お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

インターネット電話とは?IP電話との違いやメリットを解説!

電話基礎

現在は電話にもさまざまな種類があります。IP電話は多くの企業に導入され「電話料金が安くなった」と実感している企業も多いことでしょう。また、最近は「インターネット電話」が注目を集めています。「IP電話とインターネット電話の違いを知りたい」という方もいるでしょう。

そこで今回は、インターネット電話の特徴やIP電話との違い、導入がお勧めのケースなどを詳しく解説します。インターネット電話に興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

インターネット電話とは?

インターネット電話とは、文字どおりインターネット回線を利用した電話サービスです。多くの人が日頃から利用している「Skype」「ビデオチャット」などもこちらに該当します。

また、専用の電話機を使用せずとも、スマホやPC、タブレットなどでも利用することができますが、電話番号の割当が無く、インターネット回線を介しているため、普通の電話機との連絡を取ることは困難となります。

IP電話とインターネット電話の違い

IP電話機とインターネット電話の違いを、ここではもう少し詳しく紹介します。どのような点が違うのでしょうか?

電話番号の違い

IP電話には固有の電話番号があります。一方、インターネット電話は電話番号がありません。インターネットを使いたい場合は専用のソフトやアプリをダウンロードし、専用のID経由で電話をかけます。電話機からインターネット電話にかけることもできません。

代表的なソフトは「Skype」です。また、「ボイスチャット」と呼ばれるアプリも全てインターネット電話です。前述したようにIP電話は電話番号があるので電話機で通話ができます。インターネット電話はパソコンやスマホアプリからしか通話できません。この違いを覚えておきましょう。

回線の違い

IP電話が使っているのは、プロバイダーが保有している回線です。そのため契約しなければ使えません。プロバイダーと契約を結ぶことで電話番号が貸与され、電話機から電話がかけられるようになるのです。

一方、インターネット電話が使っているのは公共のインターネット回線なので、特別な契約は何もいりません。Wi-Fi環境が整っていればどんなところならからでも利用することができ、基本費用もかかりません。

ただし、多くの機器が接続している状況だと通信状況が悪くなり、いきなり電話が切れたり相手の声が聞き取りにくくなったりします。IP電話の方は専用回線ですから通信状況は良好です。

ビジネス用途ならIP電話

ビジネス用途に使う場合は、IP電話がおすすめです。IP電話は電話番号があり、電話機から通話ができます。また、同じプロバイダー同士のIP電話なら通話料は無料です。ほかのプロバイダーのIP電話同士でも、一般的な電話よりも通話料が安くなります。

たとえば、本社と支社で同じプロバイダーのIP電話に加入していれば、本社と支社で無料通話が可能です。一方、インターネット電話は通話するのにパソコンやスマホアプリが必要になり、固定電話からかけることも受けることもできません。ですから、他社から電話を受けたい場合はとても不便です。

しかし、インターネット電話がビジネスでまるっきり使えないことはありません。たとえば、テレワークで会議をする際は、ボイスチャットやスカイプを利用すれば何時間でも無料で通話ができます。

そのため、一度やりとりしたことのあるお客様や社内の人であれば、インターネット電話をベースにコミュニケーションを取ると便利です。IP電話とインターネット電話をうまく使い分けることが重要です。

電話対応の効率化なら「BusinessCall」

さて、今回はIP電話とインターネット電話の違いについて説明しましたが、ビジネスの電話手段や電話対応は業務効率・顧客満足度に直結するので決して軽視できません。

例えば、電話対応に関して、このようなお悩みを抱えている企業様も多いかと存じます。

  • 営業時間外の電話対応ができない
  • 電話の応対品質を改善したい
  • 電話対応により業務効率が低下している

このような課題を解決するために、電話代行業者を利用するのも1つの方法です。
電話代行業者とは、文字どおり電話対応の業務をまるごと代行する企業のことで、「BusinessCall」は、月額5,000円~高レベルのスタッフによる電話対応の代行をお引き受けいたします。

9時~21時の間でしたら、いつでも電話対応の代行が可能です。たとえば、重要な仕事の間、半日代行を依頼したい、業務時間外の17~21時まで代行業務を依頼したい、といったこともできるため、各自の仕事リズム、働き方に合わせてカスタマイズ可能です。

ご興味のある方は、ご相談ください。資料請求やお問い合わせはもちろん無料です。

まとめ

今回はIP電話とインターネット電話の違いについて説明しました。ビジネス用途ならばIP電話が圧倒的に有利ですが、インターネット電話も時と場所を選べば十分にビジネスに使えます。両方の特徴をよく理解し、選択することが大切です。また、電話対応業務の効率化を考えている方は、ぜひ「BusinessCall」 にご相談ください。

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)