通話中の声は誰の声?

皆様こんにちは!BusinessCall運営事務局です。

突然ですが、通話中に電話から聞こえる声について考えたことはありますか?
「電話の声と違うね」なんて言われた経験ありませんか?

本日はその真意についてご説明させていただきます!!!

日本に急激に普及して今の自分たちの生活に欠かせなくなったアイテムと言えばやはり、「携帯電話」ですよね!
ガラパゴス携帯でも十分便利でしたが、スマートフォンが発売されてからは、より一層便利となり、生活に欠かせなくなりました。

上部でもお伝えした通り、
「電話の声と違うね」みたいな話を聞いた事ありませんか?
確かに自分で留守番電話の声を再生すると「あれ?自分ってこんな声だっけ?」となりますよね。

実はそれ、「本当に違う人の声」なんです。
遠距離恋愛などで毎日電話をして相手の声を聴いている人にとっては、ショッキングな雑学かもしれません。

では、「違う人の声」とは一体誰の声のことなのでしょうか?
電話で聞こえてくる声は「コードブックに載っている声の合成音」なのです。

コードブックとは電話の声の辞書のような物をイメージしてください。

そこにあらかじめ登録されている数千種類の声の中から、最も話している人の声に近い声を選び出し、通話相手へ送っているのです。

そのため、電話から聞こえてくる声は開いての声ではなく、コードブックに載っている声優さんの声だということがわかりましたね!

でも、どうしてそのままの声を伝えないのか疑問ですよね?
それは、携帯電話などの通話機器が世界中に凄いスピードで広まってしまったためなのです。

音声の波形を分析し、そのデータを完全に再現することは難しく、そのままの音声を伝えようとすれば、通信料が膨大になってしまいます。
世界中の日との声をそのまま再現して伝えようとすれば通信がパンクしてしまうため、コードブックに載っている声から選ぶといった技術が採用されているのです。

ちなみに電話の話し声を交換して相手に伝えるシステムの事を「CELP」といいます。
CELPの機能は、声の特徴を除いた音声をデータに変換し、データ量を小さくします。

その後、データ量を小さくした声からコードブックに載っている声に1番近い声を選び出し、通話相手へ伝えるそうです。

驚きの事実ですね…
だがしかし、これはあくまで「携帯電話」のみのお話です。
通常の固定電話等は実際の声をそのまま伝えるようなシステムだそうですよ。

本日は「電話の声」にまつわる面白い雑学を紹介いたしました。

それではまた次回!

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。