お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

電話代行の通知方法やおすすめ電話代行会社について徹底解説!

その他

テレワークや在宅勤務を導入している企業では、電話代行サービスの利用が増えています。電話代行サービスでは、受電した内容を様々な方法で担当者に通知しますが、どの方法がより便利なのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、電話代行サービスの通知方法とLINE通知のメリット、LINE通知を利用したい場合におすすめの電話代行会社もご紹介します。

電話代行の電話内容の通知方法

電話代行サービスでは、受電した内容を様々な方法で通知しています。どのような通知方法があるのか確認しましょう。

LINE

受電内容がLINEで通知されます。
LINEは利用者が多いアプリで、ビジネスでも使われている人が多いのではないでしょうか。
電話代行サービスでは、グループLINEでの利用も可能となるため、関係者同士で電話内容の共有もしやすくなっています。

Eメール

Eメールで受電内容をお知らせする方法です。
連絡して欲しいメールアドレスを事前に伝えておき、そのアドレスに受電内容を送ってもらいます。ただし、迷惑メールや他のメールと混ざってしまうこともあるため注意して確認しなければならないでしょう。

Slack

Slack (スラック)での通知は、ダイレクトメッセージで連絡されます。
転送先のメールアドレスに受電内容を連絡する方法で、Slackワークスペース上のダイレクトメッセージの項目にある Slackbotに表示されます。
これを確認すればどこからどのような内容で電話がかかってきたか確認することが可能です。

チャットワーク

電話代行サービス会社のチャットワークアカウントから、グループチャットに受電内容が連絡されます。
チャットワークを普段から使っている企業であれば、便利に使えるでしょう。

Microsoft Teams

Microsoft Teamsで受電内容を確認する方法は、受電内容を社内間で共有しやすいという点で使いやすいでしょう。リアルタイムで情報共有しやすくなります。

<関連記事>
社内の情報共有はどうする?情報共有を円滑化する方法をご紹介

電話代行をLINE通知にするメリット4選

電話代行サービスは、様々な方法で受電内容を通知していますが、おすすめはLINE通知です。
では、LINE通知にするメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

迷惑メールと混ざらないから漏れを防げる

LINEのトークルームに受電内容が届くので、迷惑メールやDMなどに紛れ込んでしまうことがありません。
メールで受電内容を確認する場合、メールの確認ミスで折り返しの連絡が遅れてしまうということもあるのです。漏れを防ぐためにLINE通知は有効でしょう。


また、チーム間で共有しておくこともできるので、担当者が休みの場合や複数名の担当者がいる場合も、どのような対応がされたのか確認しやすくなっています。

慣れたスマホからの管理ができる

LINEの画面は、毎日見ている人が多いのではないでしょうか。
プライベートでも使い慣れている画面だと、操作もしやすいです。

チーム内で共有がしやすい

LINEの場合、トークルーム内で投稿すればリアルタイムで情報共有できます。チーム間、社内間の共有がよりしやすい方法と言えます。
メールで報告する場合、タイムラグが生じてしまいますが、LINEはすぐに確認できる点で優れていると言えるでしょう。

業務を効率化できる

チーム間での確認がスムーズに行えるため、万が一対応が遅れている場合は的確な指示を出すこともできます。

また時系列でトークが並ぶようになっているので、どのように処理されているか、どの処理がまだ済んでいないのかなど確認しやすくなっています。業務効率化にも役立つと言えるでしょう。

LINE通知で受け取るならBusinessCall

LINEで通知を受け取ることができる電話代行サービスの中でもおすすめなのがBusinessCallです。


BusinessCallのおすすめポイントをまとめておきます。

30分単位で電話代行の利用が可能

BusinessCallの場合は、30分単位で電話代行の利用が可能です。


短時間での利用がしやすい電話代行サービスなので、本当に必要な時間帯だけに絞って利用できます。お試しでも利用しやすいと言えるでしょう。

例えば、お昼休憩の時間帯や社員が退社した後の時間帯だけに導入されているケースもあります。

365日対応が可能

BusinessCallは、365日、年中無休で対応が可能です。


電話代行サービスの中には、土日祝などの対応ができないという会社もあります。しかしBusinessCallはいつでも対応してくれるのでより利用しやすいと言えるでしょう。

LINE通知を導入した場合の料金プラン

BusinessCallの料金プランは、通知方法に関係なく一律となっています。
スタンダードプランとラグジュアリープランの料金をまとめておきます。

 スタンダードプランラグジュアリープラン
初期設定費用15,000円(現在無料キャンペーン中!)15,000円(現在無料キャンペーン中!)
料金/月5,500円(税込)11,000円(税込)
受診コール数/月40件100件
コールオーバー単価/1件176円(税込)143円(税込)
契約期間3ヶ月~3ヶ月~
対応時間全日9:00~21:00(最大7時間)全日9:00~21:00(最大12時間)

このほか、より便利に使えるオプションも用意されていますので、興味がある方は公式サイトも確認してみてください。

<関連記事>
短期間での電話代行サービスの利用が可能なBusinessCall

まとめ

電話代行サービスでの通知方法はいくつかありますが、よく利用されているのはLINE通知です。

LINE通知は普段から使っているアプリなので見やすく操作しやすい点と、グループを作り社内間での共有がしやすい点、時系列で内容を確認することができる点などで便利とされていることが分かりました。
これから電話代行サービスの導入をされる場合は、通知方法も確認して依頼する会社を選んでみてください。

BusinessCallなら、格安でLINE通知でのお知らせも受け取ることができます。申し込みから最短3日で利用開始できますので、検討してみてください。

Businesscallのサービスの詳細はこちら

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)