コールセンター代行の費用相場とBusinessCallの料金体系

お客様サポートや、電話代行として利用されるコールセンターですが、月々どのくらいの費用がかかるのでしょうか。インハウス型、アウトソーシング型のコールセンターの費用体系の違いや、コールセンター代行サービス(電話代行サービス)の費用について解説していきます。

コールセンターの費用はどのくらいかかる?

コールセンターを運営するためには、外部に運営を委託するアウトソーシング型と社内で運営を行うインハウス型の2つの方法があります。

運営方法が異なることで、必要費用も異なってきますのでしっかりと確認しておきましょう。

インハウス型とアウトソーシング型コールセンターの費用比較

インハウス型アウトソーシング型
費用項目
(ランニングコスト)
①システム,設備費用
②人件費
③教育研修費
サービス利用料のみ

インハウス型コールセンターの費用

インハウス型コールセンターは自社のノウハウをためながら、アウトソーシング型よりも顧客に寄り添った運営ができるのですが、1から構築していかなくてはならないため、どうしても費用がかかってきてしまいます。

どのくらいの規模のコールセンターを作るかにもよりますが、構築のための初期費用から、ランニングコストまで合わせると、多額な費用がかかるでしょう。

最低でも月額数十万円はかかるため、どうしても自社で運用したい、それ相応の理由がある場合以外、コールセンター代行サービスを利用したほうが費用は安くなります。

アウトソーシング型コールセンターの費用(コールセンター代行)

アウトソーシング型コールセンターは「コールセンター代行サービス」や、「電話代行サービス」とも呼ばれ、コールセンターの機能ごと業務委託する方法です。

初期費用や毎月の費用は数万円程度に設定されていることが多く、インハウス型のコールセンター運営に比べて非常に安価で運営を行うことが可能です。

また、初期費用無料などお得なキャンペーンが実施されていることもあり、上手く利用すればさらに費用を抑えることも可能です。

コールセンター代行サービスの費用

コールセンター代行にかかる各種費用は運営会社によって、それぞれ異なります。

例えば、当社のサービスBusinessCallと他社様のサービスを比べると下記のようになります。

BusinessCallA社B社
月額費用5,000円〜3,000円〜50,000円〜
初期費用15,000円
無料キャンペーン有り
10,000円15,000円
受電件数40件/月10件/月80件/月
超過費用160円/件300円/件250円/件
対応時間全日 9:00~21:00平日 9:00~18:00平日 10:00~19:00
専用管理画面
レンタルアドレスオプションオプション

コールセンター料金比較のポイント

このとき料金プランを比較するとき、下記4点を確認することがオススメです。

初期費用や月額費用について

最初に導入するコスト、月々のランニングコストはまず最初に確認しましょう。

受電件数

通常、1ヶ月の受電上限が設定されており上限を超えると受電が1件増える毎に超過費用が加算されます。

月額費用が安くても受電件数が少なく設定されている場合は、超過費用がかさみ想定以上に費用が割高になることもありますので注意が必要です。

対応時間

対応時間も重要なポイントで、土日祝日を含め、全日対応している場合や平日のみの場合など会社によって異なりますのでしっかり確認してください。

当社のサービスは、土日も変わらず提供しているため、多くの方からご好評いただいております。

会社を開けていなくても、弊社を窓口にすることで、土日のお問い合わせにも対応できます。

付随サービス(オプション)

各社ともオプションで付けられるサービスが異なります。

例えば、当社の場合、問い合わせ内容が一目で確認できる専用管理画面を無料で提供していたり、ラグジュアリープランの場合、会社等の所在地として利用可能なレンタルアドレスのサービスなどを付けております。

ECサイト等を運営されている方や、オンラインサービスだけれど、住所が必要という方に人気です。

コールセンター代行サービスの費用はどのようにして決まるの?

コールセンターの料金に差額が生まれるのは、人員体制や対応時間が異なるためです。

どのような違いがあるのかしっかりと理解した上で、最適なプランを選択しましょう。

①人員体制

電話対応にあたる人員体制は様々で、オペレーターの人数や「専任」であるか「兼任」であるかによって費用は異なります。

専任の場合は、毎回決まったオペレーターが電話対応にあたるので、会社のことを十分に熟知した上で対応可能です。

また、海外との連絡が必要な場合には外国語が堪能なオペレーターをつけるなど、会社の事業内容に合わせて自社に最適な人物を選べるのも専任の大きな特徴です。

「兼任」の場合は、決まった担当者はおらず、受電する毎に手すきのオペレーターが対応にあたることになります。

専任のオペレーターよりも、専門性は低くなりますが、コールセンター代行サービスの利用費用を安く抑えることができます。

当社のサービスBusinessCallは、兼任制ではありますが、その中で、担当する案件を絞っているので、比較的質の高い電話対応を実現できております。

受注受付からクレーム対応まで、幅広く対応しておりますので、どうぞご相談ください。

②対応時間

電話対応を行う時間帯や曜日によっても費用は異なります。

一般的には、平日のビジネスタイムは料金が最も安い傾向にあり、ビジネスタイムから外れた深夜や祝日は料金が割り増しになる傾向にあります。

依頼を行う際は受電の頻度と料金プランをしっかりと見比べ、費用対効果が薄れない選択を行いましょう

当社のサービスは、土日祝日も関係なく、月額5000円からサービスをご提供しております。
さらに詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。

③業務要件

依頼する仕事の規模や複雑さも、費用に大きな影響を与えることになります。

依頼業務によっては、オペレーターの教育を行い専門知識を身につけさせるようなスタッフへの教育、研修費がかかる場合があります。

また、スムーズに対応を行うためのマニュアル、資料作成やトラブルを防ぐための通話録音や顧客管理システムの導入など、業務を効率化するためのシステム構築や機材導入の費用も業務要件に含まれます。

これらの業務要件に関しては、オプションとして発生する費用になりますので、サービス会社に問い合わせてみることが一番です。

BusinessCallの料金プラン

弊社では、さまざまな業界のお客様のお電話を代行してきた実績があります。個人事業を始められて間もない方、起業された方、その他、現状の電話対応に不満がある方は、ぜひ弊社に一度お問い合わせください。

料金プラン・サービス一覧

スタンダードプランラグジュアリープラン
月額費用5,000円(税抜)10,000円(税抜)
初期費用15,000円
今なら初期費用無料!
件数上限40件100件
超過金額160円/件130円/件
対応時間全日9:00〜21:00
最大7時間対応
全日9:00〜21:00
最大9時間対応
オプション※お問い合わせください

オプション

  • 営業時間外オリジナルガイダンス設定/月額費用:1,000円
  • ※貴社名でのガイダンスをお求めの場合のオプションとなります。

  • Q&A追加/月額費用:1,000円/1Q&A
  • ※特定の質問に対して、回答させていただく場合のオプションとなります。

    BusinessCallに問い合わせる

    BusinessCallに申し込む

    タイトルとURLをコピーしました