お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

050から始まる電話番号とは?IP電話の仕組みやメリットを解説

電話基礎

ビジネスで使用する電話番号には、固定回線を引く方法や、会社用の携帯電話を契約する方法などいくつか選択肢があります。

その中でもIP電話を利用した「050番号」は、取得の手間やコスト面で非常に便利な電話番号です。

これから電話番号を取得しようとしているけれど、どれにすればいいか分からないと迷っている方は、050番号もぜひご検討してみてください。

今回の記事では、

  • 050番号とはどのような回線なのか
  • 050番号メリットとデメリット
  • 050番号の取得方法

をご紹介しています。

050番号とは?

050番号とはIP電話に付与される電話番号で、NTT加入電話のように地域ごとに割り振られた番号ではなく、050からはじまる11桁の電話番号です。

050の後に続く4桁の番号は、IP電話事業者の認識番号で事業者ごとに異なります。

ただし、IP電話=050という事ではなく、LINEアプリの通話のようにIP電話の中でも電話番号を持たずに利用できるケースもあります。

IP電話とは?

IP電話は2002年より始まった電話サービスで、インターネット回線を利用して通話ができる回線です。

固定電話、携帯電話どちらでも利用可能で、NTT加入電話のような「加入権」は必要ありません。

初期費用や使用料を抑えることができるため、電話の使用が多い企業などで利用されている回線です。

IP電話の仕組み

IP電話は、音声や映像をデジタル化し、インターネット回線を使って音声や映像を届ける仕組みです。

ネット回線の契約があれば、新たに回線を引いたり工事をしたりする必要はありません。

インターネット提供会社であるプロバイダと契約をし、プロバイダから電話番号が付与されます。

NTT加入電話(アナログ回線)は音のみのやり取りですが、IP電話は動画の送受信も可能なためテレビ電話として利用できます。

IP電話を固定電話として利用するためには、ビジネスフォンなどの専用接続機器が必要ですが、プロバイダによってはレンタル対応している場合もあります。

IP電話を固定電話だけでなく携帯電話で利用する場合は、スマートフォンにアプリをダウンロードするだけなので、特別な機器を用意しなくても利用可能です。

IP電話のメリット

IP電話の最大のメリットは、アナログ回線と比べコストを抑えられることです。

ネット回線があればすぐに利用できるため、新たな費用をかけずに導入できます。

基本料金もネット回線使用料に含まれていることが多く、別途かかる場合でも数百円程度です。

通話料は一律8円/3分(携帯電話は別)とアナログ回線よりも安く、同じプロバイダ同士は無料です。

NTTの交換局を介さないので、距離が遠くなるほど金額が高くなることはありません。

また、他のシステムやアプリケーションと相性が良く、パソコンと連携し顧客管理システムやクラウドツールなど幅広く利用できます。

IP電話のデメリット

IP電話は利用に制限があり、かけることができない番号があります。

110番や119番は、発信者の最寄りの警察署や消防署につながる仕組みなので、位置情報を送信する機能を持たないIP電話からは発信することができません。

その他、0120のフリーダイヤルや0570/0990の特殊番号、停電時に使用することもできません。

また、通話品質がアナログ回線に比べ低いことが多く、高速移動中や回線が混雑する時間帯は途中で切れてしまう可能性もあります。

050番号にかかる電話料金や初期費用

050を導入するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

NTT加入電話と比べ抑えられる費用や、かかる費用について見ていきます。

抑えられる費用

・加入費用分
NTT加入電話の場合:36,000円

・050番号との通話料
同じプロバイダ同士は無料、その他の050番号との通話も無料の場合がある。

・通話の受信

かかる費用

・基本料金の支払い
0円~300円程度

・050番号以外の通話料
固定電話:8円/3分、携帯電話:16円/1分~(プロバイダによって異なる)

・通話の発信

以上のように、050電話はNTT加入電話に比べ、全体的に費用を抑えることが可能です。

050番号は個人事業主やスタートアップにおすすめ

050番号のIP電話は、アナログ回線に比べ導入費用や月々の使用料も抑えられるため、個人経営者や小規模のビジネスに向いています。

「電話はオフィスよりも外出先で受発信することが多い」「ユーザーからの問い合わせはチャットやメールなので電話は少ない」という場合は、固定電話を設置し転送サービスを利用するよりも、IP電話を利用することをおすすめします。

フリーランスで活動する個人経営者であってもインターネット回線があれば利用できるため、新たに電話回線を申し込むよりもIP電話を利用する方がコスト削減や手続きの手間を省けます。

BusinessCallなら050番号を貸出!

050番号を取得するには、プロバイダと契約する方法が良く知られていますが、電話代行サービスを利用するという方法もあります。

BusinessCallの電話代行サービスは、企業にかかってきた電話を専用オペレーターが一次受けし、ご担当者さまに取り次ぎます。

既存の電話番号をBusinessCallのコールセンターに転送する方法もありますが、050の番号を貸し出すことも可能なので、回線を契約しなくても利用できます。

BusinessCallは回線の取得と電話応対の両方を請け負うため、簡単に電話対応の環境構築、改善することができます。

BusinessCalの実際のご利用事例、お客様の口コミ情報はこちらをご覧ください。
BusinessCallのお客様の声

まとめ

企業にとって電話番号は、顧客や取引先の窓口となる重要なツールです。

固定回線を引いて市外局番から始まる番号を取得する方法もありますが、業務形態によっては050IP電話で十分な場合もあります。

個人経営やスタートアップでコストを抑えたい場合や、本業に集中しできるだけ手間をかけたくない場合は、050番号の取得が有効的です。

電話代行サービスを利用すれば、番号の貸し出しだけでなく電話対応も委託できるので、多忙なビジネスをサポートできます。

メリット・デメリットをふまえ、ビジネス環境に合わせた回線を選びましょう。

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)