お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

中小企業の経営課題とは?現状と取り組むべき5つの解決策を詳しく解説。

インフォメーション

日本経済を支える中小企業は、日本の企業数の99.7%を占めると言われています。国の経済主体となっている中小企業ですが、様々な問題も抱えていて、企業数は年々減少傾向にあります。この記事では、中小企業が抱えている問題にスポットをあて、問題解決策をお伝えします。

今中小企業が経営課題を抱えている理由

中小企業庁では、中小企業の動向をまとめている中小企業白書を公開しています。中小企業の年次報告書で、中小企業の今を知ることができるものです。これによると、2021年や2022年は、やはり新型コロナウィルスによるダメージが大きいことが分かります。

【2021年】中小企業の課題を生んだ社会的背景

2021年において、新型コロナウィルスの影響によるダメージが続いていると回答した中小企業は71.3%でした。影響は続いているものの、持続化給付金や金融支援によって中小企業の倒産件数は減少したとされています。

新型コロナウィルスの影響で、中小企業でもデジタル化を進める動きがありましたが、これに関してはデジタル化で成功した企業もあれば、うまくいかなかったという企業もあるようです。
資金不足で行えない、目的や目標が定まらずうまく運用できていない、アナログ文化の価値観が定着し過ぎているなどが失敗理由となっています。

中小企業が今後生き残っていくために、DX化やデジタル化を進めることは急務です。これを進めるには、経営トップがDX化やデジタル化について必要であることを認識する必要があるでしょう。さらに、事業継承が難しい場合のM&Aについても視野に入れておかなければいけません。

<関連記事>
効率化を図る!バックオフィスサービスについてはこちら

【2022年】中小企業の課題を生んだ社会的背景

2022年においても、引き続き新型コロナウィルスにより中小企業にどのような影響が出ているのかが分析されています。2021年には、71.3%ダメージが続いていると回答していましたが、2022年は73.8%と影響を受けていると回答した企業の割合がやや増えています。
新型コロナウィルス関連で破綻している企業数は、2021年9月から増加傾向にあり、大きなダメージが出ていることが分かります。

中小企業が新型コロナウィルスの影響を乗り越えるためには、労働力の確保だけでなくブランドや人材の質を高める投資も必要不可欠です。特にブランド構築や維持のための取り組みを行わなければいけないでしょう。さらに近年話題に挙がるSDGsへの取り組み、デジタル化なども進めていく必要があります。

そもそも中小企業の基準って?大企業との違い

中小企業と大企業にはどのような違いがあるのでしょうか。これは明確に決められていて、従業員数や資本金、出資額によって中小企業なのか大企業なのかが分かります。

中小企業基本法によると、業種別に常時使用する従業員数が決められています。小売業は50人以下、サービス業や卸売業は100人以下、製造業や建設業。運輸業やその他業種は300名以下の場合が中小企業です。この人数を超える社員数という場合は、大企業に分類されます。
さらに資本金と出資額に関しては、サービス業で5,000万円以下、卸売業で1億円以下、製造業や建設業、運輸業やその他業種は3億円以下の総額となっていなければいけません。この総額を超えている場合は、大企業に分類されます。

中小企業が今後も悩み続ける経営課題

中小企業が今後も悩み続けるとされている経営課題についてまとめておきます。

経営者年齢の向上と後継者問題

中小企業の経営者の年齢が向上していることにより、後継者が見つからず事業継承が困難であるという課題が出てきています。日本の経済を支えている中小企業の後継者が見つからないとなると、経営者は廃業を考えることになります。廃業する中小企業が増えてしまうと、日本経済に大きなダメージを与えることは間違いないでしょう。

一刻も早く後継者を見つけ、これまでの技術やノウハウを継承していくということが求められています。後継者が見つからない場合は、M&Aも視野に入れる必要があるでしょう。

資金繰り

中小企業の課題として、資金繰りの問題もあります。事業を大きくしていくにあたり、資金が不足していると企業の成長は叶えることができません。また、生産性向上のために設備投資をしたい場合も、資金が必要になってきます。

コロナ禍においては、借り入れを増やす企業もありました。資金的に十分な余裕がないということは、今後も中小企業の課題となってしまうでしょう。

減少する若手人材の確保

高齢化が進む日本は、労働市場が縮小しています。特に若手人材の確保ができていない企業が多く、必要な人材を確保したいと思っても、育成体制が整っておらず、育つ前に辞めてしまうということがあります。

少子化が進む中、ますます若手人材の確保は難しくなるため、若手育成の体制を整えていくことが急務と言えます。

サプライチェーンの強化

サプライチェーンを強化することも中小企業の課題です。原材料や部品の調達、製造、生産管理、販売、配送はすべて一連の流れとして繋がっています。もしどこかに問題が生じてしまうと、この流れはすべてストップしてしまうのです。

すべての情報を把握し一括管理することで、問題が発生してしまった際の対応もスムーズになります。それぞれの工程で起こり得るリスクを把握し、それに対しての対策を講じるために、一連の流れを把握できるシステムの導入が求められています。サプライチェーンが強化されることで、企業の売上拡大にもつながります。

従業員の生産性向上

中小企業の中には、少数精鋭で事業をしている企業も多いです。一人にかかる負担が大きく、働く環境に満足できていない従業員もいるのです。働き方改革により、残業時間の規定などが設けられたことで、企業も早急に生産性向上をすすめていかなければいけません。生産性向上をすすめることができれば、働く環境が整い、従業員の定着率向上にもつながります。

<関連記事>
業務効率化ツールについてはこちら

DX化は必須?中小企業が取り組むべき課題の解決策5つ

中小企業における課題は、どのようにすれば解決できるのでしょうか。中小企業が抱える問題を解決するための方法をまとめておきます。

①:リモート・フレックスなど働き方の改善

良い人材を確保する、働く環境を整えるというような点から、リモートワークやフレックス制の導入など働き方の改善が必要になると言えます。

リモートワークやフレックス制を導入することで、子育てしながら働きやすい会社、家族の介護があっても働ける会社、プライベートな時間も確保して働ける会社が叶い、従業員の定着率も良くなります。必要な人材が辞めてしまうことを防げるのです。

②:DX化に合わせたIT投資

積極的にIT投資することも、中小企業が抱える問題を解決するためには重要です。DX化を進めることで、生産性が向上すれば、社員の残業時間の削減につながります。DX化は労働環境の改善に欠かせないのです。
DX化は、自社に合うものを選んで行っていく必要があります。必要なサービスを見極めて投資するということが重要です。

③:若手人材の採用強化

中小企業では、若手人材の採用強化と育成が重要です。若手人材を育てていかなければ、会社を存続させていくことも難しくなってしまいます。若手がすぐに辞めてしまうことがないような職場環境を整える必要があるでしょう。

④:M&Aによる事業継承も検討する

後継者が見つからないという場合、事業継承でM&Aの検討も必要になるでしょう。これまで培ってきたノウハウを引き継いでいくことで、日本経済の成長を支えることができるのです。
M&Aは、自己資本では経営継続が難しくなってきているという場合でも利用できる手段です。

⑤:業務効率化を推進して会社の生産性を上げる

会社の生産性を上げることは、売上を拡大させるためにも重要です。効率よく業務が行えるように、必要なツールを導入するなど労働環境の整備に努める必要があるでしょう。

<関連記事>
中小企業のDX化についてはこちら

業務効率化・DX化を進めて中小企業の経営課題を解決

業務効率化、DX化を進めるにあたって何から始めたら良いのか分からない・・・という担当者の方もいるのではないでしょうか。中小企業ではあまり費用をかけられないという問題もあります。そこでおすすめなのは電話代行サービスの活用です。

電話代行サービスBusinessCallが解決!

中小企業の業務効率化なら「BusinessCall」を利用しましょう。多くの中小企業で導入されている電話代行サービスです。電話代行サービスを利用すれば、社内でコールセンターを設置する必要はなくなります。また、社内にかかってきた電話を一次受けしてくれるので、社内での電話対応業務の負担を減らせるのです。BusinessCallのオペレーターは十分な研修を受けたプロなので、会社の電話品質の向上にもつながり、印象が良くなります。月額5,000円〜利用することができるサービスなので、他社よりもリーズナブルな価格で業務効率化をすすめることが可能です。

まとめ

中小企業が抱えている課題と、中小企業の課題を解決するための方法をお伝えしました。中小企業の業務効率化には、電話代行サービスの導入がおすすめです。BusinessCallならリーズナブルな価格で利用でき、自社に合わせた運用が可能となっていますのでぜひ検討してみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a93aa36691c0a138320cb6210bbf0f15.jpg

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)