご質問をしていただければと思います。

料金体系

今回ご紹介のスタンダードプランは、月額5,000円(税抜)と
非常にリーズナブル、低コストでの導入が可能となっております。
通常は、別途初期費用として15,000円がかかりますが、なんと、「今だけ0円!」です。
初めてサービスを検討される方もお気軽に試せるのが嬉しい限りです。

最初はどのくらい電話が鳴るかもわからないし、鳴ってくれたら嬉しいし、鳴りすぎたらどうしよう、など様々な気持ちが行き来されるかと思います。

初期コストを抑えつつ、信用も大事にしたいし、、、、、誰しも気になるところですよね。
そんなお客様の要望に応えた、料金体系をご用意しております。

BusinessCall(スタンダードプラン)

・対応時間:全日9:00〜21:00 最大7時間対応
・月額費用:5,000円(税抜)※対応件数上限:40件/月
・超過金額:160円/件

ラグジュアリープランとの違い

違いは以下となります。

BusinessCall(ラグジュアリープラン)

・対応時間:全日9:00〜21:00 最大9時間対応 (※レンタルアドレス付き)
・月額費用:10,000円(税抜)※対応件数上限:100件/月
・超過金額:130円/件

詳細は後日公開の「BusinessCallのラグジュリープランとは?」を参考にしてください。

スタンダードプランがおすすめの方

今や誰しも起業できる時代となり、新規ビジネスの立ち上げ、スタート直後は準備や手続きの多さから時間を取られ、並行してコアビジネスもとなると、、、、、
もう手が回りません。少しでも省ける手間があるなら省きたいところです。
そこで電話番号の貸出、対応の一次受けも行えるBusinessCallサービスの出番となります。

「シンプルイズベスト」、何事も単純が一番と解釈される方も多いですが、これ以上削るものがなくなった究極の状態を表すとも言われています。
「本当に大切で必要」な要素で構成された、BusinessCallスタンダードプランをぜひ皆様も体感していただきたい。

ご利用者様の声

臨機応変な日時対応が魅力(ライター 男性)

決められた時間を執筆にあてると決めており、曜日ごとに対応希望時間が異なるのですが、申し込みの際、簡単に対応時間を選択することが出来ました。執筆に集中したいときには欠かせないサービスです。固定電話の番号を名刺に記載することで、取材先の信用、安心感を得やすくなったとも感じています。

手ごろな価格で利用中(プライベートコーチ 女性)

専門的な趣味の分野で、個人レッスンを行っており、週に3日、レッスンの時間にスタンダードプランを活用しています。手ごろな料金で利用できるのもありがたいですし、用件、折り返しの要/不要をスマートフォン管理画面上で確認できるのでとても助かっています。

打ち合わせの集中する時間帯だけ(コンサルティング業 男性)

会議や打ち合わせが集中する午前の時間帯だけ電話代行を検討していましたが、スタンダードプランは、コール数と金額のバランスがちょうど良いと感じ申込みいたしました。オペレーターの方の丁寧な対応は申し分なく、管理画面で受電内容を確認できるのは想像以上に使い勝手良く感じました。

電話代行サービスならBusinessCall

弊社ではプランのご相談やご質問なども承っております。ぜひとも、お気軽にご相談やご質問をしていただければと思います。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

いざという時に!

みなさんこんばんは!
ビジネスコール運営スタッフです!

みなさんは家の中でものをなくした経験はありますでしょうか?
もう時間がないのに家の鍵が見つからない!なんてこと経験あると思います。

そこでたまたま最近いいアイテムを見つけました!
財布にも鍵にも取り付ければ、レーダーと音で検知しておとしものを事前に防ぐことも
失くしたおとしものを見つけることもできるみたいです。
なんともいざという時の商品ですね♪
ちなみに
■設定をしておくことで距離が離れると自動アラート
■音を鳴らし位置を通知
■地図上で詳細の位置を確認
■世界中のユーザーと共有できる

あれ?なんだか電話代行のBusinessCallと似ていませんか??

電話代行BusinessCallといえば
■転送設定をすることでオペレーターが自動で対応
■メール送信で問合せを通知
■管理画面で詳細の内容を確認
■複数の担当者様で共有できる

もうほぼ同じですね!
そんな具合に使い勝手のいいサービスになっておりますので
皆さまも是非、最大限にご活用くださいませ!

今後ともBusinessCallをよろしくお願いいたします。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

コールセンター代行サービスとは?導入事例と3つの強みを紹介

電話の対応がしっかりしていると、企業のイメージは大幅にアップします。顧客や取引先とのコミュニケーションの窓口として不可欠です。

コールセンターの代行サービスとは

コールセンターの代行とは、お客様からの受注やお問合せ、予約などに関した電話対応を自社のコールセンターや社員の代わり委託するサービスです。

例えば、
・コールセンターのスタッフ不足でオペレーションが回らない
・オペレーターの教育に時間もコストも掛かり効率が悪い
・本業に集中できない

このような悩みを持っている方にご利用いただくことが多いです。

コールセンターの代行サービスを利用するメリットは、主に4つあります。

コストを大幅に削減できる

コールセンターの人員の雇用や設備にかかるコストは意外に大きく、環境を整えることは簡単ではありません。コールセンターの代行サービスを利用すれば、そのコストを大幅に削減でき、プロのオペレーターが電話対応をしてくれます。自社の価値やイメージアップにつながります。

クレームやトラブルを回避できる

コールセンターへの問い合わせの中にはクレームもあるので、トラブルにならないように慎重に対処する必要があります。しかし、クレーム対応は想像以上に難しいです。トラブルに繋がることも少なくありません。
そんな時こそ、コールセンターの代行サービスが活躍します。経験豊富なプロのオペレーターが丁寧にクレーム対応をして、トラブル回避に努めます。

ビジネスチャンスを逃さない

自社への電話の中には、大きなビジネスチャンスが潜んでいるかもしれません。新規の大口顧客様の可能性もあるのです。しかし、電話対応ができずに留守番電話になってしまうことで、同業他社へ新規顧客が流れ、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまう恐れがあります。コールセンター代行を利用すれば、オペレーターが最大限対応するため、ビジネスチャンスを逃す可能性を大幅に下げることができます。

業務に集中でき仕事の効率が上がる

電話の数が多いほど、業務を中断しなければいけなくなり、最悪の場合は、電話対応だけで終わってしまう日もあるかもしれません。しかし、コールセンター代行に電話対応を丸ごと依頼しておけば、電話対応以外の業務に集中できて仕事の効率がアップし、業績アップへとつながります。

コールセンターの代行サービスをうまく利用するには

コールセンターの代行サービスの利用を検討されているのは、企業様だけではありません。最近は、起業家やフリーランスの方からのご相談も増えています。特に、起業家やフリーランスの方は、ほぼ一人で業務を行なっているケースが多く、電話対応まで手が回らなくなっている現状が多く見受けられます。

BusinessCallのコールセンター代行のサービスは、低予算で最低限のサービスを受けられるコースも用意しているため、起業家やフリーランスの方によく選ばれています。例えば、次のような導入事例があるので、ぜひ参考にしていただきたいです。

導入事例:エステサロンの経営者様の場合

個人でエステサロンを経営しており、忙しくなるほど予約が取りづらい状況が続き、思い切ってコールセンターの代行を導入された事例です。

エステサロンの経営が忙しくなると、お客様の予約が取りづらいだけではなく予約管理も難しくなり、十分に対応できなかったという課題がありました。中には、不満を抱き、エステを辞めてしまうお客様もいらっしゃったそうです。

しかし、コールセンターの代行を導入の効果で、顧客とのコミュニケーションの円滑化でき、確実なリピーターを獲得できました。
また、電話対応を任せたことによって、エステサロン経営者も十分な休息時間を確保でき、サービスの質の向上やキープにつなげることができました。

導入事例:化粧品メーカー様の場合

お化粧品のメーカー様の事例です。全国規模で流通しているような商品を販売してる会社様でしたが、会社の規模は小さく、カスタマーセンターを自社内に立ち上げるのに踏み切れないご様子でした。

ゼロから自社内にコールセンターを設けるのは、コストも育成も難しいと感じ、外注することを決意。コールセンターの外注に踏み切りました。

BusinessCallが選ばれている理由

BusinessCallのサービスは、企業様だけではなく、起業家やフリーランスの方からもご利用いただいています。そこには、他にはない特徴と強みがあるからです。

電話応対の質と確かな実績

BusinessCallは、電話応対の質が特に高く評価されています。それは、大手企業のコールセンター業務だけではなく、公的機関のコールセンター代行の実績もあるからです。オペレーターの質を保持するための教育体制や環境を整え、情報漏洩にも徹底管理しているため、安心してご利用していただけます。
その証として、プライバシーマークの取得や日本コールセンター協会への加盟実績があり、多くの利用者様より信頼していただいています。

1日単位ではなく時間単位でも利用可能

BusinessCallのコールセンター代行サービスは、1日単位だけではなく時間単位でも利用できるため、1日のうちの数時間の契約も可能です。例えば、お昼休みの数時間だけの利用でオフィスを無人化にできたり、忙しい時間帯だけ依頼して業務効率を上げたりなど、さまざまな利用方法に対応できるプランを用意しています。

時間単位の利用の場合は、1日単位の利用よりも料金が安いため、無駄のない費用で必要な分だけサービスを利用できるシステムになっています。特に、起業家やフリーランスの方からは、時間帯に特化した利用の要望が多く、BusinessCallのコールセンター代行の時間特化型のプランが喜ばれています。

マルチデバイス対応の専用管理画面

BusinessCallでは、クラウドを活用したマルチデバイス対応の専用管理画面を設置しているため、問い合わせ状況や内容などを社内の人とリアルタイムで共有できます。
スマートフォンやパソコンなどのデバイスから素早く管理画面を開き、受電内容を確認して折り返しの必要性などを取捨選択することができ、スピーディーで正確な対応を実現できます。
それによって、お客様からの信頼度が上がり、ビジネスチャンスを掴むきっかけになるといっても過言ではありません。
スピードが求められる時代だからこそ、便利なツールを使った対応のスムーズ化が理想的です。マルチデバイス対応の専用管理画面を共有することで簡単に電話対応のスムーズ化が測れるため、社員一人ずつの負担を増やすことなく、業務や電話対応の効率アップへとつなげていけます。

コールセンターの外注をご検討中に方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。

アウトソージングによるコスト削減や業務効率化とは

コールセンターのアウトソーシングとは?

コールセンターのアウトソーシングとは、依頼者に代わって電話対応を行うサービスのことです。依頼主のもとにかかってきた電話を委託会社に転送し、委託会社のスタッフが電話を受けます。このコールセンターのアウトソーシングにより、自社内にコールセンターを設ける必要がなくなり、社員を通常業務に集中させながら、一切の電話業務を専門の委託会社に任せることができます。

アウトソーシング型の電話代行を導入するメリット・効果

コールセンターをアウトソーシングすることで時間やコストをかけることなく、万全なコールセンターの運営体制を構築できます。また、電話対応に手を煩わされることもなくなるので、本業に集中でき業務の効率も高められます。コールセンターをアウトソーシングするとどのようなメリットや効果を得られるのか、さらに詳しく見ていきましょう。

コールセンターの品質が上がり、会社の信頼性も上がる

大切なお客様と直接やりとりを行うコールセンターの「質」は非常に大事です。コールセンターの対応は会社のイメージに直結します。コールセンターの対応が良ければ会社の印象はアップしますし、反対に対応が悪ければ会社のイメージはダウンしてしまいます。

そうはいっても、会社に電話をかけてくるお客様は様々な人がおり、すべてのお客様を満足させる対応を行うのは容易ではありません。1からオペレーターを育てるにしても、一流のオペレーターに求められるコミュニケーション能力や専門的な知識を身につけさせるには相当な時間がかかります。

コールセンターをアウトソーシングすれば、教育の行き届いたオペレーターが対応するので研修に時間を割く必要はありません。また、オペレーターは、毎日のように様々なお客様を対応しているため、トラブル対応にも慣れており、臨機応変に対応してくれるので安心して任せることができるでしょう。

コールセンター導入・維持のコストと手間の削減

コールセンターを自社で設けて運営するとなると、莫大なコストが必要となります。コールセンターの導入費用として、場所代/電話機・パソコンの購入費用/電話回線の工事費用が必要となります。さらに、オペレーターを採用するための求人広告費用、雇用後の研修費用、毎月の給料や福利厚生費も用意しなければいけません。

また、費用に加えて時間も必要で、一流のオペレーターを育成するためには面接から研修まで相当な手間がかかります。

コールセンターのアウトソーシングにより、自社でオペレーター教育を行う必要はありません。コストの面においても初期費用や月額使用料金は数万円程度に設定されていることが多く、自社で一から機材や場所を確保し人材を雇用するよりも格段に安い費用でコールセンターの導入が可能となっています。

業務量に合わせたコールセンターの運営体制の構築が可能

年間を通じて業務量は一定ではなく、必ず波があるものです。しかし、自社でコールセンターを運営するとなると、業務量に合わせた人手の調整は簡単には行えません。そのため、繁忙期には人手が足りず、反対に閑散期には人手が余ってしまう状態になることもあります。

コールセンターのアウトソーシングなら業務量に応じてプランを変更することができるので、いつでも適正な運用体制を築くことができます。繁忙期でも人手不足になることはなく一人一人のお客様にしっかり対応できますし、閑散期には無駄なコストを発生させずに運用が可能となります。

BusinessCallの電話代行/コールセンターの代行

BusinessCallの電話代行サービスは、多くのお客様へご利用いただきやすいようにサービスを提供させていただいております。

コストが格安

電話代行サービスを導入する上で費用を重視しているお客様も多いのではないでしょうか。BusinessCallの月額費用はスタンダートプランですと5,000円(受電上限40件/月)ラグジュアリープランですと10,000円(受電上限100件/月)と手頃な値段設定となっています。さらに、通常電話代行サービスを導入する際に必要となる初期費用につきましては、現在キャンペーン中で無料となっており、今ならお得に電話代行サービスを導入いただけます。

利用時間をカスタマイズ可能

BusinessCallはお客様がご都合に合わせてご利用しやすいように、1時間単位で利用時間を指定することが可能となっており、契約後も利用時間の変更はいつでも行えます。また、1日の中で複数の時間帯を利用指定することも可能です。例えば、午前10:00〜12:00と午後15:00〜17:00といったように、仕事量などに合わせて時間を指定いただけます。利用可能時間は全日9:00~21:00となっており、土日でもご利用いただけます。

wiz-plannersのコールセンター代行業務

また、ウィズ・プランナーズでは、BusinessCall以上のプランもご用意しております。カスタマーセンターの代行や、お問い合わせ対応の代行、相談窓口対応など幅広い業務を請け負っておりますので、まずはご相談いただければと思います。

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。