ガーフィールド電話の謎

皆様こんにちは!
BusinessCallスタッフのIです。

本日は真冬並みの寒さですね。。
1ヶ月ぶりに真冬コートを着てきました。

先週末はあんなにあったかかったのに、
お天気とは不安定なものです。

さて、本日は面白いニュースを発見しましたのでご紹介いたします!

35年間、フランスのある海岸の町は「ガーフィールド電話」の謎にずっと取り憑かれてきました。1980年代からフランスのブルターニュの海岸には、アメリカの漫画「ガーフィールド」の電話が打ち上げられ続けているのです。去年だけで200個も流されてきたそうです。数十年前、漫画のキャラクターをモチーフにした電話が大流行。ガーフィールドも人気電話のひとつでした。普段は寝ているのですが、電話が鳴って受話器を取ると目を開き、受話器を置くとまた目を閉じるというもの。そしてこのキャンペーンが広く報じられることとなり、ある地元農家の人がガーフィールド電話の謎を知っていると名乗り出たのです。France Infoによると、嵐がきた後、Renéさんは兄弟たちと干潮のときだけ入れる近くの洞窟に探検に出かけたそう。そして電話がいっぱい入ったコンテナを発見。そして今回、Renéさんがジャーナリストたちを連れてその洞窟に行ってみると、岩山に埋もれた輸送コンテナの一部が見つかり、洞窟内の石の間から粉々になったガーフィールド電話がたくさん見つかりました。ボランティアたちが「これでやっと謎が解けました。宝物を見つけた気分です」と話しているそうです。

なんだかとても夢のあるお話だと思いませんか?

まるで平和な映画のようなお話。
とても素敵です。

本日は、そんなほっこりニュースをお届けしました。

金曜日は、BusinessCallにまつわるお話を
させて頂ければと思います。

それではまた金曜日!

○チャット ※Businesscallサイトのページ下にございます

○お電話(0120-935-372)※全日10:00-19:00

お問い合わせフォーム

電話代行・秘書代行サービスのBusinessCall

BusinessCallは、マルチデバイス専用管理画面で電話対応の効率化を実現するスマート管理型電話代行サービスです。電話代行サービスに本当に必要な機能を厳選し、月額5000円からご利用可能です。