お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

深刻化する中小企業の人手不足…。原因や特徴、解決策を解説。

インフォメーション

日本経済を支えている中小企業は、様々な問題を抱えています。そのひとつが人材不足です。人材不足は、従業員満足度の低下や生産性の低下を招く原因となってしまいます。では、どのようにして人材不足を解決すれば良いのでしょうか。この記事では、中小企業における人材不足問題と解決策についてまとめています。

中小企業における人手不足の現状

中小企業では、人材が不足していると感じている企業が多く、そのなかでも建設業やサービス業では人材不足が深刻化していると言われています。中小企業が抱える経営課題としても人材不足は取り上げられていて、事業を行ううえで必要な人材が確保できていないということが分かります。

特に小規模の中小企業で人材不足がみられ、就職を希望する人材も少ないことから、若手採用が困難となっており、若手の人材育成が行われていないと言えます。

コロナの影響と中小企業の人手不足問題

新型コロナウィルスの影響で、人材不足だと感じていた中小企業でも、人材が余っている、足りていると回答している企業が増えていることが分かっています。

この理由として、新型コロナウィルスの影響で、事業活動の中止や見直しを行ったということがあげられます。特にサービス業では、新型コロナウィルスの影響で休業をしなければならないことから、自宅待機または仕事をすることができないというようなことも起こりました。これにより、人手が余ってしまったのです。

また、新型コロナウィルスの影響で、採用活動を積極的に行わない企業も増えたことから、退職者の減少にもつながっており、これも中小企業の人手不足が一時的に解消された原因と言えます。新型コロナウィルスの影響で、中小企業でも生産性向上のための取り組みが進められました。これによる人手不足解消も要因と言えるでしょう。

中小企業で起こる人手不足問題5つの原因

新型コロナウィルスの影響で、一時的に人手不足が解消されている業種もありますが、中小企業の人手不足問題が解決したわけではありません。また、新型コロナウィルスが終息すれば、一時的に充足している企業でも再び人手不足となることはあり得ます。中小企業の人手不足問題には、下記のような原因があると言えるでしょう。

①:労働人口の減少

日本の人口は減少傾向にあります。高齢者の人口がどんどん増えていて、若者人口が減ってきているのです。若手人口が減ってしまうことで、労働人口の減少につながります。働く人が少ないということは、日本経済に大きなダメージを与えてしまうのです。

②:有効求人倍率の上昇

仕事を探している人1人あたりに対して何人分の求人があるのか示した指数を有効求人倍率と言います。この倍率が高いと、仕事を探している人よりも求人の数が多いことになります。働く側は選択肢が多くなるのです。そうなってくると、より良い条件の職場で働こうとする求職者が多くなります。企業では良い人材を確保することが難しくなってしまうのです。

③:転職の時代という流れが起きている

有効求人倍率が上昇していることから、より良い職場へ転職しようという流れも起きています。定年退職まで同じ会社に勤務するという考えは少なくなっていて、様々な会社で自分の能力を高めたい、挑戦したいという人が増えているのです。転職の時代という流れにより、中小企業では、良い人材を確保し続けるのが難しくなってきています。

④:採用にかかるコストが高い

新たな人材を採用する場合、採用時にかかるコストが高いです。採用前には、求人広告を作り、一定期間広告を出して人を集めます。面接の際に面接会場を利用しなければいけない場合は、会場を借りるコストもかかるでしょう。採用活動はとても時間がかかるため、採用担当者の負担も大きいです。また、採用してからも教育研修費などが発生します。

⑤:余裕のある人出が確保されていない

中小企業は、少数精鋭で事業を行っていることが多く、業務もギリギリの人数でまわしていることになります。余裕のある人手が確保されていないことで、ひとりにかかる負担が大きくなってしまい、従業員満足度が低下しているのです。負担が大きな職場だと、長く勤務することが難しいと感じてしまい、人が定着しづらくなってしまいます。

<関連記事>
人手不足を解消する、中小企業のDXについてはこちら

人手不足の会社に共通して見られる特徴

人手不足の会社には、共通して見られる特徴があります。どのような特徴があるのでしょうか。

業績が悪く将来性が見込めない

業績が悪く将来性が見込めない会社に人は集まりません。自分が仕事を探す場合で考えれば、業績が悪い会社や将来性がない会社は選択肢から外すでしょう。業績が悪く将来性のない会社は、活気もありません。社員もモチベーションがあがらず悪循環になっています。

早期退職者が多い

人手不足の会社で多いのが、労働環境の悪さです。労働環境が悪いことで、入社しても早期退職してしまい、人が残らないということがあげられます。長時間労働、サービス残業が多い、パワハラやセクハラがあるなど労働環境が良くない職場の例です。

全体的に社員のモチベーションが低く活気がない

人手不足の会社では、適正な評価が行われていないことで、社員のモチベーションが保たれていないということもあげられます。正しい評価がされていない会社に勤務していては、社員はやりがいを見出すことができないでしょう。そのような会社は、長くいても自分のためにならないと転職を決意する人も多いです。

<関連記事>
人手不足を解消する、業務効率化についてはこちら

中小企業が人手不足を解決するための解決策5つ

中小企業が人手不足を解消するためには、どのような解決策があるのでしょうか。解決策についてまとめておきます。

①:1人あたりの生産性を向上させる

1人あたりの生産性を向上させることは人手不足解決のために重要です。生産性が向上すれば、無駄な仕事を減らしていくことができ、長時間労働もなくなります。生産性向上のためには、まずは従業員がどのような仕事を行っているのか、どれくらいの時間がかかっているのかということについて細かく洗い出す作業が必要でしょう。

②:給与・福利厚生の見直し

中小企業では、人材を確保するために給与や福利厚生の見直しを行うことも重要です。正しい評価による給与、働きやすさを高める福利厚生は、新たな従業員を募集する際も、人を集めやすくなります。これらが充実していることで、離職率も下げることができます。

③:広告・マーケティングで自社の集客に力を入れる

中小企業の人手不足を解消するためには、自社についての認知度を高めることも重要です。知らない会社よりも知っている会社に応募するほうが安心できるため、求職者はまず企業のホームページなどを確認しています。広告やマーケティングで自社のPRをしていくことは、人手不足解決のためにも有効です。

④:テレワークの導入など新しい働きか方を導入

働き方改革により、企業で新しい働き方の導入も求められています。求職者も新しい働き方に柔軟に対応している企業を求める傾向にあり、特にコロナ禍では、在宅ワークやリモートワークができる求人に注目が集まりました。中小企業では、新しい働き方の積極的な導入が求められると言えるでしょう。働きやすさを高めることができれば、新たな人材も確保しやすくなります。

⑤:業務効率化サービスを積極的に導入する

業務効率化のためのサービスを積極的に導入することで、生産性の向上につなげることができます。慢性的な人手不足になっている場合、これらのサービスを導入することは業務効率化に大きく役立つでしょう。様々な業務効率化ツールがありますので、自社の課題を洗い出して最適なツールを導入していきましょう。

<関連記事>
中小企業における働き方改革についてはこちら

電話代行サービスの導入で労働環境を改善

中小企業において人手不足問題を解決したい場合は、電話代行サービスの利用もおすすめです。会社にかかってくる電話の対応には時間が取られてしまうものです。電話受付の担当者が決められていない場合、電話を取れる人が対応するということになり、業務を中断せざるを得ません。電話代行サービスを導入することで、電話業務はオペレーターに任せることができるので、業務効率化、生産性向上に繋がり、労働環境を改善できます。

電話代行サービス「BusinessCall」がおすすめ

電話代行サービスの導入を検討するなら「BusinessCall」がおすすめです。電話代行サービスの中でも、月額5,000円〜利用可能でリーズナブルな価格となっています。

導入すれば、無駄な電話業務が無くなり、従業員にかかる負担を軽減できます。人手不足の場合でも、電話業務を代行してもらうだけで、人手不足がカバーしやすくなるでしょう。

まとめ

中小企業の人手不足問題について、人手不足となってしまう原因と人手不足を解決するための方法をお伝えしました。人手不足をできるだけ早く、費用を抑えて行いたいなら電話代行サービスの「BusinessCall」がおすすめです。利用を検討してみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a93aa36691c0a138320cb6210bbf0f15.jpg

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)