お電話でのお申込み・お問合せはこちら

フリーダイヤル0120-935-372

(全日10:00~19:00)

【個人事業主】名刺はどうする?記載が必要な情報・危険性について解説

その他

個人事業主の皆さんは、事業をスタートするにあたり、名刺をいつ作ろうか悩まれているのではないでしょうか。名刺は、ビジネスにおいて欠かせないものです。

名刺の役割は、顔と名前を覚えてもらう、会社や商品、サービスについて知ってもらう、仕事に繋げるためのツールとなるなどありますが、初対面の方とお会いする場合、名刺交換をしないわけにはいきません。

では、個人事業主は名刺にどのような内容を記載するべきなのでしょうか。ここでは、個人事業主の名刺についてまとめています。

個人事業主に名刺は必要か

個人事業主の場合、ある程度ビジネスが軌道にのったら名刺を作るという場合もあります。また、SNSを名刺代わりにすることもあり、名刺は必要無いのでは?と思われる方もいるようです。

職種によっては、名刺交換する機会がないということもあるかもしれません。結論から述べると、名刺は必ず必要なものではありません。

しかし、持っていた方が有利に働くケースがあるため、名刺を持たれている個人事業主も多いです。名刺を作るとなるとコストがかかってしまう・・・と思われるかもしれませんが、最近は自作される人も増えていて、おしゃれな名刺を自作できるサービスもあるので、コストを抑えたい場合は、そのような方法で自作すると良いでしょう。

名刺は、ビジネスチャンスをつかむために必要なツールと認識しておきましょう。

個人事業主が名刺をもつべき理由

個人事業主が名刺をもつべき理由は、ビジネスチャンスをつかむためと言えますが、実はそれ以外にも持っておいたほうが良いとされる理由があります。

初対面での信用度合いが変わる

名刺をもっていることで、社会的信用を得やすくなります。個人事業主は、会社員と比べると社会的信用を得るのが難しいことから、名刺は持っておいた方が良いのです。名刺はビジネスマンの証でもあるため、これをもっていることで、相手に安心感を与えることができ、信用度合いも変わってきます。

後の仕事に繋がる

初対面の場合、挨拶の際に名刺交換するというのがビジネスマナーとなっています。名刺を受け取った時に、すぐ仕事の話に繋がらなかったとしても、後に仕事に繋がることもあります。

また、名刺交換から、話が膨らみ、商談に繋がっていく可能性も大いにあるため、個人事業主こそ名刺をもっていた方が良いと言えるでしょう。

さらに、名刺交換は、相手との話を膨らませていくツールとしても役立ってくれます。

名刺に載せるべき情報

個人事業主はどのような内容を名刺に記載するべきなのでしょうか。名刺に記載する内容は、多すぎも少なすぎてもいけませんが、少なくとも下記の情報は記載しておきましょう。

名前

できるだけ大きく記載することで、名前を覚えてもらいやすくなります。読み間違えられやすい名前は、フリガナもつけましょう。名前は一番目立つようにしてください。

屋号・職種・肩書

フリーランスでは、職種や肩書を分かりやすく記載しておく必要があります。保有している資格がある場合は、資格も記載しておくと良いでしょう。また個人事業主で屋号を設定している場合は屋号も必ず記載してください。

住所

個人事業主の場合、自宅で仕事をするということもあるでしょう。ビジネスにおいて住所が記載されていることは信用度とも関係していきます。

しかし、自宅を職場としている場合、名刺に自宅住所を記載しないほうが良いです。レンタルオフィスやバーチャルオフィスの契約をして、その住所を記載するようにしましょう。

電話番号

電話番号は、個人の番号ではなく、仕事用の番号を記載するようにしてください。個人事業主として仕事をする場合、プライベート以外の連絡先も持っておく必要があります。

<関連記事>
仕事用の電話を持ちたい場合どうしたらいい?おすすめの方法を紹介します

メールアドレス

メールで連絡を取るということが増えていますので、メールアドレスは記載しておきましょう。フリーアドレスよりも独自ドメインのアドレスのほうが信頼度は高くなるので、独自ドメインのアドレスを取得されることをおすすめします。

SNSアカウント

SNSは、営業ツールとして役立ちます。仕事用のアカウントを取得し、名刺に記載しておくと良いでしょう。職種によっては、SNSを通して仕事の依頼が入ることも多々あります。

個人情報を載せるのは危険

個人事業主の場合、名刺に記載する内容には十分注意しなければいけません。プライベートと仕事用の連絡先を分けておくということは必須です。

名刺は究極の個人情報と言えますので、取り扱いには十分注意しなければならないのです。

実際に、名刺を紛失したり、盗まれた、良識のない人に渡してしまったなどにより起こりえるトラブルについてまとめておきます。

名簿として売られる可能性がある

良識のない人に名簿を渡してしまったことで、名簿を売られてしまったというケースがあります。

個人情報は、セールス業者が欲しがっている情報です。そのため、業者に名簿が渡ってしまうと、しつこい勧誘メールや電話に悩まされることになってしまう可能性があるのです。

なりすましにあう危険性がある

なりすましで名刺が使われてしまったというようなケースもあります。

飲食店やタクシーを利用した際に、ツケ払いにして欲しいと名刺を渡し、後で膨大な金額を請求されてしまったというような事例もあるのです。

名刺を使って、出会い系サイトに登録されていたというようなケースもあり、なりすましのリスクにも注意しなければいけません。

ストーカー被害の可能性

名刺交換をした相手に好意を持たれてしまい、名刺から個人情報を探りストーカー被害に遭ってしまったという事例もあります。

個人事業主の場合、自宅やプライベートの連絡先を名刺に記載してしまうと、このようなトラブルに巻き込まれた際、困ることは明らかです。

詐欺に使われる

名刺を利用して、商品を購入されていたというようなケースもあります。商品を仕入れたいと掛け払いで注文し、商品だけだまし取り、請求書が届くというようなこともあるため、注意が必要です。

営業電話が頻繁に来る

名刺は、連絡先が記載されているので、営業電話が頻繁にかかってきてしまうというようなことも起こりやすいです。営業電話の対応で、仕事が進まない、本当に必要な仕事の電話に出ることができないということも起こります。

<関連記事>
営業電話がうざい!迷惑な電話をブロックする4つの方法とは?

全て晒す必要はない

自宅と職場が同じ個人事業主の方は、自宅の住所を名刺に記載するかどうか悩まれるでしょう。

自宅の住所は個人情報なので、公開するのを悩むのは当然です。律儀にすべてさらす必要がありませんが、できれば下記のような方法を取ることをおすすめします。

バーチャルオフィスを利用する

住所を記載しないという選択をする場合、住所がないことで困ることもあります。それは、会社あての郵便物を受け取ることができない、会社としての信用度が落ちてしまうということです。

そこで利用したいのがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスは、住所を貸出してくれるサービスで、借りた住所を名刺に記載したり、ホームページに記載して会社の住所として使うことができるのです。

また、郵便物の転送サービスが利用できることもあり、郵便物を受け取ることもできます。

電話番号貸出サービス

住所貸出サービスとは別に、電話番号貸出サービスもあります。バーチャルオフィスと電話番号貸出サービスを両方使用することで、さらに会社の信用度を高めることに繋がります。

電話番号貸出サービスの場合は、固定電話の番号を取得することができるので、ホームページや名刺に記載することで、きちんとした会社という印象を与えることができるでしょう。

さらに、電話応対サービスも利用できるので、質の高いオペレーターが、秘書のように電話対応をしてくれることで、ビジネスチャンスをより掴みやすくなると言えるでしょう。

電話番号貸出+電話対応なら電話代行サービスがおすすめ

電話番号貸出サービスを利用したいという場合、どこに依頼すれば番号を借りることができるのでしょうか。おすすめは、電話代行サービスです。さらに電話代行サービスに依頼をすることで面倒な電話業務を外注することもできます。

電話代行サービスとは

電話代行サービスは、電話対応の一次請けをしてくれるサービスで、必要な時だけ利用することができます。質の高いオペレーターが電話対応をしてくれるので、会社のイメージアップにも繋がります。

<関連記事>
電話代行って何?どんなサービス?メリットやデメリットを紹介

電話代行サービスのメリット

電話代行サービスを利用することで、下記のようなメリットがあります。

電話番号無料貸出サービス

電話代行サービスでは、基本利用料金に固定電話の電話番号を貸出サービスが含まれていることが多いです。

そのため、追加費用を支払うことなく、固定電話の番号を取得することができます。名刺に固定電話の番号を記載できるだけでなく、電話応対のサービスも利用できるので、会社としての信頼性が高まります。

受電漏れの削減

電話代行サービスの場合、電話に出ることができない時間帯もオペレーターに対応してもらうことができるので、受電漏れを削減でき、仕事の電話を逃さずに済みます。

リーズナブルな価格で依頼できる

個人事業主の場合、電話対応のために電話番を雇おうか悩まれるかもしれません。

しかし、電話番を雇うよりも電話代行サービスを利用したほうが人件費は安いです。電話代行サービスの利用は、顧客からの信頼を得られるだけでなく、費用を抑えて、業務の効率化を図れる方法です。

電話代行サービスならBusinesscallへ

電話代行サービスを検索すると、様々な企業が検索結果に表示されると思います。

リーズナブルかつ高品質な対応を希望されるなら、「Businesscall」がおすすめです。「Businesscall」は、月5,000円(税込み5,500円)で始めることができ、30分単位で対応時間を設定することが可能です。忙しい時間帯だけお願いしたい、短時間だけお願いしたいという相談もできるので、利用しやすいです。

さらに、365日土日祝日も依頼することができるため、営業時間外の受電漏れも防げます。「Businesscall」は、オペレーターの質が高く、官公庁や大手企業でも導入されているサービスです。

個人事業主の方の信頼度を高めるためにも役立つでしょう。固定電話の電話番号の貸出も基本料金の中に含まれていますので、追加費用は発生しません。基本利用料だけで、固定電話の番号を借りることができ、電話の一次受けも対応してもらえるサービスです。

Businesscallのサービスの詳細はこちら

まとめ

個人事業主でも、名刺をもっていた方が良いこと、そして名刺に記載する個人情報には注意しなければいけないことをお伝えしました。

名刺に記載する住所や電話番号は、バーチャルオフィスや電話代行サービスを活用して、安心して事業に取り組めるようにしてください。電話代行サービスは、会社の信頼度を高めるために役立ちます。「Businesscall」 の導入を検討しましょう。

関連記事

電話対応にお悩みの法人・個人の方はお気軽にお問い合わせください。
0120-935-372

受付時間:全日10:00〜19:00(年末年始除く)