お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

フリーランスで仕事用の電話を持ちたい場合どうしたらいい?おすすめの方法を紹介します

電話基礎

フリーランスで仕事をしている人は、仕事用の電話とプライベートの電話を分けたいと感じたことがあるのではないでしょうか。

プライベートの電話を仕事用にしてしまうと、24時間電話がかかってきてしまう可能性があり、プライベートの時間と仕事の時間を分けにくくなってしまいますね。でも、フリーランスは仕事用に電話を持つべきなのか?持つ場合どうしたら良いのか?そのような疑問もあるでしょう。

本記事では、フリーランスが仕事用の電話を持つ必要性や気になること、おすすめの方法をまとめてみました。

フリーランスに仕事用電話は必要なのか

フリーランスで仕事をする場合、仕事用の電話は必要なのでしょうか?プライベートで使っている電話番号を使っても良いと思われる人もいるかもしれません。しかし、プライベートで使う電話を仕事用として使用してしまうと、多くの人にプライベートの番号を教えることになりますし、経費計算も面倒です。そのため、仕事用の電話を持つ人が多いのです。

名刺にプライベートのものを書かずに済む

仕事とプライベートで電話を分けていない場合、名刺にプライベートの番号を記載しなければいけなくなります。

プライベートの番号を名刺に記載するということは、名刺を配った人全員に自分の番号を教えてしまうことになります。名刺を交換する相手は、長くお付き合いする人ばかりとは言えません。

そのため、できればプライベートの番号は知られないほうが良いですね。仕事用の電話を持っていれば、プライベートの番号を名刺に記載する必要がなくなるのです。

経費計算が楽になる

フリーランスで仕事をする場合、自分で経費計算をしなければいけません。事業に関係ないプライベートな費用は、経費として落とすことはできないので、プライベートと併用してしまうと、経費精算が面倒になってしまいます。

プライベートで使った分と経費として落とす分を毎回分ける手間を考えると、仕事用の電話を持ったほうがスムーズと言えるでしょう。

仕事とプライベートを分けられる

プライベートと仕事の電話が同じだと、プライベートの時間でも仕事の電話がかかってくるということがあるでしょう。業務時間外にも仕事の対応をしなければいけなくなってしまいます。

プライベートの時間と仕事の時間をきちんと分けたいという人は、仕事用の電話を持っていたほうがプライベートの時間をしっかり作ることができると言えます。

<関連記事>
個人事業主が電話代行サービスを利用するメリットや活用例とは

仕事用の電話番号を入手する方法

仕事用の電話を持ちたい場合、どのような方法があるのでしょうか。仕事用の電話番号を入手する方法についてまとめておきます。

2台持ち

仕事用とプライベート用の電話を持つことで、仕事用の番号とプライベートの番号を持つことができます。

しかし、2台の携帯電話を常に持ち歩くことになるので、少し面倒と感じる人もいるでしょう。どちらか忘れてきてしまうということもありますし、パソコンやタブレット端末なども持ち歩かなければいけない場合、荷物が増えます。

また、2台持つとなると、端末を購入する費用もかかってしまいます。2台持つ場合は、1台は格安スマホにするなどして、費用を抑える工夫も必要でしょう。

IP電話に加入する

今持っている携帯電話に、仕事用の番号を追加して使うことができるのがIP電話です。IP電話は、電話回線を使わずデータ回線で会話する方法になります。

「050」から始まる電話番号を新しく追加することができるので、プライベートの番号を知らせることなく、「050」の番号を仕事用として使うことができるのです。

固定電話にもかけることができますし、通話料も通常より安いので費用を抑えて2つの番号を使い分けできますよ。

ただし、IP電話は通話の品質がやや落ちてしまうということや、通信容量が消費されてしまうというデメリットもあるので、この点は注意しなければいけません。

<関連記事>
今注目のスマホ内線化とは?活用方法やメリットについて解説

固定電話を設置する

仕事用の電話として固定電話を設置するという方法もあります。

しかし、この方法は事務所や店舗がある場合は便利ですが、自宅兼オフィスという場合や、外で仕事をすることが多い場合は不便でしょう。

固定電話から自分の携帯電話に転送されるようにしておかなければ、大事な連絡にすぐに対応できなくなってしまうからです。使いやすさを考えると、固定電話はあまりおすすめできません。

<関連記事>
起業時は固定電話番号が必要?4つの取得方法について

電話転送サービス

事務所に固定電話があり、ほとんど事務所で仕事しているという場合、仕事用の電話は事務所の電話で問題ありません。
しかし外出時や不在時は、電話が入っても対応できなくなってしまいます。そのような場合に利用したいのが、電話転送サービスです。

このサービスは、事務所を留守にしていても電話を転送して携帯電話で対応できるようにしてくれるサービスで、電話番をする事務員を雇わなくても済むことから、経費削減にもつながると言えます

ただし、転送される電話の件数が多くなると、転送費用が高くなってしまうので注意しなければいけないでしょう。

フリーランスの電話対応のよくある悩み

フリーランスの電話対応では、様々な悩みがあります。よく挙げられるお悩みをみていきましょう。

休日の電話対応

ホームぺージや名刺にプライベートの電話番号を載せてしまうと、お客さんから平日や休日関係なく電話がかかってきてしまうことになります。

プライベートの時間でも、仕事の電話は出ないわけにはいきませんから、仕事量が増えることになってしまうでしょう。ここで、仕事用の電話があれば、業務時間外は出ないということもできるのです。

<関連記事>
休日の仕事電話は出るべき?対応リスクと対処方法について解説!

業務中の電話対応

一人で仕事をしている場合、業務中や作業中に電話がかかってきてしまうこともあるでしょう。そのような場合、行っている作業を中断して電話に出なければいけなくなり、業務効率が落ちますね。

どうしても手を止められない場合は、電話に出ることができないということにもなるでしょう。そうなってしまうと、仕事のチャンスを失ってしまう可能性もあるのです。

電話対応は委託するという選択肢も

フリーランスが仕事用の電話を持ちたいという場合、端末を2台持ったり、番号を2つ持つという方法もありますが、電話対応を委託するという方法もおすすめです。

電話対応を委託することで、固定電話の番号を取得することができ自社の信頼度を高めることにも繋がります。

電話代行とは

電話代行は、社員が不在の時にかかってきた電話を代理応答してくれるサービスです。法人利用されているイメージがあるかもしれませんが、実はフリーランスで導入している人もいます。

フリーランスで導入すると、個人秘書を雇っているような感覚で電話代行サービスを利用することが可能です。会社の番号を、電話代行会社に転送するように設定するだけで、プロのオペレーターが代理応答してくれます。

そして受けた電話の内容は、メールやChatworkなどを通してリアルタイムで報告してくれるので、大切な連絡も逃すことがありません。電話代行サービスをフリーランスで利用する場合、事務所があってもなくても利用できるので便利です。

また、サービスによっては電話番号の貸出も行っているので、固定電話番号をお持ちでいない方にもおすすめです。

電話代行はBusinesscallへ

フリーランスで電話代行を利用したいならBusinesscallがおすすめです。

Businesscallでは、電話対応に関して独自の研修を受けたスタッフが対応しますので、対応品質が高いです。電話をかけてきたお客様も気持ちよく話をすることができますし、自社の好感度アップにもつながるのです。

フリーランスの場合、一人で様々な業務をこなさなけれればいけないので、どうしても電話に出ることができないということがあるでしょう。そのような場合、チャンスを逃してしまうこともあるのです。大切なチャンスを逃さないためにも、電話代行サービスを導入することはおすすめです。

休日の電話対応や営業時間外の電話対応、外出中の電話対応など希望に合わせて依頼可能できます。受付スタッフを雇うよりも経費を抑えて、質の高い電話対応サービスを利用できます。
また、BusinessCallでは、電話番号の貸出費用も基本料金の中に含まれているので、なるべくコストを抑えたい方にもオススメのサービスです。

BusinessCallのサービス詳細についてはこちら

まとめ

フリーランスでは、プライベートと仕事の時間を分けるために仕事用の電話が必要ということがわかりました。
仕事用の電話を持つ方法は、端末の2台持ちや2つの番号を取得する方法、固定電話の設置、電話代行サービスなどがあります。


中でも、できるだけ経費を抑えて、質の高い対応を行う方法としておすすめなのは、電話代行サービスです。
研修を受けたプロオペレーターが、秘書として電話を取ってくれることで、フリーランスとして働くあなたの信頼度アップにも繋がります。フリーランスで仕事用の電話の導入を検討されているなら、電話代行サービスBusinesscallの利用を検討してみて下さい。

<関連記事>
電話代行サービスが起業時に利用される理由

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)