お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

住宅・建築リフォーム業|よくある電話対応課題と改善方法について

電話秘書代行

住宅・建築リフォームなどといった業界では、電話によるお問い合わせが多く、受電漏れや作業効率面で課題に感じている企業様も多いのではないでしょうか?

本記事では、住宅・建築リフォーム業界における電話対応の課題を明確にしながら、電話対応業務を効率化させるサービスについて紹介していきます。

住宅・建築リフォーム業界の特徴

電話経由のお問合せが多い

住宅・建築リフォームのサービスを利用する人の多くは電話経由で問い合わせをする傾向にあります。もちろん、多くの業者は電話だけではなくWEB上からの予約も受け付けているものです。しかし、住宅・建築リフォームの顧客層は主に40~50代であり、中にはお年寄りも含まれています。基本的に上の年代ほどスマホ予約より電話予約を好む傾向にあるのです。

また、住宅・建築リフォームの業者は新聞の折込チラシによって広告活動を積極的に行っているのが特徴です。実際にチラシを見てその業者に興味を持った人は、チラシに記載されている電話番号にかけることが多いでしょう。

このような理由から住宅・建築リフォームの業界では、業者に対して電話経由での問い合わせが多いです。

業者の競合性が高まっている

住宅・建築リフォームはとても需要の高い分野であり、大手業者もどんどん参入しています。そのため、中小規模の業者は大手に負けないためにサービスの差別化を図る必要があるのです。その結果、電話対応にこだわるケースが増えています。地域に密着したサービスを展開して、顧客への対応力でライバルと勝負するためです。電話越しで丁寧に説明をして顧客にアピールを行い、そこで多くの顧客を獲得しようとしています。

業界的に電話での問い合わせが多いため、電話での対応力を高めることができれば、ライバルに負けない大きな長所を持てるのです。それは小さい業者でも大手業者に打ち勝つことができる武器となります。

イタズラ電話や関係無い電話が多い

住宅・建築リフォームの業者の多くは折込チラシによって宣伝活動を実施しているため、電話番号が多くの人の目に触れます。中には業者のサービスに興味を持って電話をする人も多いのですが、一部にはいたずら電話や関係のない電話をするというケースもあるのです。このような電話にもきちんと対応しなければいけません。

また、それほど真剣に工事を検討しているわけではないけれども、なんとなく話を聞くために電話をするというケースもあります。

このような確度の低い電話を受けるケースが多い業界なのです。

<関連記事>
しつこい迷惑電話!4つの対策ブロック方法とは?

住宅・建築リフォーム業界の電話対応課題

現地での作業時、外回り中の受電漏れ

住宅・建築リフォーム業界は現地での作業が多いです。宣伝のために積極的に外回りをして営業活動をしている人もたくさんいます。そのため、外出する機会が多く、その間は事務所に電話がかかってきたとしても対応できないケースが多いのです。電話で問い合わせをする人が多い業界であり、電話に対応できなくて受電漏れするケースが珍しくないため、せっかくのチャンスを失いやすい傾向にあります。わざわざ電話をしたのに留守で対応してもらえないと、その人は他の業者を選ぶかもしれません。知らないうちに多くのチャンスをロスする可能性があるのです。

営業時間外や休日の電話対応

たとえば、これからリフォームをしたいと考えている人は、必ずしも業者の営業時間中に電話をするとは限りません。仕事のない休日に折込チラシを見てリフォームに興味を持ち、すぐに業者に電話をかけるケースもあります。そんな場合にも電話対応することができれば、より多くの顧客を獲得できるでしょう。しかし、営業時間外や休日に電話対応するためには、そのための人員を雇う必要があり人件費がかかります。そのため、結局営業時間外の電話対応を断念して、チャンスを失うことに悩む業者は多いです。いかにして営業時間外や休日の電話対応を行うのかは重要な課題です。

<関連記事>
営業時間外の電話も重要!4つの対応方法とメリット

確度の低い電話への対応工数

住宅・建築リフォーム業界の業者にかかってくる電話の中には確度の低いものも多く含まれています。いたずら電話や間違い電話、本気で契約する気のない人からの電話などです。こういった確度の低い電話に対応すると、その間は業務をストップしなければいけません。将来の契約につながることがない電話に対応するのは時間の無駄です。しかし、確度の低い電話かどうかは実際に電話に出てみないと確認できません。そのため、確度の低い電話への対応工数が課題となります。業務に影響を与えずに電話対応を効率よく行う方法を模索している業者は多いです。

<関連記事>
お問合せ対応を効率化する7つのポイント?電話・メール別で徹底解説

住宅・建築リフォーム業界は電話代行サービス!

住宅・建築リフォーム業界の電話対応に関する課題を解決するためには電話代行サービスを利用することをおすすめします。電話代行サービスであれば、スタッフが外回りに出ていて事務所を留守にしている間にかかってきた電話もきちんと対応できるからです。営業時間外や休日でスタッフが休みのときでも、電話代行サービスに電話対応を任せることができます。

このようなメリットの多い電話代行サービスとしてBusinessCallを紹介しましょう。

BusinessCallとは?

BusinessCallは電話の代行をしてくれるサービスです。電話の対応業務を完全に任せることができるため、電話業務の効率化を図れます。BusinessCallのオペレーターが電話の対応をして、受電した内容はすぐに共有可能です。365日体制で対応しているため、土日などに電話対応を任せることもできます。30分単位で時間帯を選ぶことも可能なため、営業時間外のみ利用することも可能です。

他にもBusinessCallはさまざまなサービスが充実しています。マルチデバイス対応であり、受電した内容をパソコンやスマートフォン、タブレット端末からチェック可能です。さらに、Q&A対応やチャット連携も用意しています。

このように利用価値が高いサービスがBusinessCallであり、多くの導入事例があるため安心です。幅広い業界で利用されていて、住宅・建築リフォーム業界の企業でも問題なく導入できるでしょう。電話対応に関する企業課題を解決するための方法として、BusinessCallのような電話代行サービスは利用価値があります。

サービス詳細につきましては、こちらをご覧ください。
https://businesscall.jp/about

まとめ

住宅・建築リフォーム業界は電話経由での問い合わせが多く、ライバルとの差別化を図るためにしっかりと対応することが求められます。しかし、外回り中の受電漏れや営業時間外の電話などへの対応について課題が生じやすいです。しっかりと電話対応ができれば、きめ細かな対応が可能であり、それが企業の成長を促します。そこで、おすすめするのが電話代行サービスであり、特にBusinessCallは充実したサービスを用意していて利用価値が高いです。 この記事の内容を参考にして、企業の電話対応の課題を解決しましょう。そうすれば、顧客の満足度を高めて、多くの契約を取れるようになります。

↓↓お問い合わせ・お申込み・資料請求はこちらから↓↓

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)