お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

新規顧客を獲得するためには|2つの手法と5つの重要ポイントを紹介

その他

売上や利益増やしていくためには、既存顧客だけでなく新規顧客の獲得が必要になってきます。様々なサービスや商品がある時代、顧客はそれらの中から、より自分にマッチしたものを選びやすくなっています。

そのようななか生き残るためには、新規顧客を獲得する工夫をしなければいけません。ここでは、新規顧客を獲得するためできることや、顧客満足度向上につながる電話代行サービスについてご紹介します。

新規獲得の手法2種類

新規顧客を獲得する手法は、「プル型」と「プッシュ型」のふたつに分けることができ、さらにそれらの手法には、細かなアプローチ方法があります。細かくみていきましょう。

プル型

プル型は、顧客のニーズに合わせて情報を提供し、顧客が自ら動いてくれるように働きかける手法です。比較的コストを抑えて行える方法が多いです。

web広告

Web検索をした際に、検索結果の画面に自社のサービスや商品の広告を表示させるという方法があります。SEOで検索結果のトップに表示させようとするのは時間も手間もかかりますが、リスティング広告にすることで、スムーズに誘導しやすくなります。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、顧客にとって価値のある情報を配信する方法です。例えば、商品の使い方を動画配信する、商品を使ったビフォー・アフターを配信するというようなものがあります。有益な情報を得た顧客が、利用したいと動いてくれるように働きかけます。

メールマーケティング

メールマーケティングは、メールで顧客に対してアプローチする方法です。メルマガもメールマーケティングの手法のひとつです。この他にも段階的にメールを配信するステップメールや、見込み客の興味の度合いに合わせて配信内容を分けるセグメントメールなどがあります。

SNS運用

Facebook・Twitter・Instagram・Youtube・TickTocなどが活用されています。口コミを配信したり、商品の使用方法を配信するなど顧客がより関心を持ってくれるようにアプローチします。コメントを受け取ることもできるので、双方向のやり取りができる点が魅力です。

既存客からの紹介

既存客からの紹介で新規顧客を獲得できる場合もあります。これもプル型のひとつです。

セミナー・展示会

セミナーや展示会を開いて、興味がある顧客を集めることで新規顧客獲得に繋げます。セミナーや展示会は、同業種の複数の企業が集まって開催されるものと、個別で開催されるものがあります。

個別で開催されるもののほうがライバルは少ないですが、合同開催よりも集まる顧客の数は少なくなってしまいがちです。より興味を持ってもらえる内容を企画する必要があるでしょう。

プッシュ型

プッシュ型は、顧客に対して積極的に働きかける方法です。新規顧客を短期間で集めるために有効な手法です。

テレアポ

テレアポは、新規顧客に対して電話をかけていく方法です。電話をかけてアポイントを取り、訪問へと繋げたり、そのまま契約に繋げていきます。

飛び込み営業

飛び込み営業は、新規顧客となるターゲットに直接訪問する方法です。アポイント無しで訪問することになるので、担当者が不在という場合があります。また、ひとりで訪問できる件数には限りがあるので、やや効率が悪くなってしまうでしょう。

手紙

顧客に対して、手紙を送るという方法もあります。直接手元に届くので、興味を持っていればメールよりも開封してもらえる可能性が高くなります。

新規獲得はコストがかかる

新規顧客の獲得には、コストがかかると言われています。既存顧客を獲得するよりも大変と言われている理由をまとめておきます。

「1対5の法則」とは

新規顧客を獲得する際にかかるコストは、既存顧客の5倍必要であると言われています。新規顧客を獲得するのにコストがかかる割に、利益が低いということもあり、既存顧客を維持することに重点を置くという考えが重視されています。

新規獲得のコストがかる理由

新規顧客を獲得するためにコストがかかってしまうのはどうしてなのでしょうか。コストがかかってしまう理由をまとめてみました。

広告費

新規顧客を獲得したい場合、自社の製品やサービスを知ってもらうために、広告を出さなければいけません。雑誌やテレビCM、ネット広告などがありますが、これらはコストがかかります。

工数がかかる

既存客は、すでに商品やサービスを把握していますが、新規顧客に関しては、それらを知ってもらうところから始めなければいけないので時間がかかってしまいます。また、営業にも時間がかかってしまうので、営業担当者も増やさなければ思うような結果が出せないでしょう。

新規顧客の獲得で重要なこと5選

新規顧客を獲得するためにはどのようなことが重要になるのでしょうか。新規顧客の獲得で重要なポイントをまとめておきます。

予算の確保

新規顧客の獲得には、費用がかかります。そのため十分な予算を確保しておく必要があるでしょう。どれくらいの活動で結果が出るのかも分からないため、新規顧客をどれくらい獲得したいのか、目標をしっかりと決めて予算を決めましょう。

社内での情報の共有

新規顧客を獲得するためには、社内でしっかり情報共有をして進めましょう。せっかくアポを取ることができたとしてもアプローチ方法を間違えると、失敗に終わってしまうかもしれません。

集客手法を組み合わせる

新規顧客を獲得するためには、ひとつの手法を行うのではなく、複数の手法を組み合わせてアプローチしていく必要があります。ひとつの手法だけでは非効率なので、効率よく営業するために複数の手法を組み合わせましょう。

過度なアプローチは避ける

営業の電話は、相手に不快感を与えないようにしなければいけません。相手が忙しくない時に連絡を入れる、何度も同じ様なメールを送らないというような配慮が必要です。相手に迷惑だと思われてしまうと、会社のイメージダウンになるため注意しましょう。

問合せ対応体制の構築

新規顧客獲得の際には、問合せに対応する体制も構築しておかなければいけません。せっかく興味を持ってもらえても、問合せを受けた際に対応することができなければ無駄にしてしまいます。

新規獲得の4つのステップ

新規顧客獲得の方法をまとめておきます。4つのステップを順に新規顧客開拓を進めていくことで成果を出しやすくなります。

ターゲットの選定

まずはターゲットを決めましょう。扱っている商品やサービスによってターゲット層が異なるはずなので、自社の商品やサービスについてよく理解しておく必要があります。より需要が見込める層をターゲットに設定してください。

使う手法の選定

ターゲットを決めたら、どの手法でアプローチしていくのか決めましょう。複数の手法を組み合わせて行うと効果的です。WEB広告を利用すると多くの人の目に留まるためPRしやすくなります。リスティング広告やSNS広告を併用し、顧客を発掘していくことが可能です。

信頼関係の構築

新規顧客と信頼関係を構築することで、商品やサービスの購入に繋げます。いきなり売る姿勢では、耳を傾けてもらうことはできません。まずは、どのような課題を抱えているのか、問題を抱えているのかということを聞きだしましょう。定期的に状況を聞き、信頼関係を構築します。

ターゲットに対しアプローチをする

新規顧客との信頼関係構築にはある程度時間が必要です。しっかり信頼関係を構築できたら、商品やサービスをPRしていきます。焦って紹介してしまうと逆効果となってしまうので、タイミングはとても重要です。

顧客対応の強化には電話代行サービス

新規顧客獲得のためには、顧客対応するための体制を整えなければいけません。電話対応の体制を整えるには人員も環境も整えなければいけないため、時間とコストがかかります。そこで導入したいのが電話代行サービスです。

電話代行サービスを利用することで、すぐに電話対応の体制を整えることが可能になります。見込み顧客からの電話での問合せを逃すこと無く対応でき、しっかり新規顧客として獲得することが可能になります。

<関連記事>
電話代行って何?どんなサービス?メリットやデメリットを紹介

電話代行サービスならBusinesscall

電話代行サービスは様々な会社がありますが、おすすめはBusinesscallです。月額5,000円(税込み5,500円)から利用でき、最短3日後にサービスを開始できます。

独自の研修を受けたプロのオペレーターが対応してくれるため、安心して利用できます。電話対応は会社の顔とも言えるため、質の高い対応ができる電話代行サービスなら、会社のイメージアップにもなるでしょう。

Businesscallのサービスの詳細はこちら

まとめ

新規顧客獲得のためにはどのような方法があるのか、そしてそれを実施するためのポイントなどご紹介しました。新規顧客を獲得していくためには、電話のよる問い合わせに対応できる体制も整える必要があります。リーズナブルで質の高い対応ができる電話代行サービスの利用を検討してみてください。

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)