お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

コールセンター代行(電話代行)サービスの事例とは?

コールセンター

BusinessCallでは、おかげさまで現在様々な会社、個人の方にご利用いただいております。

今回は、実際の導入事例をご紹介しながら、どのように利用すれば本業が効率的になるのかという疑問にお答えしたいと思います。

コールセンター代行(電話代行)を利用すべき状況とは?

コールセンター代行や電話代行はどのような時に利用することが多いのでしょうか?

BusinessCallはお客様が下記のような状況な時にご依頼を受けることが多いです。

  • コールセンターのスタッフ不足でオペレーションが回らないとき
  • オペレーターの教育に時間もコストも掛かり効率が悪いとき
  • 本業に集中できないとき

見てみると、コールセンター業務にかかる工数が多い時に、弊社にご依頼頂いている方が多いですね。

自社でコールセンターを運営するとなると、
オペレーターを担当する社員教育から、トークスクリプトの作成、問い合わせの管理などなど

行うことがどうしても多くなってしまいがちですよね。

今回は、下記の導入事例を参考に、コールセンター(電話)代行サービスのメリットをご紹介します。

コールセンター代行(電話代行)の導入事例(BusinessCall)

この記事では、法人様の導入事例を2つ紹介します。個人事業主様やスタートアップの方はこちらも参考にしてみて下さい。

導入事例①:エステサロンの経営者様の場合

個人でエステサロンを経営しており、忙しくなるほど予約が取りづらい状況が続き、思い切ってコールセンターの代行を導入された事例です。

課題点

エステサロンの経営が忙しくなると、お客様の予約が取りづらいだけではなく予約管理も難しくなり、十分に対応できなかったという課題がありました。

中には、不満を抱き、エステを辞めてしまうお客様もいらっしゃったそうです。

導入後

しかし、コールセンターの代行を導入の効果で、顧客とのコミュニケーションの円滑化でき、確実なリピーターを獲得できました。

また、電話対応を任せたことによって、エステサロン経営者も十分な休息時間を確保でき、サービスの質の向上やキープにつなげることができました。

導入事例②:化粧品メーカー様の場合

お化粧品のメーカー様の事例です。

課題点

全国規模で流通しているような商品を販売してる会社様でしたが、会社の規模は小さく、カスタマーセンターを自社内に立ち上げるのに踏み切れないご様子でした。

ゼロから自社内にコールセンターを設けるのは、コストも育成も難しいと感じ、外注することを決意。

導入後

コールセンター業務を外注することで、自社内にコールセンターを立ち上げる必要がなくなり、余った人的リソースを商品開発やマーケティングに活用したそうです。本業に集中することで、直接売上につながる事業を大きく伸ばすことができました。

point!コールセンター業務を外注するだけで本業に集中する時間が増えたというお客様が多いです。また、オペレーターの質もご満足いただいております。

BusinessCallを導入するメリット

コストを大幅に削減できる

コールセンターの人員の雇用や設備にかかるコストは意外に大きく、環境を整えることは簡単ではありません。

コールセンター代行サービスを利用すれば、そのコストを大幅に削減でき、かつ経験豊富なオペレーターが電話対応を行うため、品質も高いです。

BusinessCallを導入する決め手①

BusinessCallは、月額5,000円から利用可能で、高品質なオペレーターが電話対応をします。
使い始めやすい価格設定ですのでまずはお試しいただければと思います。

大手企業のコールセンター業務だけでなく、公的機関のコールセンターの代行業務を行っている実績もありますので、品質には自信があります。

また、オペレーターの質を保持するための教育体制や環境を整え、情報漏洩にも徹底管理しているため、安心してご利用していただけます。プライバシーマークの取得や日本コールセンター協会への加盟実績があり、多くの利用者様より信頼していただいています。

クレーム・トラブル対応にも利用可能

問い合わせの中にはクレームもあるので、トラブルにならないように慎重に対処する必要がありますが、
こちらもBusinessCallでは対応させていただいております。
経験豊富なプロのオペレーターが丁寧にクレーム対応をして、トラブル回避に努めます。

ビジネスチャンスを逃さない

自社への電話の中には、新規の大口顧客様など大きなビジネスチャンスを得られる可能性があります。

しかし、電話対応ができずに留守番電話になってしまうことで、同業他社へ新規顧客が流れ、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまう恐れがあります。

コールセンター代行を利用すれば、オペレーターが最大限対応するため、ビジネスチャンスを逃す可能性を大幅に下げることができます。

BusinessCallを導入する決め手②

BusinessCallのコールセンター代行サービスは、必要なときだけの利用が可能です。

多くのサービスは、使う日と使わない日を決めるなど、1日単位で利用を決定していますが、BusinessCallでは、1日単位だけではなく時間単位でも利用できます。

例えば、お昼休みの数時間だけの利用でオフィスを無人化にできたり、忙しい時間帯だけ依頼して業務効率を上げたりなど、1日の中でも利用する時間帯と利用しない時間帯を分けることができるのです。

業務に集中でき仕事の効率が上がる

電話の数が多いほど、業務を中断しなければいけなくなり、最悪の場合は、電話対応だけで終わってしまう日もあるかもしれません。

しかし、コールセンター代行に電話対応を丸ごと依頼しておけば、電話対応以外の業務に集中できて仕事の効率がアップし、業績向上へとつながります。

BusinessCallを導入する決め手③

BusinessCallでは専用の管理画面にて、オペレーターが対応した履歴を確認することができます。その時点で
すぐに折り返したほうが良い案件なのかそうでないのかが明確になるため、最小限の時間で電話対応ができることになるのです。

また、この専用管理画面は、マルチデバイスに対応しているため、パソコンやタブレットからも、また出先でスマートフォンからも確認可能です。

さらにグループウェアとしても利用可能なため、職場の仲間との共有も容易です。

他にも様々な機能があるBusinessCall。詳しくはこちらをご確認下さい。

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)