お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

電話代行のコールオーバー料金とは?費用相場やおすすめの電話代行サービスをご紹介!

その他

電話代行サービスを利用する際に、毎月どれくらいの受電があるか確認してから申込みしなければいけません。なぜなら、1ヶ月に対応するコール数によって費用が変わってくるからです。
もし毎月決められたコール数をオーバーした場合は、コールオーバーとして料金が上乗せされるため注意しなければいけません。

この記事では、電話代行のコールオーバーや、コールオーバーの超過料金についてまとめていきます。

電話代行におけるコールオーバーとは

電話代行サービスを利用する際は、毎月何本まで電話を取ってもらうのかということを取り決めて契約します。基本料金内で取ることができる電話の数は、電話代行サービス会社によって異なります。

しかし、どの会社でも毎月基本料金内で何本の電話に対応するのか決められているため、無制限で電話を取ってくれる会社はありません。もし無制限で電話を取ることになると、コールセンタースタッフの負担が大きくなってしまいますし、大量に電話がかかってくる会社の場合、電話代行業者に利益が出ないということも起こり得ます。
毎月どれくらいの電話がかかってくるかを正確に把握することは難しいでしょう。1日に1件や2件電話が増えることもあります。

では、毎月決められた本数を超えてしまった場合はどうなるのでしょうか?ここで出てくるのがコールオーバーです。決められた本数を超えた受電分は、1件につき〇円という形で上乗せされていきます。
仮に、1ヶ月で50本という基本契約をしていて55件受電があった場合、5件分が超過料金として請求されます。

コールオーバーの費用(料金)相場

電話代行サービスでのコールオーバーの費用はどれくらいかかるのでしょうか。コールオーバーにかかる費用の相場をみておきましょう。

件数における費用(料金)相場

件数における費用相場は、1件につき100円〜250円程です。基本料金内の1件あたりの受電単価と同じというケースが多いです。

時間における費用(料金)相場

時間帯によってコールオーバーの費用が変わることもあります。例えば夜間の対応や早朝の対応、土日祝日の対応の場合はコールオーバーの単価が通常よりも10円〜50円程アップするなどがよくあるケースです。

コールオーバーのプランがある電話代行業者

ここでは、コールオーバープランが用意されている電話代行業者について紹介します。

株式会社インターコード

株式会社インターコードは、創業39年の電話代行会社です。およそ5,000社が契約しているという電話代行サービスで、2,900円から利用可能という価格が魅力です。
また、状況に応じてオーダーメイドでの電話代行の依頼も可能です。休日にも対応してくれる電話代行サービスなので、様々な業種で利用しやすいでしょう。
月間のコール数を超えた場合は、1コール140円(税込)〜の超過料金が発生します。

株式会社インターコード公式HP

ハートフルコールセンター

ハートフルコールセンターは、コールセンタースタッフ全員が秘書検定2級を保有しているという電話代行サービスで、質の高い電話対応が高く評価されています。
着信と同時に会社情報がPC画面に表示されるCTI機能を駆使し、各会社に合わせた電話対応を行ってくれるので安心です。継続率99%となっているのも、高品質な対応ができている証でしょう。初回は30日間無料で利用できるためお試ししやすいです。
スタンダードプランの場合、コールオーバー料金は、1コール150円となっています。ハートフルコールセンターは、土日祝やお盆、年末年始の対応はできません。

ハートフルコールセンター公式HP

株式会社ジョビアル

電話代行サービス25年の歴史がある株式会社ジョビアルは、起業家やフリーランス、小規模経営のための電話代行サービスとして運営されています。
士業、コンサルタント、クリエイター、保険代理店、ネットショップ、IT企業のような利用者が多い電話代行サービスです。起業したばかりでも導入しやすい月3,000円〜のプランが用意されています。

コール数超過料金はプランによって異なります。スタートプランの場合は、1件180円、エコノミープランは1件160円、スタンダードプランは1件120円、ビジネスプランは1件100円、エグゼクティブプランだと1件80円です。

株式会社ジョビアルが提供している渋谷オフィス公式HP

株式会社テルリンク

株式会社テルリンクは、土日祝日も対応可能な電話代行サービスです。土日祝でも特別料金が発生しないので利用しやすくなっています。

基本プランは月額4,950円〜となっていて、コールオーバーの料金は、基本プランで設定されているコール数によって異なります。毎月30コールの場合は1件220円、50コールの場合は1件198円、100コールの場合は1件176円です。

株式会社テルリンク公式HP

株式会社うるる

株式会社うるるが提供している電話代行サービスのFondeskは、3,000を超えるオフィスで導入されています。大手企業でも導入事例がある電話代行サービスです。シンプルで分かりやすい料金形態が特徴で、毎月100件を超えるとコールオーバーとして1件につき200円追加されます。

株式会社うるるが提供しているfondesk公式HP

選ぶ際は質を重視して選ぶのがおすすめ

電話代行サービスを選ぶ際に、コールオーバーを気にしてしまいなかなか依頼する会社が決まらないということがあります。コールオーバーの件数によって、毎月の利用料にかなり変動が出てしまう可能性もあるため、慎重に決めなければいけません。
しかし、コールオーバーの費用だけ見てしまうと、導入後に失敗したと感じてしまうこともあるのです。

選ぶ際は、コールオーバーの料金だけでなく、電話代行サービス会社の品質を確認しましょう。企業によって電話対応で求める雰囲気は異なります。電話代行サービスのオペレーターには、会社の顔として電話に出てもらうことになります。企業のブランドやイメージに合う対応をしてもらえるかどうかは重要でしょう。そのため、応対するスタッフへの教育が行き届いていて安心して依頼できる電話代行会社を選ぶ必要があります。
電話代行業者によっては、応対時のスクリプトが限られている場合もあり、柔軟に対応してもらえないケースもあるため事前に確認が必要です。

<関連記事>
電話代行業者の選び方のポイントやおすすめの業者のご紹介!

BusinessCallなら安心して利用できる

電話代行サービスを依頼するなら、官公庁でも利用されているBusinessCallがおすすめです。日本コールセンター協会公認の電話代行サービス会社で、公的機関から信頼されているサービスなので安心です。また、BusinessCallには下記のような特徴があります。

コールオーバー料金が安い

BusinessCallは、基本料金がリーズナブルなだけでなく、コールオーバー料金が安い点も魅力です。スタンダードプランの場合、1件あたり176円(税込)、ラグジュアリープランの場合、1件あたり143円(税込)です。

柔軟な電話対応が可能

BusinessCallは、柔軟な電話対応が可能です。様々な施設で導入されていて、各社に合わせた対応ができるようにオペレーターもしっかり教育されています。また、利用時間も柔軟に対応してもらえるので、短時間での利用も可能です。

チャットツール報告が可能

BusinessCallでは、受電内容をチャットツールで確認できます。複数のツールから使いやすいものを選んで報告してもらうことができます。
また、グループウエアの利用も可能でBusinessCallの専用管理画面を部署やチームメンバーで共有すれば、電話対応の一括管理をするシステムとして利用可能となっています。

<関連記事>
電話代行って何?どんなサービス?メリットやデメリットを紹介

まとめ

電話代行サービスのコールオーバーについてお伝えしました。コールオーバーの費用は、電話代行サービス会社によって異なります。コールオーバーが安いという理由だけで選んでしまうと失敗してしまう可能性もあるため、電話対応の品質とコールオーバーの費用、そして基本料金など、全体のバランスを見て選ぶようにしましょう。

Businesscallのサービスの詳細はこちら

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)