お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

YOUメッセージ

スタッフブログ

こんにちは!
BusinessCall運営スタッフです。

最近ウェブで、話し方に関するとある記事を見ていて
なるほど!と思ったことがあります。

それが、「YOUメッセージ」と「Iメッセージ」です。

たとえば、誰かと待ち合わせをしていて、あなたが遅刻したとしましょう。
申し訳なく思ったあなたは、
「先に行ってくれれば、よかったのに」と言いました。

この文、日本語だと少しわかりづらいのですが、
英語訳すると、YOUが主語になるのです。

このように、
YOU(あなた)が主語になるメッセージを「YOUメッセージ」
I(わたし)が主語になるメッセージを「Iメッセージ」と呼ぶんだそうです。

わたしは最近まで、趣味で英会話を習っていたのですが、
その時もこれはよく出てくる問題でした。

同じ意味だけど言い方のちがい・・

「あなたがそれを貸してください」より、
「わたしがそれを借りてもいいですか」の方が
感じが良いと思いませんか・・?

これは日本語でも同じで、「YOUメッセージ」の場合、
相手は責められている感じを強く持つんだそうです。

こちらにその気はなくても、
無意識に相手を追い詰める言い方になっているんですね・・

反対に「Iメッセージ」は、
とても受け止めやすい性質をもっているそう。

日本語は会話に主語がつかないので、すこし難しいですが、
相手が受け取りやすい言葉できちんと伝えていきたいですね!

ということで、最近なるほど!と思った
話し方のお話でした(^^)/

みなさんも気持ちよく会話して、
今週も良い週末をお過ごしください~♪

○お電話(0120-935-372)※全日10:00-19:00

お問い合わせフォーム

チャット ※全日10:00-19:00

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)