お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

人件費削減の重要性とは?メリットや人手不足にならない方法もご紹介

その他

企業は利益を出さなければ存続していくことができません。利益は、売上から経費を差し引いたもので、人件費も含まれています。

人件費を削減する方法はいくつかありますが、慎重に行わなければ、優秀な人材を損失したり、離職率が上がるなどの問題に繋がってしまいます。
ここでは、人件費削減のメリットや、人件費削減方法についてまとめています。

人件費削減の重要性

経費を削減すれば、会社の営業利益は増やせます。しかし、経費を削減するためにどのような方法を取り入れていくかは慎重に決める必要があるでしょう。無理な経費削減方法は長く続きません。ではどのように考えていくと良いのでしょうか。

営業利益の最大化と経費の最小化

会社を存続させていくためには、利益を出す必要があります。利益の最大化が会社の目標でもあるので、そのために経費削減を行うことは重要です。

安定した経営のために、売上に合わせて経費をコントロールしていく方法をとることで、無理のない経費削減が可能になります。経費のコントロールは、単なる経費削減ではありません。売上が増えていれば、増加した売り上げの分、経費が増えても問題ありません。経費が増えていても、売上が増加していれば利益が出るからです。
このようにコントロールしていくことで、経費削減を続けることができるのです。

人件費削減のメリット

人件費は固定費の中でも大きなウエイトを占めています。そのため、人件費を削減することで、利益を得ることが可能です。人件費削減のメリットをまとめておきます。

コストカット

人件費の削減は、大きなコストカットに繋がります。最短で利益を出すための方法と言えるでしょう。

正社員一人あたりにかかる年間人件費には、

  • 基本給
  • 賞与
  • 健康保険料
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料
  • 労災保険料
  • 残業代
  • 交通費
  • 退職積立金
  • 各種手当
  • 業務のための備品代

などが含まれています。
これらの費用をカットできるので、大きなコストカットに繋がるのです。

設備投資に回せる

人件費を削減することで、浮いた資金を設備投資にまわすことができます。労働の効率化を図るため、労働環境をより良いものに整えていくことが可能です。
従業員のモチベーションアップに繋がりますし、効率化されることで利益をもたらすことができると言えます。

金融機関からの評価

人件費の削減は、従業員や世間から見ると、あまり良い評価を得られることではありません。しかし、金融機関からの評価は高くなると言われています。

その理由は、金融機関が確認している点が企業の利益だからです。利益が出て黒字になっていれば評価は高くなり、金融機関からの融資も受けやすくなります。人件費削減は、金融機関の評価をあげるという点でも大きく影響するのです。

人件費削減を実現させる5つの方法

人件費削減を実現させるためには、どのような方法があるのでしょうか。

リストラ

人件費削減の方法として、リストラや希望退職者を募る方法があります。この方法は、慎重に行わなければいけません。
方法を間違えてしまうと、会社のイメージダウンになってしまう可能性があるだけでなく、他の従業員もモチベーションが下がるなど、利益をあげたいはずが逆効果となってしまう可能性もあるからです。

給料のカット

人員の削減をしないで、給料をカットするという方法も人件費削減策です。社員やパート、アルバイトの給料を減らすことで、利益を出すことができます。

しかし、この方法も働く従業員のモチベーションを低下させてしまう可能性があるため、注意しなければいけません。長期的には行うことが難しいでしょう。

業務の効率化

リストラや給料のカットではなく、業務の効率化により残業代をなくしていくという方法は、経費削減として実行しやすいです。残業代が出ない仕組みづくりができれば、残業代分のコストカットができます。

機械化やロボット化により効率よく業務を行う方法を取り入れる、システムを取り入れて業務をスムーズに行えるようにするなどの方法があるでしょう。ただし、これらの導入には資金が必要なため、本当に業務効率化に繋がるのか、期待する利益を出すことができるのか慎重に検討する必要があります。

<関連記事>
お問合せ対応を効率化する7つのポイント?電話・メール別で徹底解説

業務を外注する

業務効率化のために、業務の外注という方法もあります。今社員が行っている仕事を、外注することでコストを削減していきます。社員がその業務を行うよりも安い費用で外注できれば、社員は他の業務に集中することができ、結果として残業代を減らすことにも繋がりますし、業務効率化が実現します。コストを削減しながら利益が出せることになるでしょう。

外注するとなると、費用がかかると思われるかもしれませんが、外注に出す内容をしっかり検討し、サービスを依頼する会社選びを正しく選択できれば、経費削減に繋がります。

<関連記事>
電話対応は外注するべき?メリットや電話秘書代行サービスについて解説!

電話対応にも多くの人件費がかかっている

企業において、電話対応にはとても多くの時間を費やしていると言えます。大切なお客様からの電話もあれば、社内電話もありますし、セールスや勧誘の電話もあります。特に厄介なのが迷惑電話とも言えるセールスや勧誘の電話です。

1回の電話に費やす時間は5分ほどだったとしても、1日に30件かかってきていたらどうでしょうか?5分×30回=150分は迷惑電話の対応をしていることになります。150分あれば、他の仕事ができます。電話対応で、仕事が中断されて効率が悪くなってしまっていると言えるでしょう。

そこで、電話対応業務を外注することで、仕事の効率をあげるという方法が様々な企業で導入されています。

電話代行サービスとは

電話代行サービスとは、企業にかかってきた電話を、電話代行サービスのスタッフが一次対応してくれるサービスです。対応した内容は、メールやチャットツール等にてリアルタイムで報告が届きます。

必要な電話の内容だけが伝わるので、効率よく仕事が行えます。スムーズに電話応対できることから、取引先企業の信頼も高めることができるサービスとなっています。

電話代行はBusinessCallへ

電話代行サービスを行っている企業は沢山ありますが、おすすめは「Businesscall」の電話代行サービスです。
「Businesscall」の電話代行サービスは、下記のような特徴があり多くのお客様に選ばれています。

料金がリーズナブル

経費削減を考えている企業にとって、業務を外注化することは費用がかかりそうだとためらってしまうかもしれません。しかし「Businesscall」の場合は、月額5,000円(税込5,500円)から利用できるため、できるだけ経費をおさえたいという企業も利用しやすくなっています。個人事業主やスタートアップ企業からも好評です。

<関連記事>
電話代行の費用相場とBusinessCallの料金体系

プロのオペレーターが対応

リーズナブルな価格で利用できる「Businesscall」ですが、オペレーターの質はとても高いです。独自の研修を受けていて、丁寧で迅速な対応が可能です。企業の顔となって電話に出ますので、企業のイメージアップにも最適です。

利用しやすいプラン

「Businesscall」なら、好きな時間・好きな曜日に30分単位から申し込むことができるためとても利用しやすいです。複数の時間帯の組み合わせも可能なため、無駄なコストが発生しにくくなっています。

Businesscallのサービスの詳細はこちら

まとめ

企業の人件費を削減する方法や人件費削減のメリットについてご紹介しました。電話応対の外注化は、すぐに実施しやすい経費削減方法です。仕事効率化と経費削減のために、電話代行サービスの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)